忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「OMOTESANDO KOFFEE」と書いて、オモテサンドウコーヒーという店。

    ok.jpg前から来たくて、やっと今日。
    実はこの店。
    近所にある「パンとエスプレッソと」って言う店をプロデュースしたバリスタさんがやっている店。
    いろんなお店がある東京で、でもこんなへんてこりんなエスプレッソの店はないだろうってくらい、不思議なお店なんですよ…、って表参道の主のような人から教えてもらって、それできてみる。

    まい泉本店の裏っ側。
    表参道とはいえ、もうこの辺になると立派な住宅街。
    古い民家が建ち並ぶ中、どこにお店があるんだろう…、と。
    一度歩いて通り過ぎ、まさかココか?と思って覗くと中に人の気配がある。

    民家であります。
    それも堂に入った古い民家で、それを改装したって感じもまるでない。
    民家を民家のまんま使って、看板すらも目をこらさないとワカラナイほど、つまり知らない人はオフリミットって感じのお店。
    隠れ家風のお店は結構あるけれど、正真正銘「隠れ家カフェ」に初めてであった。
    門をくぐって庭に入ると和風民家の濡れ縁にカーペットが敷かれてそれが入り口をなす。
    6畳ほどの和室があります。
    畳を剥いで板間にしたところに、3畳ほどの正方形のアングルを組み、そこにカウンターとエスプレッソの機材を置いてバーとなしてる。

    必要なモノは全てある。
    必要なモノ以外は何もない…、すがすがしいほどのミニマルな潔さ。
    b31f52b5.jpegまるで茶室の風炉釜の周りをモダンに仕立てたような、不思議な空間で、中に件のバリスタ氏がニッコリしながら立っている。
    いらっしゃいませ、何にしましょう…、と差し出されたメニューをみるといわゆるエスプレッソバールにあって欲しいものは全てあるというこのステキ。
    まずはエスプレッソをドッピオで…、と作ってもらうとまさにビターで香ばしく、甘みすらをも感じる見事な味わいのエスプレッソを作ってくれる。
    砂糖をタップリくわえて飲むとほのかな酸味がやってきて、スキッと後味ひきしまる。

    79b76965.jpeg一杯飲んで、それだけでゴチソウサマと帰ってしまうのがもったいなくて、それでおかわり。
    マキアート。
    甘くしますか?と言われてそれじゃぁ甘めでとお願いすると、ミルクのフォームをのっける前に予め、グラニュー糖を入れて甘みを足してくれる。
    そこにポッテリ。
    フックラとした泡をのっけて、一緒に飲むとトロンと喉をなでてくゴチソウ。
    エスプレッソ用の小さなカップに一杯分。
    分量自体は決して多くはないはずなのに、お腹を満たす充実感。
    分量以上の満腹感すら感じるゴチソウ。

    お店のご主人とあれこれコーヒー談義をしながら、ユックリ飲むも、あっという間にカップは空っぽ。
    せっかくだからと、アイスコーヒーを〆に飲む。
    エスプレッソにキレイな氷。
    冷たいミネラルウォーターを注いで作ったアイスコーヒー。
    最初はビシッと香ばしく、冷たいクセしていれたてのエスプレッソの苦味が走る。
    ユックリ、ジックリ、冷たいカップを手で弄び、徐々に氷が溶けてくと、苦味が甘みにかわっていくのがまたオモシロイ。

    エスプレッソが好きな人。
    エスプレッソを熟知した人が作るエスプレッソのおいしいコト。
    当たり前かもしれないけれど食べ物って「それを愛する人が作るのが一番おいしい」。
    そんな当然思い知るステキな体験、おごちそうさま、また来よう!



    関連ランキング:コーヒー専門店 | 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    すばらしい!
    この界隈は隠れ家的なお店ばかりですが
    その中でもいっとうな感じですね!

    お洒落な街だなぁ
    佐藤Rさん / 2012/05/08(Tue) /
    最近
    > 佐藤Rさん
    青山、表参道から渋谷にかけてで仕事をする機会が増えて、つくづく、ステキな街だなぁ…、と感心します。
    それにしてもこの店。
    やられました。
    ステキ過ぎます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/08(Tue) /
    わー
    なんと素敵なお店。クレマの艶の美しいこと。

    実は昨年、小型焙煎機とエスプレッソマシーンを買って、家でバリスタ部を始めたんです。なにしろ田舎なもので、まともなエスプレッソを飲むことすらままならない。
    上達しつつあるけれど所詮は素人・・・。行ってみたいお店がまた一つ増えました。
    doramiさん / 2012/05/08(Tue) /
    まずは舌の訓練
    > doramiさん
    おいしい料理や飲み物を作るためには、まず舌の訓練をしないとですね。
    この店、勉強になりますよ。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/09(Wed) /
    無題
    ものすごい隠れ家ですねぇ。
    3杯も頂きたくなる気持ちがわかります!
    キョーコさん / 2012/05/09(Wed) /
    キッチンたかで夜とする! HOME 銀座アスター・焼きそばランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]