忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷で朝をとる土曜日のコト。
    sibu.jpgモヤイ像の近くにある店でサンドイッチを食べましょう…、と。
    お店に入って、サンドイッチのセットをたのみセットドリンクをアイスティーでお願いしたら、お待たせしましたとグラスがストン。
    窓際のカウンターに座っていたのだけど、そのカウンターのボクの手前のギリギリの場所にグラスが置かれてビックリします。
    こんなところに置いたら危険。
    しかもこれからやってくるであろう、サンドイッチが置けないじゃない…、と注意しようかと思ったけれどまだ新人のようでもあってこうしたコトは店の先輩が教えるべきこと。

    3dc865c4.jpegそれで我慢をすることにした。
    とは言え彼。
    他のお客様に飲み物出すときも、位置考えず無造作に。
    それをみている他のスタッフの人たちもまるで関せず無関心。
    飲食店ではこうした基本的な気遣いが一番大切なんだと思う。
    けれどそうしたコトが伝わらない。
    なんて勿体ないんだろうって思ったりした、まぁ、しょうがない。

    たのんだサンドイッチはツナのサラダのサンドイッチ。
    薄切りのパン。
    空気をタップリ含んで軽く、空気の穴がタップリあいて仕上がったサンドイッチにピッタリのパン。
    しかもそれがトースターでよく焼かれていて焦げた香りが食欲そそる。
    その状態があまりにステキで、だからグラスの位置のコトは忘れてしまった(笑)。
    中に挟んだ具材もステキ。
    丁寧にマッシュしたジャガイモにツナの缶詰をまぜてキュウリと一緒にはさむ。
    だからムッチリ。
    ツナの香りもおいしくてよく出来でした…、朝がシッカリはじまった。

    ところで今日、家でサンドイッチを作らず外でサンドイッチを食べた理由はプラネタリウムに知り合いをご案内しようと思ってそれで早く家を出たのです。

    planetarium.jpg渋谷文化センター大和田という施設の中。
    かつて渋谷の街のはずれにあった大和田小学校の跡地にできた文化施設の最上階にできて2年ほどのモノ。
    かつて渋谷には東急グループがプラネタリウムを運営していた。

    東急文化会館っていう映画館を中心にした複合ビルの最上階。
    そこが再開発で取り壊されて、今ではヒカリエっていう超高層ビルになっちゃった。
    そのプラネタリウムを移設するって形でココに。
    渋谷の街ではあるけれど、喧騒とはまるで無縁で商業施設の中じゃなく、文化施設の一部をなしてるっていうのがステキ。

    結構人気があるようで週末にはときにチケットが取れなかったりするというから、朝一番でやってきた。
    チケットとって、それから朝食という順番。
    朝食終えておちあって、プラネタリウムの初回をめでたく観て楽しんだ。

    これがなかなかいいプログラム。
    二部構成でその前半がブラックホールをテーマにしたものでビックリしたのが「ブラックホールはビッグバンと同時に生まれた宇宙の必然」。
    はじまりと終わりが同時に用意されている…、宇宙の真理って、なんて深くて重たいんだろう。
    当然、宇宙の構成物の人間だって誕生と死がセットで用意されているって、そんなコトを思いながら見るとなんだか胸が詰まってくるような、勉強になる物語。



    そして後半半分が生解説での今の季節の星空解説…、その解説者がすばらしかった。
    ハキハキとした話し方と豊富な知識、見ている人にたのしんでもらおうという気配り、気持ちがすばらしくNHKあたりでアナウンサーをやってた人かなぁ…、と思っていたらこの施設の前身である五島記念プラネタリウム時代からの解説員さん。
    この人に会えるのならば何度もココに通いたい…、って思いもしました、オキニイリ。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    渋谷、亜寿加の排骨担々 HOME スノーホワイト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]