忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新しい甘味デザートを考えましょうプロジェクト。
    それで昼間、和風スイーツを扱うお店を次々、攻略。
    渋谷からはじまり青山、それから表参道。
    サツマイモを練り込んだわらび餅のきな粉まぶし…、であったり、タピオカ粉を使ってスルンとさせた饅頭とか、話題の商品、バクバクといく。
    料理以上に自由な発想でお菓子は出来る。
    中でもビックリしたのが、表参道ヒルズにある「r style by 両口屋是清」っていうお店。

    rstyle.jpgおはぎ、葛餅、団子にあんみつと商品そのものは決して特別新しくはない。
    けれどサイズや食べ方、そして表現方法がどれもたのしく、あたらしい。
    例えば「江戸前おはぎ」という一品。
    握り寿司サイズのおはぎで、だから一口でパクンといける。
    半殺しした餅米と、甘味を抑えたあんこにきな粉や抹茶パウダー。
    一度に何種類もの風味を味わい、食べ比べすることができるというハッピー。
    串に刺した団子を炭で自ら炙ってみたらし団子にして食べられる趣向であったり、チーズを使った和菓子であったり、どれもウットリ。
    料理だったら出来ぬ冒険も、お菓子の世界ならニッコリ笑って許される。
    そんな自由自在がステキ。
    ココのお菓子をアレンジしながら、地方都市でも受け入れられるたのしいお菓子を作りましょうネ…、と昼の仕事はめでたく終わる。

    そう言えば贔屓のそば屋「弁天庵」が四ツ谷に新たにお店を作った。
    ちょっと覗いてみませんか…、とそれでやってくる。

    yb.jpg四ツ谷の駅のほど近く。
    気軽な飲食店がズラっと並ぶしんみち通りの一番外れ。
    三井ガーデンホテルっていう、一年ほど前に出来たばかりのホテルの裏側。
    夜になるとちょっと寂しく感じる場所です。
    見覚えのある大きな看板。
    暖簾に赤い提灯がブラリぶらさがるちょっと居酒屋風の入り口が、ニギニギしくて「おおっ」と思う。
    外から見るとそれほど大きく見えないけれど、一歩入ると奥へ奥へと客席続く大きなお店。
    居抜き店舗なのでありましょうか?
    そば屋です、って言い張るのにはちと大きくて、こりゃ運営するのに大変だなぁ…、って思ったりする。
    とはいえ、最初に注文をしてお金を払って着席をするという、ここならではのシステムが、大きな店では効率的を発揮するのかもしれないなぁ…。
    どうなんだろう。

    メニュー自体は、いつも行ってる四谷三丁目の弁天庵とほぼ同じ。

    dd410ea0.jpegけれど、さすがに大きなお店…、だからでしょうか。
    定食商品が何種類かある。
    その中の一つをたのんで、食べてみる。
    野菜かき揚げ天丼と蕎麦に小鉢に漬け物、それにデザートがつく。
    口に入れた途端にハラっとほぐれるかき揚げ。
    カサッと揚がった衣の風味を引き立てる甘辛のタレ。
    固めのご飯。
    どれもここのなつかしい味。
    今日の小鉢は切り干し大根。
    ご飯のおかずに程よいように、シッカリ味にととのっている。
    ワラビ餅にタップリきな粉のやさしい味わい。
    コストパフォーマンスはかなり良し。

    卵焼きを追加でたのむ。

    f795c91d.jpegシットリ、ふんわり。
    形は決してきれいじゃないけど、味は抜群。
    甘めの味付け、旨味タップリの出汁の風味が玉子の味をひきたてる。
    かき揚げ天ぷらの油でつやっと包まれた、ご飯をパクッと焼いた玉子と一緒にたべる。
    お汁替わりに熱い汁そばたのめば良かった…、って思ったりする。
    蕎麦湯で割ったそばつゆゴクッと、飲んでお腹をあっためる。

    着々とお店を増やして気づけばもう11店舗。
    オキニイリのお店がこうして増えるコト。
    なんだか自分が褒められてるよで、ちょっとうれしい。
    増えすぎちゃうと、なんだか自分のものではなくなるみたいになってさみしく感じる。
    この塩梅がむつかしいとこ。
    夏、無くなってた鍋焼きうどんが復活をした。
    またこなくっちゃ、行かなくちゃ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    もう?まだ?やっと?
    丁度3年前の秋、馬喰町に一番最初のお店が開きました。
    出店が順調になったのは2009年に入ってからのことです。
    それまでは紆余曲折、まるで非嫡出子のような扱いでしたから。
    11店をどう捉えるかは、立場によって様々ですね。
    さあ、これからどうなりますか。
    ただ、基本の部分は決してブレないであって欲しいと思います。
    イワハシマリさん / 2009/10/16(Fri) /
    三者三様
    > イワハシマリさん
    経営者にしてみれば「まだ」。
    お客様にしてみれば「もう」。
    営業の現場に立っているひとにしてみれば「やっと」…、って感じなのでしょうか。
    立場が変わると…、ですね。
    ボクにとっては「もう11軒なんだなぁ…」って思います。
    まだまだ頑張ってほしいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/16(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アサンドイッチ、ベアビーンバッグ HOME 夏の終わりの「穴子屋」の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]