忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それにしても新宿の街のにぎやかなること。特に伊勢丹を中心としてのエリアはこの時期、ますます重力を増すようで「キラキラしたモノ」を求める人たちがひきよせられてる。街のそこここに行列ができているのもステキなり。



    特にここ最近の「つな八本店」の行列には、ビックリします。
    台湾系や中国系の観光客がかなり目立って、彼ら、ガイドブックを片手に毎日、開店前からすでに行列。東京に来たら新宿に来て、ビックロ覗いてそれからココ。
    ちょっとした観光コースになっているような感じがします。
    それから若い人たちが多いのですね。日常的に天ぷらを食べる習慣があまりなさそうな人たちにとって、カウンターで食べる天ぷらってエキゾチックで非日常的な経験をできるからかもしれないなぁ…、と思いもしました。オモシロイ。

    食後のお腹にスキッと苦いエスプレッソをと、セガフレード・ザネッティ。



    ココもにぎやか。平日はひっそりとした隠れ家風の気軽なカフェで、ただ休日には買い物途中の時間をぼんやり過ごす人たちで溢れかえってる。
    椅子待ちの人が、やってきては満席だねぇ…、って帰ってく。
    ボクの目当ては椅子ではなくて、今日はスキッと口や喉をスッキリさせることでござって、それで迷わず立って飲む。



    カウンターの前のテーブル。次々人がやってきて注文する度、厨房の中があわただしくなる。湯気と蒸気の音と一緒に次々、飲み物が出来上がっていく、一部始終を眺めつつ、クイッと煽って口とお腹を温める。
    あじわったのはマキアート。
    ポッテリとした泡の上にはハートのマーク。グイッと啜って飲んでもそれが壊れずずっと泡の上に漂っている。その頑丈にニッコリしながら5分ほど。
    さてさて買い物…、それから家に帰りましょうと店を出た。

    そして夜…、明日の仕事の準備があって、だからチャチャッと簡単に済ませてやろうと吹き寄せ寿司を買って帰った。



    吉兆さんで作ってもらった弁当で、蓋を開けるとまさに吹き寄せ。
    さやいんげんに薄切り酢蓮、甘い厚焼き玉子にしいたけ、クルンと背中を丸めて茹で上がったエビがぎっしり。
    まるで酢飯を海に見立てて、そこにたつ波のようなうつくしさ。規則正しきパターンでありつつ、人工的に見えぬ自然な模様がなんともウットリします。



    具材とご飯の間には山椒風味をきかせて焼いた穴子がギッシリ。どこをお箸で持ち上げても必ず何か具材がのっかる贅沢さ。
    シャリの中には焼いてほぐした鯛の身がギッシリつまって、ザラッと食感にぎにぎしい。
    笹で三角形に包まれたのは赤飯で、白ゴマパラリと食感添える。
    ざく切りにした生姜の酢漬けに、おかかの粉がタップリこびりついた昆布の佃煮も全部本物。プロの手際を感じる一品。



    サイドにサラダ。
    レタスにルッコラ、小さなトマトと冷蔵庫の中にあるありあわせ。一口大にちぎってオリーブオイルをドレスして、今朝のパスタで残したチーズ。
    ソーセージを刻んで油でカリッとするまで炒めてやって、油と一緒にジャジャっとかけて出来上がり。シャキシャキ葉っぱの歯ごたえたのしく、そこにチーズがこびりつき旨みを口に広げてくれる。
    白菜にネギ、かまぼこしいたけ、油揚げ。具材をタップリくわえて炊いたうどんをずるっと。スープ代わりにして味わった。体もあったか、さぁ、仕事。

    ところでこの動画。Blackout  City…、つまり停電になってしまった街というタイトルで、もしロンドンの街が丸ごと停電になったら夜空がどんなふうにみえるんだろうという仮説の元に作られた、実験的なタイムラプスフィルムなんです。

    Blackout City from Nicholas Buer on Vimeo.


    実際の映像を合成することで作られたフィルムで、なんと1年以上もかけて制作されている。
    条件がよいところでちょっとづつ。ロンドンの街の映像は昼間に撮って、それを夜のように加工する。夜空の映像はイングランド郊外の暗いところでロンドンの緯度に合わせて撮影したのをひとつの映像に集約している。
    圧倒的なこのうつくしさ。ウットリします。
    ちなみにコレを作った人。他の街でもこのプロジェクトを実現させてく予定らしくて是非に東京。どんな夜空をみれるんだろうと今からウキウキしちゃいます。

    拍手[8回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    泡のご飯に甘い泡 HOME ハムスター
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]