忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさびさ朝バフェ…、打ち合わせをかね週末のパワーブレックファストを気取る。
    渋谷の駅前、マークシティーの上野ホテルの最上階。

    abiento.jpgそれにしても土曜日の朝。
    地下鉄の中はかなりの人混み…、いつもの週末以上の混雑
    街が朝からうごいてるって、感じがします。
    オモシロイ。

    ホテルの朝をバフェでというのは、は今ではすっかり当たり前。
    かつてバフェって、それ用に設備を持ったバフェレストランで提供するもの。
    普通はコーヒーショップやメインダイニングで、テーブルサービスするモノだったのだけど今。
    余程のことがない限り、朝ご飯はバフェでとることになっちゃった。
    ひとつはホテルの合理化のため。
    ひとつはセルフサービスに抵抗なくなり、バフェが多くに受け入れられた。
    だから今ではホテルのレストランを作る時点で、バフェが出来るよう設備のついたカウンターを作ったりする。
    ここも洋食のメインダイニングが朝バフェレストランに変わるのですね。
    同じフロアの和食レストランはテーブルサービスで通常営業。
    オジサンたちはそちらでの朝を好むのでしょう。
    お店の中は若々しくて、明るい感じ
    大きな窓の右手は恵比寿。
    左手向こうは西新宿の超高層ビルが見えるはず…、なんだろうけど分厚い雲に覆われた視界不良がちと残念。

    7846992f.jpg料理をあれこれ。
    野菜にお肉、玉子料理にパンがあれこれ。
    隣で和朝食をやっているから当然といえば当然なんだろうけど、和食がひとつもないのがなんだか新鮮。
    朝バフェには焼いた魚やご飯や味噌汁のような、最小限の日本的なる料理があるのが当然な今。
    こうしたバフェを見るとなんだか。海外のホテルに来たようで気持ちいい。

    唯一ピラフが用意されてて、朝はやっぱりお米を食べなきゃ…、って日本の人の気持ちをくすぐる。
    ピラフをお皿の真ん中におき、料理をキレイに飾って盛った。
    ハーブ野菜に炒り卵。
    ケチャップトロンとあしらって、白ソーセージをボイルしたモノ。
    ミートボールのカレー煮だったり、鶏唐揚げをアボカドソースであえたモノとか、いわゆるお子ちゃま料理をふたつほど。
    カボチャの炭焼き、ニンジングラッセと野菜で彩り添えて完成したた、カフェ飯みたいな姿になった。
    パラパラ、きれいに炊き上がったピラフと葉っぱをよく混ぜる。
    空気をたっぷり含んだご飯のサラダのようになるのがたのしい、朝のお腹が明るくなるようなおゴチソウ。

    お店の真ん中…、一番目立つ場所に玉子を焼いてくれるコーナーがある。

    3400f7fd.jpgホットプレートをおいたカウンターにシェフがひとり立っていて、つきっきりで焼いてくれるのでありますが、彼の手際がウットリするほどきれいで、しかも的確。
    卵の黄身まで焼いてください!とお願いすると、白身の縁はカサッと焦げて、黄身はシットリ。
    プクンとキレイに盛り上がってる。
    上にパラッと岩塩が散らされていて、素材も良ければそれを扱う技術も良くて、当然、味も見事なモノです。

    しかも感心するのが、時間をかけてお焼きしますのでお席でお待ちくださいと…。
    言われて席で食事をしてると、シェフが直々に持ってくる。
    注文をした人の顔を覚えることも仕事のひとつ。
    料理を作るコトだけがシェフの仕事じゃないんだよ。
    出来立て、熱々を急いで届けて、お客様に喜んでもらってはじめて自分の仕事が終わる。
    そう思って仕事をするってステキと思う。

    8c6be0f5.jpg外人比率が高いのが特徴ですか。
    しかも欧米系の人が多くで、渋谷という街の特徴?
    アジアの人は新宿や池袋みたいな街に好んで宿をとる。
    西新宿のヒルトンホテルや京王プラザは、ときにココはソウルか台北?って思ってしまうほどアジアな感じになることがある。
    だからでしょうか?
    シリアル、フルーツ、ヨーグルト。
    アメリカ人が好む朝食メニューが充実。
    折角だから、シリアル食べる。

    ミューズリーとコーンフレークス。
    それからチョコレートクリスピー。
    コーンフレークスはたまに食べると本当においしい。
    焼けた香りに、ザクザクとした乾いた食感。
    ミルクを含んでしんなりすると、まるで違った食感になる。
    そのシットリもまたおいしくて、シャクシャク食べててあきず、おいしい。

    それからプレインヨーグルト。
    フレッシュパイナップルをシリアルボウルに数切れ入れて、そこに注いで、さぁ、食べようか。
    そう思ったらドライフルーツが眼に入る。
    アプリコットとプルーンを一切れずつのっけて食べることにした。
    ドライフルーツのミッチリとした甘みに食感…、フルンとやさしくなめらかなヨーグルトをおいしくさせる…、お腹の中を元気にもする朝の栄養、腹いっぱい。

    1907546d.jpgところでこの店。
    お皿が2種類。
    ひとつは白くてモダンな北欧風のデザインのモノで、それがほとんど。
    けれど一種類だけ、金の縁取りのついたお皿が用意されてた。
    桐のご紋がレリーフされたノリタケ製の日本のホテルでなければ様にならぬであろう、日本的なる上等な皿。
    キャピトル東急ホテルの食器は、みんな最初はこれだった。

    3年ほど前一旦閉店…、場所を移してコーヒーショップのオリガミだけが営業してて、そのときお皿の一部が変わった。
    今年になって、高層ビルのテナントとして営業再開。
    けれど雰囲気一変し、まるで違ったホテルになった。
    都会の中にあって都会をまるで感じさせぬ、鄙びた感じがステキだったのにどこにでもある都会のホテルになってしまった…、あのリニューアルは果たして誰のためになったモノだったのか。
    今となってもまるでわからぬ…、変わらぬコトもいいことなのにと思ったりした、そんな朝。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    永田町キャピトル
    キャピトル東急、久しぶりに思い出しました。
    以前は、素敵なホテルでしたよね。
    東京ど真ん中に佇むリゾートといった雰囲気のプールが忘れられません。
    今、東京でひなびたホテルといえば、白金の都ホテルくらいでしょうか。
    でも、ちょっと調べると、以前のキャピトル同様かそれ以上に、
    宿泊料金がディスカウントされていて、少し不安になります。
    東京でなくても、サカキさんがお気に召していらっしゃるホテルはどちらですか?
    心からお気に入りと言えるホテルが見当たらず、寂しく思っているので、
    教えて下さると嬉しいです。
    rikoさん / 2011/10/23(Sun) /
    ホテル
    > rikoさん
    今の日本でオキニイリといえるホテル。
    難しいですね。
    かつて日本に二つのオキニイリホテルがあったのです。
    ひとつは大阪の阪急インターナショナルホテル。
    もうひとつは東京のフォーシーズンズずホテル。
    どちらもユッタリとした雰囲気で、なによりサービスが素晴らしかった。
    今はどうでしょう…。
    どちらも随分、サービスの点で苦しんでいるようで、そうそう。
    丸の内のフォーシーズンズホテルは隠れ家的でいいかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/23(Sun) /
    理想のホテル
    ありがとうございます。
    丸の内フォーシーズンズ、
    方向が合うと元の勤め先が眺められてしまう(笑)以外は、魅力的なホテルです。
    今度、軽くお茶にでも伺ってみます。
    ええ、問題はサービス、私もそう思います。
    理想を言えば、
    ゆったりとしたサービスと、少な目の大きめの部屋、
    居心地の良いラウンジと美味しいレストランを持つ、
    そんなホテルが、湘南辺りに出来ないものでしょうか?
    ふらっと思い立った週末に出掛けられるような。
    伝説としてしか知らないけれど、茅ヶ崎にあったホテルパシフィックのような。
    rikoさん / 2011/10/23(Sun) /
    キャトルがヒルトンだった頃
    > rikoさん
    ボクは日本におけるすばらしいホテルの典型は、キャピタルホテルがまだヒルトンだった頃。
    あるいはインペリアルタワーができる前の帝国ホテル。
    どちらもほどよいサイズで穏やかな空気がながれていた、ステキな空間。
    そしてサービスがよかったです。
    泊まらないのであれば、御茶ノ水の山の上ホテルも捨てがたい。
    ただ、往年の輝きはなくしてしまいましたが…。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/23(Sun) /
    乾麺240グラム HOME ビーフとバターで晩ご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]