忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は一日、結局、原宿界隈でずっと仕事をしてたコトになる…、夜も原宿。
    0ff534aa.jpeg表参道のウラ路地にある「チャオバンブー」でアジアの料理に戯れました。
    この店、開店のための店づくりを一緒にさせていただいたコトもあり、わが家に帰ってきたような感じがする店。
    アジア指数の高いお店で、こうして写真を撮ると「ここが原宿?」って思ってしまうほどにますますアジアな感じが募ってみえる。
    厨房の中のスタッフもほとんどアジア出身の人たちで、かなり本物。
    これからの夏に向かって暑くなる季節においしい料理がたくさん揃ってる。

    5c992f4f.jpegこの店、タイ料理を中心としてはいるけれどそれ以外にもインドネシアやシンガポールの料理もあれこれ…、つまり東南アジアの料理全般が揃ってる。
    最初からアジア料理のお店にしようとしたわけじゃなく、働いている人が食べたい料理を作っていったら、結局そんなメニューになった。
    おいしいモノに国境は無し。
    そんな感じの、博愛主義なメニューがたのしい。

    カパオライスをまずはパクリと。
    鶏挽き肉をナプラーの風味で炒め、バジルの香りと一緒にご飯に沿わす。
    焼いた玉子を崩しつつ、味わうタイのご飯。
    玉子はよく焼いてくださいネ…、って言ったら「タイ風でいいですか?」って。
    そう言ってくれるから、それでお願い!ってお願いしました。
    溶いた玉子を油で揚げた、フリッタみたいな玉子をふんわり、ご飯を覆いかぶせてきました。
    油をタップリ吸い込んで、だから小さな穴がタップリあいた玉子で、スプーンでこわすとサクサクちぎれて、ご飯に油をうつしてく。
    辛味が足りなかったらこちらをどうぞと、一緒やってくるタレがナンプラーに刻んだニンニク、輪切りの真っ赤な鷹の爪。
    ビリッと辛くて暑さに疲れた体がシャキッとするような味。

    b7499cf6.jpeg鶏の唐揚げ甘酢風味というのがココの名物料理。
    鶏を大きくぶつ切りにして、生姜の風味でやわらかく蒸す。
    それにポッテリ、衣をつけてパリッと揚げて酢豚の甘酢のようなタレに絡めて食べる。
    砕いたピーナツ。
    パクチータップリで、アジアの香りに鼻がたのしく反応します。

    衣はサクッと。
    なのにその内側の鶏はフックラ、クチャっとやわらか。
    ネットリとした食感を、パリパリ砕けるピーナツがひきたてパクチーの香りが風味を引きしめる。
    酒のつまみにもいいけれど、コレでご飯を食べたら多分旨いだろうなぁ…、って。

    それからスープがわりに麺。
    トムヤンクン麺を選んで食べる。
    夏の暑さをしのぐ料理は、大抵、辛くて酸っぱい。
    南米のメキシコ料理もハラペニョとライムの料理で、南米ペルーの料理も同じ。
    タイの料理も酸っぱく辛く、トムヤンクンはその代表。
    エビの旨味と風味とコクに、スキッと尖った柑橘系の酸味が辛さを伴い口に広がっていく世界3大料理のひとつらしき風格…、味わい深い。
    極太のゴジゴジ歯ごたえたくましい玉子の麺が、濃い味スープに負けぬ歯ごたえ奥歯にくれて、顎を使って味わうたのしいスープ麺。
    スープをゴクゴク飲んで体とお腹に汗をタップリかいた…、たのしい夜のオゴチソウ。



    関連ランキング:タイ料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅



    ところでココのお店の向かい側にある、餃子のお店…、いつも行列ができていて、どれほどおいしいお店なのか?って思ってはじめて今日、やってくる。

    e43b13f4.jpegカウンターの中に厨房。
    独立したテーブル席もあるのだけれど、カウンターの一番奥の餃子の焼き場がよく見える席をもらってボンヤリしてた。
    メニューは極めて絞りこまれて、焼いた餃子に水餃子。
    ご飯にもやしやキャベツを使ったおつまみ、それから酒程度。
    どれも安くて、餃子ライスでお腹いっぱいにするだけならば600円もあれば足る。

    驚いたのが餃子はみんな凍ってました。
    それを無造作に餃子焼き器に放り込み、お湯を注いで蒸し焼きにする。
    作業はとても投げやりで、餃子に対する愛情やいとおしさをまるで感じぬただの作業。
    さすがにできた餃子はパリッとしてて、焼かれ具合はほぼ完璧。
    噛むとパリッと生地が壊れて、中から肉汁飛び出してくる。

    悪くはないけど、行列してまで食べるようなものではない…、ってボクは思った。
    けれどおそらく、表参道というこの街で安い餃子を食べるというギャップがおしゃれなのかもしれない。
    行列している店がみんなおいしい店とは限らぬ現実…、飲食店を繁盛させるのって、簡単なのかむつかしいのかわからなくなる、なやましい。

    それから近所でもう一軒、「カルミネ表参道スタンド」というバルで軽飲み。
    carmineomt.jpg名前の通り、イタリア料理のスターシェフのかつて第一人者と言われたカルミネさんがプロデュースした店…、お店の中に写真が飾ってありました。
    とは言えトリスハイボールが飲み物のメインで料理もこなれた値段。
    エビアボカドや鶏の唐揚げ、フライドポテトやオニオンリングと立ち飲みハイボール酒場のような気軽な料理が結構充実してる。
    それだけでなく当然イタリア料理的なる料理も充実。
    とってためしたイイダコのトマト煮込みは確かにカルミネ的なる味わいで、これならパスタもおいしいだろうって思ったりした。
    1500円くらいで十分たのしく飲め、食べられる…、オモシロイなとオキニイリ。



    関連ランキング:パスタ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    チャオバンブー、以前、横浜のお友達にサカキさんが関わったお店と聞きました。
    それ以来、何となく気になってますww
    機会があれば行ってみたいです。
    私も、今日、餃子をたべました(≧▽≦)ノ
    lovekuma69さん / 2012/05/23(Wed) /
    原宿探索
    > lovekuma69さん
    原宿はますますたのしくなりはじめています。
    街の探索のついでに、突撃いたしましょうか!
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/24(Thu) /
    無題
    私も昨日餃子を食べました!
    ふふふ。
    キョーコさん / 2012/05/24(Thu) /
    つながってる!
    > キョーコさん
    なんだか繋がってますね。
    しかも今朝、アンデルセンでオムレツ食べました。
    ますますつながってる感じがしました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/05/24(Thu) /
    オムレツの朝 HOME 原宿路地裏ホッケンミー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]