忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチを赤坂見附のオイスターバーにて…、「オストレア」っていうお店。

    342426e3.jpegココのランチはカキフライが食べ放題。
    かなり人気があるようで、お昼時にお店の前を通るたび、覗いてみるもいつも満席。
    まさにカキの季節到来という時期でもあってそれでいそいそ、ランチはじまりの時間にあわせて友人と、やってきました。
    それでもすでにお店の前にお客様がまっていて、オープンと同時にお店の中はニギヤカ。

    お店のカウンターの上にはすでにズラッと並ぶ。
    種類はそれほど多くはないけど、サラダにピクルス、豚とポテトのアラビアータ風味の煮込み。
    ミートソースのカナッペ仕立てとか、気がきいた料理があれこれ。
    そして目玉のカキフライと、昼の食事には必要十分。
    前菜風にお皿にキレイに並べて食べる。
    カキフライが旨くて気持ちがあがる。
    ちょっと小粒で、粒の大きさが不揃いなカキ。
    オイスターバーとして夜の商品にするには些か不都合なカキを使っているのでしょうネ。
    とは言え味はシッカリとした上等なカキ。
    なにより熱々。
    パン粉が細かでしかもフックラ、カキを包み込んでうま味をのがさずおいしくしてる。
    ソースが用意されてはいるけどそのまま食べても十分おいしく、さすがに一度も凍ったコトがないカキってやっぱり旨い!ってウットリします。

    a33a6e82.jpegメインはパスタなどが4種類、用意されててひとつ選んで厨房の中で作ってもらう。
    スパゲティーやショートパスタと、どれもおいしそうにみえたんだけど、ボクが選んだのは秋刀魚のパスタ。
    実はボクらの近くのお客様に、接客係が説明していた。
    この商品の説明がとてもおいしそうに聞こえたから。

    普通は秋刀魚の身だけにしてトマトソースで煮込むのですけど、今日の秋刀魚はとても新鮮。
    ワタまで食べていただきたくて、骨をまずはキレイに取り出す。
    ワタを戻して、身を壊さぬようにコトコト煮込んで仕上げたんです。
    秋刀魚のうま味をもれなく味わっていただけるのでオススメです…、って。

    その説明を聞いてるうちにどうにもこうにもそれが食べたく、それで注文…、まずは香りが本当においしい。
    秋刀魚の香りとトマトの風味。
    ランチ用だからなのでしょう…、ニンニクの香りは最小限でハーブの風味が魚臭さを上手に消して、細い麺との相性もよい。
    そこにカキフライをそっとのっけて絡めて食べると、普通のカキフライがイタリア料理のようになるのがオモシロイとこ。
    早速、カキをお替りしモリモリハフハフ、味わった。
    b3ce112b.jpeg友人がたのんだメインはカキカレー。
    これには大ぶりの牡蠣がソテして入ってて、カキフライとは違ったネットリ、ムッチリとした食感、味わい、ちょっとゴージャス。
    ソテしたカキと触れたとこだけカレーがかすかにミルク色になる…、その乳白色のエキスがみんな海のミネラルなんだなぁって思うとなんともありがたい。
    これから冬に向かう前、体に元気をつけなさいと滋養にみちた季節のゴチソウ。

    aa2cd05f.jpegソフトドリンクが6種類ほど。
    それからデザートが4種類。
    バリエーションは多くはないけど、お菓子のレベルの高いこと。
    カラメルプリンはトロンとなめらか。
    ティラミスなんてポッテリとして、生地の部分にリキュールタップリ。
    たくさん食べたらお酒の弱い人は酔っ払ってしまうんじゃない?って思うほどに本格的な大人味。
    マスカルポーネはふわっと軽やか。
    カカオパウダーもビターでタップリ。
    お腹にたのしく蓋をする。

    ソフトドリンクをお替りしようとグラスを持って立ち上げると、すかさずお店の人がきて新しいグラスをお使い下さいって古いグラスを持っていく。
    食べたお皿も即座に片付き、いつもテーブルの上がキレイな状態。
    バフェの実力は実はこうした部分なんだよ…、お皿やグラスをどれだけ贅沢に使うコトができるかっていうのが上等なバフェの条件。
    この店なかなか良いお店…、また来たいなぁって思って帰る、オキニイリ。



    関連ランキング:オイスターバー | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    鍋焼きうどん HOME こぬか雨
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]