忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    赤坂で打ち合わせをしながらランチを…、と、それで「叙々苑」。

    jojoen.jpg通常の焼肉ランチも手頃な値段で用意されてる。
    叙々苑っていうと、高級焼肉店の代表。
    高価なメニューばかりと思いがち。
    けれどランチはお手軽。
    焼肉にしたって1000円というサービスメニューもあったりする。
    お店のそこかしこでジュウジュウ肉を焼く音や香りがするのだけれど、肉を焼きつつというより手っ取り早くと、それで丼。
    「ビビンバ肉重」というのがあって、それをたのんだ。

    名前の通り、お重であります。
    そこに焼いた牛肉と、モヤシと青菜のナムルに大根なますがキレイに並べられてる。
    お弁当の三色ご飯の、アレンジ版のような感じ。
    けれどさすがに肉からおいしい韓国風のタレの匂いがやってくる。

    ビビンパ重と名前にあるから、これはワシワシかきまぜてビビンパ風にして食べるんだろうと思ってガシャガシャお箸で混ぜて、食べるとなるほど…、こりゃ旨い。
    叙々苑のスゴいとこというのは、何を食べてもハズレがないとこ…、飛び上がるほどおいしいモノもないけれど、失望させられるコトがないのが、人をもてなすレストランとして評価されているんだろうなぁ…、ってこのビビンパ重を食べて思った。

    サイドについてやってくるキムチもスープもしっかりしていて、失望させられるコトがない。
    c41dbc00.jpegこれに叙々苑サラダがついてくればもう完璧なのに…、って思っていたら、隣のテーブルにやってきた外人ビジネスマンたちが、この丼を一つづつ、みんなで焼肉と叙々苑サラダを追加でとって、贅沢ランチをたのしみはじめた。
    あぁ、そのやり方があったんだ…、ってちょっと悔しく感じて笑う。
    お店を出るときiPhoneを忘れてきたら、息せき切って階段駆け下り「お客様、忘れ物です」と届けてくれたウェイターくんの笑顔と額の汗に叙々苑らしさを感じて感服。
    ステキなランチとあいなった。



    関連ランキング:焼肉 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅


    それからちょっと歩いてお茶を「コヒア・アラビカ」ってお店でとった。
    実はこの店…、ずっと長らく気になっていて、けれどどんなお店かわからず来る機会を逸していた店。
    通りに面して一軒普通の喫茶店のような入り口…、ところが地下へと階段が伸び、上から見ると下へ下へと誘われるただならぬ気配を発して、足がなかなか降りていかない。
    実は友人もそうだったようで、ならば2人で降りて行こうよ…、と。

    176c8584.jpegスゴいお店でありました。
    カウンターの中に厨房。
    すわり心地の良い椅子に大きなテーブル。
    ちょっと大きめの普通の喫茶店のように見えて、けれどお客様はほとんどいない。
    ランチタイムの終わり頃。
    まわりの喫茶店はどこも大忙しの最中に、ココだけ違った空気が流れる。

    メニューを見たらすべてのコーヒーが1500円前後という値段になるほど。
    そういう店かと思いもしたけど、後には引けぬ。
    いかにもコーヒーマニアなようなご主人が来て、どんなコーヒーがお好みですか?と聞くので、力強くて最後に酸味が来るのが好きですと。
    ならばアラビカ系のコーヒーがよろしゅうございましょうと言われて出されたコーヒー。

    浅い色目で香りやわらか。
    飲むと苦味はほのかで最初は甘みを感じる。
    ところが最後にスキッ!と酸味が幕引きをする…、確かにおいしく、なによりボクが行った通りの味わいのモノ、値段以上の価値があるかといわれるとちょっと首を傾げてしまうけど、でもココは赤坂、こういう店があっても悪くはないのでしょう。

    東京にはいろんな店があるけれど、これほど摩訶不思議にして魅力的なるお店はそんなにないんじゃないか…、それにこういうお店がこうしてずっと続いているという、この東京はなんと懐深くて不思議な街なんだろうっていろんなコトを思ってしまう。
    ちなみにお店の中での撮影は遠慮されたしと言うコトで、この摩訶不思議にご興味ある方はご自身の目で確かめられたし…、昼のコト。



    関連ランキング:コーヒー専門店 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    摩訶不思議体験しました☆
    以前、飲んだ帰りに勢いで入ったら、大変な経験をしました(笑)
    「アナタ、うちが初めてならこれを」「え、でもこのクリームコーヒーが気になります」「いえ、初めてならこれを」と、丁寧ながらとっても強くおススメされて、確かに美味しかった気がするのですが、その値段と雰囲気に圧倒されてしまい、味をよく覚えていません…
    そんな、どう表現したらよいかわからない気分だったのですが、確かに摩訶不思議体験、という表現がピッタリです☆
    Eikoさん / 2013/05/10(Fri) / URL
    そうでしたか
    > Eikoさん
    あのご主人を中心に回っている、小さなコーヒー宇宙。
    二度行くか?といわれると、かなり微妙ではあります(笑)。
    こういうお店が好きな人もいるんだろうなぁ…、と思うと、やっぱり東京って街はスゴいです。
    サカキシンイチロウさん / 2013/05/11(Sat) /
    ぽっちり摩訶不思議
    このあたりっぽいといえば、このあたりっぽいなあと思って読みました。
    なんだか赤坂、赤坂見附のまわりって、ぽっちり摩訶不思議な店があっても、「ああ、そうだろうな。ありそう。」と思ってしまいます。きっと前からあるんだろうなあと思う摩訶不思議店。
    ぴんさん / 2013/05/11(Sat) /
    赤坂ならでは
    > ぴんさん
    銀座でもなければ、新宿でもない。
    赤坂って不思議な街ですよね…、うーん、不思議だ。
    サカキシンイチロウさん / 2013/05/11(Sat) /
    コヒアアラビカ
    この店がこのデフレのなか生き残っていることに驚きです。w 私はこの店でエスプレッソくださいと言って、何にも分かってないね的な反応をいただきました。「生きているコーヒー」というのがいいですね。
    tkさん / 2013/05/11(Sat) /
    本当に不思議
    > tkさん
    コヒアアラビカは、独自の法律をもった独立国のように感じます。
    お作法、味わい、そして値段もすべて「あなたの仰せのとおり」という、たまにそういうお店で緊張感を味わうのも悪くはないのかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2013/05/11(Sat) /
    エスプレッソと HOME アマティ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]