忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さて土曜日…、朝にサンドイッチを作ります。

    968557ce.jpegしばらくイレギュラーな週末で、土曜の朝=サンドイッチじゃなくなっていた。
    今日はひさびさ。
    いつものリズムを取り返す。

    紀ノ国屋のライブレッドが手に入ります。
    シットリしてて、胚芽がザクザク。
    奥歯を叩くような食感。
    麦の香りがひねた感じで、存在感がかなり濃厚。
    それに負けぬような食材を挟んでやろうと。
    山羊のミルクで作ったシェーブル。
    スキッと酸っぱく、繊細な旨味と香りが特長的な白いチーズを指で溶かしてやわらかくする。
    そこに刻んだディルをタップリ。
    ライブレッドの上にのっけて、そこにスライスしたキュウリ。
    スモークサーモンをぎっしりしきつめ、ほんのちょっとだけマヨネーズ。
    そしてザクリと切り分け今朝のサンドイッチの出来上がり。
    噛むとモッタリ、チーズが口を満たしてもそもそライブレッドが奥歯にからむ…、それを構わず噛みすすめるとキュウリがザクッと歯切れて口の中がみずみずしくなる。
    スモークサーモンの脂の香りとネットリとした食感が、他の具材で否応なくも引き立てられて、ゴチソウ感で気持ちもお腹も満たされる。

    サンドイッチのお供にスムージー。
    成城石井で前からずっと気になっていた「nu」ってブランド。

    anu.jpg角を落とした特徴的なパッケージ。
    シンプルで都会的なデザインで、手にとって見るとこれがズッシリ。
    中においしいモノがギッシリ詰まっておりますぜ…、って言ってるみたいな姿に購買意欲をかなりそそられそして今日。

    いくつか種類のあった中から「ラズベリー・ブルーベリー」ってのを選んで飲んだ。
    トロトロ。
    若干、モッタリしてて確かにスムージーな感じがします。
    色は灰色がかった紫色でアサイーみたい。
    飲むとポッテリ。
    喉を撫でつつお腹にたしかな充実感を与えてくれる…、それにしてもやっぱりなんだかアサイーを飲んでるみたいな気持ちがしてくる。
    何が入っているのかと調べてみると、りんごにバナナ、ブルーベリー、レッドグレープ、ラズベリーとアサイーなんかは入ってないのネ…、しかもりんごジュースの気配もどこにもなくて組み合わせしだいで不思議な結果が得られるところが、料理世界のたのしいところ…、ってそんなコトを思ってニッコリ、朝とした。

    オモシロイ、キッチンガジェット発見しました。
    クリームチーズやマヨネーズ、あるいはピーナツバターのようなモノをパンに塗りつけるためのアイディアグッズ。
    aspoon.jpgプラスティックの板につけた溝をたよりに折り曲げるコトで、クリーム状のモノをすくい上げるのに適したスコップ状の形状から、塗りつけるのに便利な板状に形を自由に変えるコトができる…、つまり、もうスプーンの背中で塗りつけなくてもいいんですよ。
    …、という便利なアイディア。
    しかも板には計量用の目印がついていて、一人前分のサービングサイズを計れるようにもなっているという…、なかなか考えられたモノであります。
    一個6.99ドルにて、白もあります…、なんだかちょっとオキニナリ。

    ちなみに本日、「寒天の日」なのだそうであります。

    日本一の寒天の産地である長野県の茅野商工会議所と長野県寒天水産加工業協同組合が制定したのだけれど、その理由にちょっと笑ってしまう。
    2005年のこの日、ためしてガッテンで寒天が健康食品として取り上げられて、その後大ブームが起きたコトを記念してってことなんだそうで、微笑ましい(笑)。
    国営放送もシッカリCM機関になってるじゃん、って思ったりする、オモシロイ。



    日本の寒天市場の最大シェアを持っている伊那食品の「かんてんぱぱ」…、1993年のテレビコマーシャルでございます。
    工藤夕貴の笑顔が切ない…、フルーチェ=早見優、かんてんぱぱ=工藤夕貴って感じに育てたかったのかもしれないですね、時代を感じる、ナツカシイ。
    ちなみに寒天。
    17世紀の中頃のコト、「ところてん」を冬の寒空の下に数日放置してしまったら、なんと見事に自然乾燥、白くてキレイな干物になった。
    それが「寒空ところてん」=寒天の誕生秘話というコトらしい…、歴史ヒストリアで一度取り上げていただきたくなるそんなたのしい物語(笑)。
     

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    響でお昼 HOME 豆パスタ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]