忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日はガレット・デ・ロアを食べる日でして、それで伊勢丹で買ってきた。
    c96e4051.jpeg主の洗礼を祝うお祭り、公現祭に今年一年の幸福を占うために食べるお菓子で、アーモンドクリームを詰めたパイの中に一個だけ、フェーブと呼ばれる陶器小物を入れておく。
    切り分け食べて、それがあたったら今年一年、その幸福が持続する。
    あたった人がかぶる紙の王冠もセットで売られてて、買ったお店のフェーブは家の形でござった…、キリスト教徒なワケではないけど、せっかくのたのしいお祭りはお祝いしなくちゃと、それで親しい人たちとみんなで食べて、運を占う。
    結果はないしょにいたしましょ!

    そして夜…、正月休みを終える前、焼き飯を焼くのがずっと習慣だった。

    205b73de.jpegおせちの中の残り物や、いただきものを刻んでご飯と混ぜ合わせ炒めるだけで味はそこそこ整って、おいしいごはんになるので…、したけれど。
    今年は残り物がほとんど無かった。
    お客様が多かったというコトもある。
    おせちがどれもおいしくて残す余裕もなかった…、ってことかもしれない。
    それでもいくつか残り物。

    ひとつはかまぼこ。
    田舎から送られてきた小包の中に入っていたモノで、それをまずはムチュンとざく切り。
    昨日、作ったパエリアの残り食材のパプリカ、ズッキーニ。
    どちらもちょっと大きめざく切り。
    それからピーマンを細かく刻み、まずはエノキをフライパンで火を通す。
    焼けていきつつ、トロンととろみがやってきて、そこにご飯をほんの少々…、小さなお茶碗軽く一杯分ほどいれて、よぉく炒めてツナ缶をパカッ。
    ご飯がパラパラになるまで炒めて、塩と胡椒で味を整え、そこに野菜とかまぼこ入れる。
    フライパンの中の具材がみんなあったかになる頃合いで、醤油をジャジャっと鍋肌そそいで風味をつけて出来上がり。
    器にもって胡麻をパラッと散らして飾って、さぁ、頂きます。

    580c3c4a.jpegクニュクニュ、かまぼこの食感独特。
    野菜はクチュっとみずみずしくて、炒め野菜にご飯が混じったような食感。
    なによりエノキのうま味が全てにいきわたり、それほど調味料を使っていないのに味がキッチリ、ととのった。

    それからお蕎麦。
    これも年越しそばにでもと、半生の蕎麦を送ってくれていたもので、茹でて冷水でザブザブ洗って引きしめる。
    出汁に醤油に塩を少々。
    汁を温め、そこにしめた蕎麦を戻してクツクツに混んで具材をはります。
    かまぼこ。
    三つ葉。
    それからこれまた、田舎から送ってもらった小豆島産の瀬戸内レモン…、皮が黄色く酸味が穏やか、代わりに香りがスキッと鮮やか。
    スダチと違った爽やかな酸味と香りが蕎麦をスキッと爽快味にしてくれる。
    お腹もやさしく満たされて、明日に向けてのこれから準備をいたす夜。

    先日の夜、去年一年、アメリカで公開された映画のマッシュアップ動画をアップしたけれど、もひとつ、映画のマッシュアップ動画を貼ります。



    過去のSF映画の中から印象的なシーンばかりをピックアップしてつないだモノ…、古いところでは1902年発表のジョルジュ・メリエス監督による月世界旅行やオリジナルのキングコング。
    スターウォーズにET、トロン、インセプションズと、どんどんCGがリッチでゴージャスになっていく。
    けれど昔から非現実世界を描いてやろうというコトに対する人の思いと執着心には変わりないんだと思ったりする…、それにしてもやっぱりマトリックスの映像世界と2001年宇宙の旅の世界観って際立ってるなぁって思ったりする。
    個人的にはフィフス・エレメントのキッチュな世界がオキニイリ(笑)。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    パリに富士そば HOME 新宿・阿杏で焼き小龍包
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]