忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さすがに昨日は夜中近くまでずっと食べて、飲んでいた。

    0cbf73c9.jpgそれで今朝はあんまりお腹がすかず、だから朝を食べずに銀座にやってくる。
    友人が、新しく銀座にできたチョコレート屋さんに行ってみたい。
    とそういうコトで、案内をする。

    ブロンデルというお店。
    場所は銀座8丁目。
    銀座が終わって新橋がはじまる街の境目、銀座中央通りの一本裏側。
    決して間口は大きくないけど真新しいビル。
    ガラスと鉄でできた箱のような合理的にしてモダンな建物で、そこに赤と白のスイス国旗とおんなじ色合いの旗がたなびく。
    赤い十字架。
    それに小さくロゴが入って、遠くから見るとあんまりチョコレート屋さんみたいに見えない。
    時計屋さんか、あるいはスイスアーミーナイフのお店のように見えるのですね。

    近づいてみれば、チョコレート色した木の壁。
    ガラスでできた扉の向こうにはチョコが並んだショーケース。
    たしかにチョコレート屋さんのようにはみえはするけど、ちょっと勿体ない気がします。
    銀座という街にあふれるほどのチョコレート屋さんの中で、お店の雰囲気という点ちょっとインパクトに欠け、だからかあんまり人を集めていないように見受けられます。
    お店の中に入ると、むせかえるようなチョコの香りに、気持ち切なくなるほどウットリ。
    気持ちがかなり上がってくるから、なおさらなんだか勿体ない。

    645d2dfc.jpgスイスのローザンヌで160年も前に創業したお店だという。
    できたときから同じ場所。
    同じレシピでチョコレートを作り続けている店で、9種類のクーベルチュールをブレンドし、スイスの新鮮なミルクをタップリ。
    ナッツやフルーツを厳選しながら、チョコやチョコを使ったお菓子を作り続けている、名門中の名門なんだという話。

    一階部分が小売店。
    そこにはいろんなチョコが板のまま陳列されててをれを割って量り売りするようになっている。
    まるでチョコの問屋さんにやってきたようなそんな気がする。
    本物感の見事な演出。
    それ以外にもトリュフチョコとか、ドライフルーツにチョコをコーンティングしたものだとかが並べられてて、店の中にいるだけで体にチョコの匂いがまとわりついてくるような濃厚スペース。
    いいお店なんだろうなぁ…、と思いはするけど、どこかしらその場しのぎの感じが漂う。
    サービスの手順が決まってなくて、おそらくマニュアルだとかもないのでしょうネ。
    時間がかかる。
    何かを聞いても正しい答えが帰ってこない。
    ソフト部分だけじゃなくて、ハードウェアも準備不足をあれこれ感じる。
    例えばお店のガラスの外壁。
    そこになぐり書きのように「1階はチョコレートショップ、2階はカフェ」って白マジックで書いてあったりするのもおそらく、通行人が気づかないから書いてみましたってことなんでしょう。

    cd049056.jpg2階のカフェでちょっとユックリ。
    チョコラショーをためしてみます。
    ミルクタイプとビタータイプ、あわせて15種類のフレーバーが用意されててミルクタイプのカルダモンと、ビタータイプのチリペッパーってフレイバーを選んでみたらば、なんたるおいしさ。
    カルダモンの香りが漂うエキゾチックなチョコにハチミツ、それからシナモンタップリくわえてホットミルクでのばしたもの。
    サラッと喉越しなめらかでなのに鼻からまるでタイ料理みたいな香りがやってくる。
    飲むお菓子だなぁ…、ってウットリします。

    飲んでたちまちボクのオキニイリ食品リストの頂点近くにまで登りつめてやってきたのがビタータイプのチリペッパー。
    ピッチャーの肌を汚したタレのポッテリ濃厚な色が物語るよに、何かのピュレのような喉越し。
    ビターチョコにつき物の酸味をほとんど感じぬ苦味、コクにそれからやさしい甘さ。
    一口ごとに気持ちが高揚してくるような、華やかにしてニギワイのある艶やかな味。
    今、この東京で飲むことができるショコラショーの中でもまずまちがいなく最高峰とボクは思った、朝の頭とココロにステキなオゴチソウ。

    1bdbea06.jpgそれからケーキを一個ためした。
    フォンダンショコラ。

    コロンと丸く、手のひらの平らな部分ほどの大きさ。
    ホイップクリーム。
    カカオのパウダー。
    温められたばかりなのでしょう…、表面ツヤツヤ。
    色っぽい。
    フォークを当てて、力をいれるとムッチリとフォーク全体を包み込みつつ2つに切れる。
    中からトロンとチョコが流れだしてくる。

    食べるとコッテリ。
    ケーキの生地はシットリしていて、ちょっとモッチリ。
    そこにチョコの苦味と甘みがそっとのっかり、口の中でユックリ、チョコクリームのようになっていく。
    たったひとかけ。
    なのにお腹をやさしく満たしてくれて、気持ちがたのしく豊かになってく。
    このお店。
    3階に厨房があるようで、背の高い青目をしたショコラティエが次々、上にあがってく。
    1階にあるショップの店員。
    2階のカフェのスタッフもほとんど外人顔の人たち…、お店の中の標準言語はどうもフランス語のようであります…、それはそれでいいのだろうけど正しく日本化することができればもっと認知されるかもしれないなぁ…、って思ったりもした、しばらくしたらまたこよう。
     
     

    関連ランキング:チョコレート | 新橋駅銀座駅東銀座駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    この店!
    板チョコ割って売っているという
    ローザンヌのチョコレート屋さんが
    ボクの大好きな「テレプシコーラ」って漫画にでてくるんですが、
    今調べたらなんとこの店の本店でした(爆笑)
    まりおさん / 2012/02/11(Sat) /
    さすが
    > まりおさん
    おそらくお金をかけて現場にまで行って、参考画像をたくさんとってきたのでしょうね…。
    リアリティーに対するこだわりこそが名作漫画を作る条件なのだろうと思いましたです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/11(Sat) /
    あら!
    ローザンヌで量り売りの美味しいチョコレートと言えば、
    山岸涼子先生の「テレプシコーラ」に!
    と、コメントしようと思ったら、すでに・・・(笑)。

    とっても美味しくて、のんびりサービスのお店だと、
    描いてありましたね。
    日本で食べられるなんて・・・ビックリ。
    行ってみたいです。
    tonamiさん / 2012/02/11(Sat) /
    ローザンヌ!
    今年日本の菅井円加さんが優勝されたのですよね!
    大感激

    iPodのアプリで見ましたけれど,
    日本人の体型がどんどん凄い事になっていて
    どこまで綺麗になるのかと

    素敵な朝でようございますね
    佐藤Rさん / 2012/02/11(Sat) /
    なるほど
    > tonamiさん
    なるほど、本場のお店も「のんびりサービス」。
    だとしたら不手際や不慣れではなく、今の状態がスタンダードなのかもしれません。
    そうしたお店もいいかもしれない。
    日本のお店はみんなせっかちで、良く出来過ぎているのかもしれないなぁ…、って思いました。
    ありがとうございます。
    テレプシコーラを見なおしてみようと思います!
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/12(Sun) /
    日本の若い人
    > 佐藤Rさん
    確かに日本の若い人達の体つきって、西洋人に限りなく近づき始めていて、日本でもボクの体にピッタリサイズの洋服を調達するのが難しくなりはじめています。
    痩せるコトは簡単でも、腰の位置を変えることはもう不可能ですもの。
    なやましいです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/12(Sun) /
    無題
    今日録画したメレンゲの気持ちを見たら、このお店が出てました(๑′ᴗ‵๑)
    lovekuma69さん / 2012/02/12(Sun) /
    おやおや
    > lovekuma69さん
    メレンゲの気持ちって言うことはお昼の番組。
    もしかしたらかなりラッキーだったのかもしれませんね!
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/12(Sun) /
    ローザンヌ
    と思ったらすでにコメントがいっぱい・・・(笑)。みなさんさすがです。テレプシコーラ。ローザンヌバレエコンクールはバレエを踊らない私にもとても楽しみなコンクール。ほんとうに日本人はきれいになりました。
    ぴんさん / 2012/02/12(Sun) /
    ありがとうございます。
    > ぴんさん
    本当にみなさんありがとうございます!って感じです。

    テレプシコーラもステキでしたが、「昴」って言う漫画もバレーを描いてステキでした。
    なんで少年誌にこんな連載をって思いながらも、グイグイ惹きつけられちゃって。
    ローザンヌ国際バレエコンクールも、その漫画で一気に身近に感じるようになりました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/12(Sun) /
    テレプシコーラ
    結構皆さんご存知なんですね…。ファンの私が言うのも失礼ながら、わりとマニアックなバレエ漫画だと思っていたのでちょっとびっくり。
    作中に出てくるあのお店だと知ったからには絶対行かなくちゃ!マンガ読みながら美味しそう~とウットリしてたのです。バレンタインが終わった頃を狙って伺ってみようかな。

    ローザンヌといえば菅井まどかちゃん、素敵でしたね。本当に日本人のスタイル、良くなってきたと思います。ウチの息子と娘も、脚、長いですよ。私も主人も見事な日本人体型なのにおかしいです。全くもって不思議です。ホントに私が産んだのか。
    ただ長さが伸びた感じではなく、腰の高さと膝下の長さ、そのバランスが全然違います。
    羨ましい限りですが、両親の大きな頭と大きな顔をそのまんま受け継いじゃったのでせっかくの長い脚もあんまり生かせてないとこが残念…っていうかやっぱりウチの子。ぷぷぷ。

    Nimamepandaさん / 2012/02/12(Sun) /
    バレリーナ的女子
    > Nimamepandaさん
    このお店の2階のカフェ。
    その厨房で働いていらっしゃる女性スタッフさんが、まるでバレリーナのような体型で、もうウットリしてしまいました。
    明るい肌に明るい色の歩くたびにポンポン跳ねるような軽い髪。
    バレーはこういう人達のためにあったんだなぁ…、って思いながら飲むショコラショーはなんとおいしい。
    そういうステキがあるお店でした。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/12(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    銀座吉宗夫婦蒸し HOME チョップスティックの生フォーで〆
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]