忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を韓国風のバフェでおこのう。

    dc92496b.jpeg新宿西口からすぐのところの「自然洞」というお店。

    夜は韓国料理と沖縄料理のフュージョン料理をたのしめる、おしゃれ系のダイニングレストラン。
    美と健康がテーマで結構、おもしろい試みをしているっていうのだけれど、実は一度も夜、来たことがない。
    ランチのバフェだけ重宝してる。
    こうしたお店が最近、結構、多いのですね。
    オープンキッチンの前にカウンター席がドーンッとしつらえられてる、一時期流行ったダイニングバーが昼に売り上げ作りましょう…、と、まず試みるのがバフェランチ。
    サントリー系の居酒屋のほとんどが導入していたりするけれど、そうしたお店の昼の常連が夜のお客様にもなってくれるか?っていうと、それはちょっとむつかしい。
    ランチはランチ。
    夜は夜の、まるで二毛作みたい営業状態になってしまうのが一般的。
    今日もほぼ完璧に2回転はしてるだろうなぁ…、ってくらいの混み具合で、でもそのお客様のほとんどが韓流系のおばさまたち。
    絶対夜にこの界隈でお酒を飲みつつ韓国料理という人たちには見えない状態。
    まぁ、それもよし、と言うことなのでありましょう。

    kanb.jpgチヂミにトッポギ。
    鶏のニンニク焼きやホタテの味噌炒め。
    韓国風の料理の他に、豚の冷しゃぶ、エビフライなどいろんな料理を野菜のまわりにちょっとずつ盛る。
    韓国料理ばかではやっぱり飽きちゃう。
    いつも食べ慣れている普通の料理がよいアクセントになってくれてる…、いい感じ。
    ご飯にナムルやキムチをのっけて、コチュジャンあわせてセルフメードのビビンパ食べる。
    豆モヤシのシャキシャキとした歯ごたえと、キャベツのナムルが甘くてなかなかによい。

    それにしてもここの店。
    味の作り方がちょっと変わったようであります。
    メリハリが付いた。
    特にコチュジャン。
    辛味がスキッとさっぱりとして、料理全体の輪郭がはっきりしたようなそんな気がする。
    水墨画的な日本料理と違って韓国料理は原色。
    色鮮やかな味の世界が韓国らしさを作り出す、そのいい方向に進化しているみたいでうれしい。
    もともと野菜がふんだんで、おいしく焼けたここのチヂミも、ビリッと辛味が鮮やかにリニューアルしたタレで食べると一層おいしい。
    いい感じ。

    8631bb05.jpegグレープフルーツゼリーを最後に食べてお腹に蓋する。
    スルンとなめらか。
    火照った喉をニュルンとやさしくなで回し、熱をとって冷ましてくれる。
    お腹も一杯…、満足す。

    それにしてもこのお店。
    一時期、料理の提供がお客様の食べる速度に間に合わなかったコトがある。
    ところが今日。
    料理が驚くほどにスムーズに次々出てきて、バフェカウンターが寂しくなることがまるでなかった。
    見るとホールに責任者がいて料理の減り方を次々正しく厨房の中に伝えてた。
    いいバフェっていうのは料理がおいしいというだけでは不十分。
    料理がいつもふんだんに用意されてる状態じゃなくちゃバフェは不完全。
    そう言う意味でココはとてもよくなった。
    まもなく昼の営業終わりという状態でも、まだしっかりと料理があった、見事なり。

    昼から急に日が照ってきて、厚着で歩くと汗ばむほどのよい天気。
    でもって、ちょっと気になってたキリンの「世界のキッチンから」シリーズの新しいコレを買って飲む。

    「乾いたからだにソルティー・ライム岩塩をひとつまみ」。

    5963d567.jpeg「塩」を旨みのアクセントにする。
    スイーツの世界ではずっと前から流行ってて、塩キャラメルやソルトチョコ。
    甘味をキリッとひきしめ大人味にしてくれるっていうのでいろんなバリエーションが生まれてる。
    しかも塩そのものにもいろんな種類、特徴があって塩と素材の組み合わせ方で、いろんな味が出来上がる。
    飲み物…、それもクリアなフルーツ系の飲み物で「塩」をテーマにしたのって今までなかった。
    いいとこに目をつけたなぁ…、ってまず思う。
    でもって味は?

    うーん、こんなモノでありましょうか。
    このシリーズはどれもが一味足りないように感じるのです。
    グレープフルーツの仄かな苦味とライムの仄かな酸味。
    それに仄かな塩味がつく、どれもが「仄か」で舌が必死に落とし所を考えるけど、それがどうにも見つからずフラストレーションがたまる味。
    グラスにタップリ氷を入れて、これを注いでミントの葉っぱを浮かべたくなる。
    素材としてはおもしろい、けれど哀しい未完の飲み物。
    そんな気がした…、ほどほどに。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ソルティ・ライム
    世界のキッチンから、尻すぼみかなと思ってたら出ましたね。
    これ、ポカリスエットを薄くしてライムほんのり香らせたみたいだなと思いました。
    >このシリーズはどれもが一味足りないように感じるのです。
    これにミントの葉を浮かべたら・・・
    ミントジュレップ再販してくれないかなぁ。

    あーたさん / 2010/04/18(Sun) /
    なるほど
    > あーたさん
    ライム味のポカリスウェット。
    たしかにそんな感じの味でした。
    ミントジュレップ。
    なつかしいですね…、本当に再販、熱烈希望です。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/19(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    煮魚・唐揚げ・豚もやし HOME Barny Greengrass的アサ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]