忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    先日、月島からテクテク歩いて有楽町まで移動した、その途中にあった長野県のアンテナショップ。
    そこでみつけた乾麺を、茹でて今日の夜とする。

    ozaza.gif「おざんざ」と言う名前の麺。
    長野県では長いモノのコトを「ざざ」とかって言うんだそうで、おざんざってつまり「長いゴチソウ」って感じの言葉になるんだそうな。
    確かに長め。
    細長い袋の中にまっすぐな麺がギッシリ詰まってて、袋の後ろ書きをみてみるとなんとコレ。
    納豆の糸をつなぎに使っている麺なのだそう。
    他の素材も国産小麦に地鶏の玉子とかなりこだわりをもっているようで、ちょっと買ってみましょうか…、と。
    この商品、「あずみ野河昌」と言う製麺所が作っているようなのだけれど、スゴイのが「ozanza」とGoogleで検索すると、そこのページが一番最初に出てくるのです。
    かなり気を配っているんだなぁ…、って感心します。

    大きなお鍋で8分、茹でる。
    冷麦を一回り大きくしたくらいの細い麺。
    その断面は丸くてツルンとしてる。
    鍋に入れるとたちまちお湯を吸い込んで、しんなりしながら鍋の中に沈んでいきます。
    しばらくすると小麦の匂いを発しつつ、お湯の泡に包まれながらお鍋の中を泳ぐように上へ下へと踊りはじめる。
    差し水をして鍋の温度を下げぬよう、箸で麺をかき混ぜながら火加減を見る。
    麺を茹でるのは一仕事。

    45875602.jpeg6分過ぎた頃合いで、麺を一本、引き上げて味をみてみる。
    とてもなめらか。
    少々のコトでちぎれぬ力強さも持ち合わせててなかなか立派。
    ただ塩を一切使わず作っているからなのでありましょう…、麺そのものの旨みに若干かけるよう。
    麺つゆをちょっと濃い目に用意して、大根をする。
    8分ちょっと手前で麺を引き上げて、お水でザブザブ洗ってしめる。
    丼に麺つゆはってそこに麺をそっともり、大根おろしとイクラをかざる。
    麺が塩を含まぬ分をイクラの塩気でととのえようと、グルンとかきまぜズルンといきます。

    ムチムチとした麺の食感。
    若干、ヌメヌメ、ピトッと喉に貼り付くような独特の粘り気混じりの食感で、これがもしかしたら納豆効果?って思ったりした。
    大根おろしの辛味が麺をギュギュッとひきしめるよな、そんな味わい。
    昼の過食をこれで調節。
    NHKの教育テレビではマーラーの交響曲の8番を合唱付きでやっている。
    お風呂を溜めて、使って疲れを癒して寝よう…、明日はちょっと忙し目。

    この麺を買い銀座に向かって歩いていたらアップルストアの前にかなりの行列。
    何だろう…、って思ってその行列をたどって先頭に行ってみたらば、iPadを買うため並んだ人たちだった。
    ブレーク中…、と言うコトなんでしょ。
    レビュー記事やら、実際使ってる動画なんかが続々、アップされていて、中でも秀逸だった一本、かなりキテマス、まずどうぞ。



    なんとなんと。
    Macintoshクラシックの筐体使ってiPad用のスタンド作ってみましたのよ…、って内容。
    まずMacクラシックがいまだこうして残ってるっていうのにビックリ。
    しかもその本体のディスプレー裏にスパッと切り込みいれるという、その大胆にますますビックリ。
    そこにスポンと自然にiPadが飲み込まれていく、その鮮やかに思わず拍手したくなる。
    ただこの形だとホームボタンが押せないのだけど、そんなささいな(笑)欠点なんかすっ飛ぶほどの愛らしさにて、なんだかニッコリ、シアワセになる。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    細く長くウマウマ。
    どもです。
    「おざんざ」!!久しぶりにパッケージを拝見できて嬉しいです。
    チョット前は長野に行くことが多かったので、信州蕎麦やら馬刺しやら鯉(伊那地方)など・・・。
    有難いことに美味しい名物をいろいろといただく機会がありました。
    そしてお土産には、おざんざ、もしくはリンゴなど。
    麺好きには嬉しい土地でありますね、長野って。
    昨日まで秋田出張でしたので、稲庭うどんを購入しました。
    稲庭うどんにも大根おろし・イクラ載せもいいかも?ですね。
    CIANさん / 2010/06/14(Mon) / URL
    おざんざ
    > CIANさん
    おざんざはあまりに体に良すぎる感じで、ちょっと物足りなさを感じました。
    稲庭うどんにイクラ、大根おろし…、旨いでしょうね。
    なにしろ大根おろしにイクラ、そこにちょこっとポン酢を落とすといくらでも酒が飲めちゃう肴になるくらい。
    ちょっと危険なおいしさですから。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/14(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    梅雨が始まる、弁天庵 HOME 告白
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]