忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ところで昨日の夜のコト…、はしごのだんだん麺を食べた時間があまりに早くて、それで夜食をパクリとやった。
    2a846b2c.jpeg家に帰る途中でよった銀座の三越の、地下の食品フロアーは投げ売りタイムに入ったばかり…、「辨松」って言うお弁当の名店の店でも、お安くしますって耳打ちされる。
    甘煮の詰め合わせという野菜の煮物が半額くらいになっていて買って味わう。
    「甘煮」と名前がついてる通り、砂糖をタップリ使ってコッテリ味に仕上がっている。
    科学的な保存料がなかった時代に、砂糖は最高の保存料…、だからお弁当のおかずの味付を甘くするのは理にかなってた。

    eb964bef.jpegその分、醤油や塩は控えめ。
    だからシッカリ味がついているけど、塩辛くなくってホっとする味。
    これでご飯と言うよりも、お茶うけとして。
    あるいは芋焼酎のような癖があってスッキリとしたお酒のお供によいオゴチソウ。
    歌舞伎座の前にお店があるというのもうなずける。

    出雲そばの半生麺をもらってて、それを食べなきゃと料理にします。
    勿体無いからしょうがない(笑)。
    同じく銀座の三越の天一の店。
    天ぷらの盛り合わせがこれまた安くなっていて、かき揚げにエビに茄子の天ぷらもらう。
    小柱とエビとネギのかき揚げをザクッときってそれを具材のぶっかけスタイル。
    出雲そばのタレは甘口。
    鰹と昆布のうま味濃厚。
    コッテリしていて、カラメルみたいな焦げた香りがとても独特。
    ちょっと甘みが強くって、醤油をくわえて味ととのえる。
    お皿にもってタレをかけ、天ぷらのせて三つ葉をタップリ。
    黒胡椒をタップリかけてズルンとたぐり、夜の〆。
    ムチムチとした半生麺の独特な食感たのしく、ほんの少々の量だったのにボリューム感を感じる不思議…、ザックリとしたかき揚げの歯ざわりたのしいオゴチソウ。

    それからボンヤリDVDやら撮り溜めテレビをみながらおやつに、トップスのチョコレートケーキをパクリと。
    99622d26.jpegこれが好きなのであります。
    ボクが大学生の頃、ちょっと気取って奮発予算でトップスにカレーを食べにいき、食後にコレをたのむがとびきりの贅沢だったころからずっと。
    フックラとしたスポンジにタップリ、ぽってりチョコクリーム。
    そのなめらかにウットリしながら食べてると、くるみがコツリと奥歯を叩く味わい、食感最高でバナナジュースと一緒に食べると「気持ちは天国」みたいなゴチソウ。
    四半世紀も前のコトゆえ、それから例えばティラミスだとか、フォンダンショコラにクーベルチュール…、チョコの世界はどんどん深く贅沢になっていった。
    けれどコレを食べるとホっとする、なつかしいのがオゴチソウ…、やさしい気持ちで安眠の夜。

    fb0954fe.jpegそして今朝。

    パスタを作る。
    おいしそうな芽キャベツがあり、それを主役にと…。
    半分に切り、まずは軽くローストします。
    断面部分が軽くこげ、まだ歯ごたえが残った状態になったらそれを一旦退避。

    ポロネギの根っこを刻んでニンニクと一緒に炒めて甘みを引き出す。
    赤唐辛子。
    刻んだチョリソをくわえてコンガリ。
    焼いたらそこに蟹の缶詰を汁と一緒にいれて小粒のトマトを投入。
    蓋してしばらく休ませる。
    別のお鍋でタップリの塩をくわえたお湯でパスタを固めに茹であげて、フライパンにザザッといれる。
    再びトクトク、オリーブオイル。
    塩味みながらタプンタプンと揺すってうま味ジュースにトロミをつけて麺にからめてしあげてく。
    最後にローストした芽キャベツに、バジルをちぎって出来上がり。

    芯がコツコツ、葉っぱの部分がホロッと壊れる芽キャベツのうま味にほのかな苦味がおいしく、トマトの酸味やうま味と一緒に、口の中でソースになってく。
    バジルの香りに蟹の風味と味わいにぎやか、良き出来栄えの日曜日。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    順番
    おつかれさまです
    いつも楽しく読ませていただいています。(「今日はサカキさん何を召し上がっているのかしら・・」が僕らのキニナルことだったりします」)

    さて、食材の品質さそのものを見直す時代しかりですが
    どのような状況であっても、棚の中と冷蔵庫をピンとつなげげて無駄を出さず、おいしくたのしく食べているように感じさせてくださるサカキさんの調理!!

    加熱する食材の順番や時には休ませることなどそんな工夫も大切な料理なんだなぁと思っています。

    お忙しいとは思うのですがこのまま色んな料理を僕たちに!

    楽しみにしてます
    keiさん / 2013/01/14(Mon) /
    ありがとうございます。
    > keiさん
    毎日の生活の中に、こうしてブログを書くというコトが刷り込まれておりまして、忙しければ忙しいほど張り切ったりしております(笑)。
    これからもよろしくお願いします。
    サカキシンイチロウさん / 2013/01/14(Mon) /
    メンチの憂鬱 HOME はしご
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]