忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は父と一緒の出張…、父のお得意様を一緒にまわろうと東京駅から新幹線で名古屋経由で近鉄線で伊勢方面。

    rokkaku.jpg昼ご飯に駅弁くおうよ…、と。
    昔、日本中を出張するのを仕事にしていた父のコト。
    忙しい合間に、駅弁を食べるコトがたのしみだった。
    ほとんどの駅で食べてみたんだけど、その中で1、2位をあらそうおいしい駅弁が名古屋にある。
    だから一緒に食べないか…、って。

    「松浦商店」という店の「なごや」というお弁当。
    八角形の折り詰めの中に料理がギッシリ。
    今時、こうした幕の内スタイルの駅弁は珍しくって、それがまずはなつかしい。
    しかも料理それぞれがシッカリしている。
    穴子とゴボウの八幡巻き、蒸し鶏、かまぼこ二枚に玉子焼き。
    昆布の煮付けに、シイタケ、がんも、ニンジン、タケノコと野菜も豊富。
    サワラの西京焼きにエビ、すり身の天ぷらと種類も多彩で、箸が迷うほどにて、しかもそれぞれ味つけキチンと見事な味わい。
    ご飯のおかずにほどよくけれど、きつ過ぎない端正な味でなるほど旨い。
    確かにおいしいねぇ…、と言ったら、もう何十年も変わらずこの味、値段も1000円。
    今時めずらしいほど律儀で正直。
    なにより同じ弁当を親子二人で並んで食べる。
    窓の外からぽかぽか、冬を忘れる陽の光。
    遠足みたいな気持ちになって、しばし仕事を忘れて親子をたのしんだ。

    そして家に帰る途中で友人と一緒に食事…、サイゼリヤ。
    69d3b7f2.jpegいろんな顔を持ってるお店で、ファミレスみたいな雰囲気を感じるときもあればまるで居酒屋みたいなときもある。
    今日がまるでそんな感じでサラリーマンのグループ数組、還暦越えのおじさんたちが10人ほどでメートル上げてるテーブルもありとにぎにぎしてく週末らしい。
    ビックリしたのがそのおじさんたちが、「ももクロってカワイイよなぁ」って言って大いに盛り上がっていた…、紅白効果+一生懸命な芸風がおじさんたちのハートわしづかみにしたのでしょうね、オモシロイ。

    c808a8a0.jpeg居酒屋メニューをあれこれと。
    生ハムフォカッチャ。
    グリーンピースとベーコンを茹でた本来温玉乗せの、温玉無しで野菜を味わう。
    ホツホツとした豆の食感。
    クチュっと奥歯で潰れて甘みをにじませ、ホロホロ砕けて消えていく。
    それからエスカルゴのオリーブオイル煮。
    クニュクニュコリコリ。
    エスカルゴ独特の歯ごたえに混じってブラックマッシュルーム。
    見た目も噛んだ直後の食感もどちらも似ていて今、口の中にあるのはどっち?ってクイズができそうなたのしい料理。
    ガーリック風味のオリーブオイルをスプーンですくってゴクゴク、体に潤い与える。

    そしてココで必ず食べるシュリンプカクテルサラダ。
    プニプニのエビ。
    奥歯でクチャっと潰れる食感。
    うま味シッカリ。
    塩の風味がおいしくて、シャキシャキしたレタスの食感みずみずしい。
    オーロラドレッシングがコッテリ味でちょっと強い。
    それでオリーブオイルをかけまわし、ドレッシングを軽く洗ってパクリと食べる。
    胡椒にタバスコを加えてやると、オーロラソースの甘みがスキッと和らいでエキゾチックな風味になるのがまたオモシロイ。
    2f58219e.jpegメイン代わりにドリアとカツレツ。
    カツレツとは言え、牛ひき肉をパテ状にしてパン粉をはたいて焼き上げたもの…、つまり言ってみればこれはメンチカツでありまして、けれどパン粉の上にタップリチーズをのせてデミグラスソースと一緒に食べると確かにカツレツ風の味。
    肉を叩いて薄く伸ばし、繊維がホロホロした牛肉を食べたときの食感、味わい、雰囲気と似ていてこれを作った人はよくよく考えたもの…、って思ってニッコリ。
    ほどよき量のドリアのご飯もホツホツ歯ざわりたのしくて、夜のお腹がたのしくやさしく満たされる。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    伊勢っ
    出張天国でしたっけ、伊勢(笑)

    親子で出張

    うらやましいですね〜

    するっと日帰りで

    いけちゃうとこも

    すごいです!
    ネコスタさん / 2013/01/12(Sat) /
    移動がたのしい出張
    > ネコスタさん
    ひさしぶりに移動の間、ずっとオヤジと話をしていて、なんだか気持ちが軽くなりました。
    移動がたのしい出張ってうれしいなぁと思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/01/12(Sat) /
    PowerShot HOME 漬け丼それからマキアート
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]