忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷で仕事の途中にお茶を…、人間関係ってお店に来ます。

    7d4e319b.jpg場所は渋谷のど真ん中。
    スペイン坂っていう坂道の途中にあって目立たぬお店。
    決して小さなお店じゃない。
    間口が狭い。
    しかも入り口が奥まっていて、どことなくイングリッシュパブを思わせる渋い外観。
    渋谷の街には似つかわしくないその落ち着きが目立たぬ理由。

    中に入ると案外奥が深くてビックリ。
    入り口前にカウンター。
    ベーグルだったりマフィンだったり、手軽なお菓子やパンが並んでパリのカフェな感じがするのがちとオシャレ。
    まずはそこで注文し、お金を払って商品受取る。
    スタバやドトールみたいなシステム。
    このやり方をもう何十年もずっとひっそりやりつづけている実力派。
    お店の落ち着きに輪をかけて、お客様も落ち着いていて、かなりアダルト、渋谷の街のオキニイリ。
    チェーン系のコーヒーショップに比べてメニューのバリエーションが多彩で充実。
    サンドイッチやホットドッグ。
    それにパスタの用意もあって、どれもがキチンと注文入って仕上げる手作り…、だからお茶だけでなく食事もシッカリ出来たりもする。
    ちょっと遅めの朝をこちらでと、それでココを選んだ次第。

    69f79d71.jpg朝のお腹にクロックムッシュ。
    ココのクロックムッシュは独特にしてしかもおいしく、とても上等。

    なによりパンが驚くほどに薄いのですネ。
    12枚切りくらいの薄さ。
    それを3枚。
    まず一枚目はトーストします。
    そこにバターをそっと塗り、ハムを一枚。
    そこに2枚目をのっけてそこにはタップリホワイトソースをのっける。
    最後の1枚で蓋したら、そこにとろけるチーズを一枚。
    それからオーブンでコンガリ燒きます。
    チーズに軽く焼き色がつき、とろけたところで取り出して、お皿にのっけてパルミジャーノの粉をパラパラ。
    そうしてやっと出来上がりという、手間も時間もかかっているしボリューム感もたのしいゴチソウ。

    手づかみなんかじゃ食べられない。
    ナイフとフォークを使ってサクッと切り目をいれると、トロリと中からホワイトソースが流れだし、それをパンで拭うようにしながら食べる。
    みずみずしてくムッチリしてて、チーズの香りと風味がドッシリ。
    ハムトーストのサンドイッチとクリーミーなグラタンを一緒に食べてるみたいな味わいで働く元気が湧いてくるよな、オキニイリ。


    それからコーヒー…、バリニーズ。

    371f7fad.jpgインドネシアは実はコーヒーの産地の一つ。
    暑いところで、それでもお水を沸かして飲まなきゃいけないときに、お湯をおいしく飲む工夫。
    それがバリ島風のこのコーヒーの飲み方なんでしょう。
    とても簡単。
    コップの中にコーヒーの粉を入れてそこにお湯を注いでしばらく待つ。
    コーヒーの粉がカップの底に沈んだら、上澄みだけをすするように飲む。
    茶碗ひとつでお茶を飲む。
    中国の人がお茶をたのしむ飲み方と同じところがオモシロイ。

    細かな粉を使っていれると、いつまで経っても粉が沈まずおいしくできない。
    強めのローストの焦げた香りが香ばしい豆を荒く挽いたモノ。
    それをタップリ、多めに入れてお湯を注いで出来上がり。
    甘い香りを楽しみながらカップの中が静かになるまでじっと待つのがなんともたのしい。
    カップの端に粉が残っているのがちょっと素朴な感じでオモシロく、そっとすするとトロンとなめらか。
    自然な旨みがオゴチソウ。

    さすがに最近、バリ島でもちょっと高級なお店やホテルでコーヒー飲むと、コップでそのままって飲み方させるところが減った。
    代わりにプレス機つかって出すコーヒーがメインになってる。
    それでもカップに注いだときに、粉がサラッと流れだしてくる…、それをユックリ。
    沈むのまって飲むそのゆとり…、ユッタリとした時間の流れがなによりバリな感じだってしみじみ思う、なつかしい。



    関連ランキング:カフェ | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    人間関係!!!
    おそらく20年近く前、渋谷の某百貨店でアルバイトしていたときに仲間と良く行きました!!
    まだ、あるんですよね~。
    渋谷系と言われたムーブメントが全盛の時。
    懐かし過ぎる~!
    ご紹介ありがとうございます。淡いラブリーな思い出が甦りました。笑
    オレンジさん / 2012/01/27(Fri) /
    まだまだずっと
    > オレンジさん
    20年以上も続けて、同じ場所で同じ商売をしている。
    シブヤにあってウットリするようなその一貫性に、久々、背筋がのびました。
    いい店ですね。
    オキニイリです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/01/28(Sat) /
    変わらない素敵!
    人間関係は、中学、高校生の頃からのお付き合いで、
    変わらない素敵が溢れていて、私も好きなお店です。
    昔は、ジャンジャンに通じるような、ちょっとアングラな匂いが漂っていたけれど、
    最近は、かなりヘルシーになったような気もします。
    単なる時代の移り変わりかな。

    今でも行くのに、クロックムッシュがあることすら知りませんでした。
    今度行くときに、いただいてみます!
    私からは、妙にくせになるローズマリーポテトをお勧めします!
    rikoさん / 2012/01/28(Sat) /
    ローズマリーポテト
    > rikoさん
    ローズマリーポテトは未食。
    ぜひにと思います。
    このお店。
    何度行っても行くたびに新しい発見があるのがステキですよね。
    奥の深さを感じます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/01/28(Sat) /
    はじめまして
    初めまして。
    ブログ読まさしていただきました。
    非常にすてきな喫茶店ですね!
    特にパンの写真からおいしさがにじみ出てきます。
    実際食べてみてお味の方は如何でしょうか?
    自宅ではやはり出せない味なのでしょうね。

     バリ島のコーヒは飲んだことがあります。
    味は非常に薄かったことが印象的でした。
    しかし、その薄さのためか何杯も飲めるというのがバリコーヒーの不思議なところです。
    旅人さん / 2012/02/19(Sun) /
    バリのコーヒー
    > 旅人さん
    バリのコーヒーは、おっしゃるとおり薄くてけれど風味がゆたか。
    時間がたって冷めても雑味がでないのがオモシロイなぁ…、と思いました。
    南国の休日をユックリすごすときの手元にあってくれるとうれしいコーヒーだとも感じました。

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    旅するような人生に憧れずっと持っているワタクシにとっても、とてもステキなニックネーム。
    これからもよろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/19(Sun) /
    Feelin' Groovy HOME 今日のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]