忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷で昼を食べることにする。
    時間はかなり遅めの昼で、もうほとんどおやつ時という頃合いにて場所を決めるのに難儀する。
    目指していったビストロは2時にオーダーストップで、それでとここ。

    askamise.jpg「亜寿加」なるラーメン屋。
    渋谷の南側。
    大きな道路で完璧に分断された北と南をつなぐ大きな歩道橋のたもとにある店。
    ぼんやりしてると見落とすほどに、地味な外観。
    けれどかなりの実力派。

    かつて渋谷の街には「排骨麺がおいしい」というので有名な店が二軒あって、ひとつがココで、もう一つがチャーリーハウスって店だった。
    チャーリーハウスは渋谷の街の反対側の北の外れの小さなお店。
    香港の裏路地辺りにありそうな、スッキリとした上湯スープであっさり食べるとても上品な排骨麺が売り物だった。
    一方、こちらの亜寿加の方はガツンと辛味のきいて四川風の排骨麺。
    同じメニューを売り物にしてこれほど違った料理の店になるんだなぁ…、と感心しつつどちらも重宝していたけれど、残念ながらチャーリーハウスは数年前に廃業しちゃう。
    今ではココが渋谷唯一の排骨麺の好きな店。

    いつやってきても気持ちのいい店。
    厨房の中はピカピカで、ステンレスが見事にキラッと磨かれている。
    お店の人たちも和気あいあいと、しかもキチンとひとつひとつの作業をこなす。
    惚れ惚れしながら料理を待った。

    acc875ee.jpegたのんだのはここ一番の名物料理の「排骨坦々麺」というコレ。
    カラっと揚げた豚バラ肉が、坦々スープを浴びつつ湯気を揚げながら、やってくるのが目のゴチソウ。
    坦々麺と言ってもいろんな流儀があって、ここの坦々麺の特徴は赤い色。
    けれど、その色の赤さに反してそれほど辛くないのもまた特徴。
    胡麻やピーナッツの甘み、トロミは最小限でだからサラッとしたスープ。
    縮れをもたぬストレート麺。
    かなり細目で、なのにバサッと歯切れ感ある頑丈な麺。
    細いクセして存在感が抜群の、麺に絡んでおいしいように、ちょっと塩味強めにできたスープがおいしい。
    その濃い味のスープにこれまた負けぬよう、ガツンと味がととのえられた坦々ダレが味に奥行き与えてくれる。
    スープにタレのそのおいしさに、またまた負けてしまわぬように醤油の風味をシッカリつけた豚バラ肉がまたおいしくて、味に味を重ねたおいしさ。
    食べ手のこちらが気を抜くと、負けてしまいそうな元気な味わい。
    フウフウハフハフ、食べていく。
    途中でちょっと酢を足すと、辛味、旨みがササッと引いて不思議なほどに甘く感じる。
    おもしろい。

    bdace500.jpegところでココの排骨の、美味しいコトったらありゃしない。
    クワイの粉と片栗の粉をまぜて作った衣をまとわせ、バリッと揚げる。
    かなり頑丈でがっしりとした衣がスープをユックリ吸い込み、徐々にトロンとなめらかになる。
    まるでジェリーのようなブヨンとした食感が、豚バラ肉にまとわりつくのもまた面白い。
    歯ごたえガシッと逞しい、硬めの肉を薄く叩いてガリッと揚げる。
    それを細ぉく切り分けて、歯ごたえサクサク。
    しかもスープが染み込みやすいようにしている、典型的なる麺のお供の排骨がいい。
    舌が熱々。
    体も熱々。
    けれどお水を途中で飲むのも勿体ないほど、その熱々がたのしくて一気に食べる。
    そしてしばらく、口の隅々、舌を使って撫で回し、味たしかめて、水をゴクッと一気に飲んだ。
    辛味がサッと幕を引き、甘みと香りが最後に残る。
    元気をもらう昼のコト。
    さて、打ち合わせしに移動する。

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    なつかしい!
    はじめまして。uyouyoと申します。

    チャーリーハウスに亜寿加、あまりに懐かしい名前を拝見して思わずコメントしてしまいました。

    学生時代、ちょうど亜寿加が出来たばかりの頃でしたが、どちらのお店もしょっちゅう食べてました。あれから15年。チャーリーハウスはもう無くなってしまったんですね(知りませんでした)。でも亜寿加が健在だと知って嬉しいです。排骨坦々、久々に食べに行ってみようかなあ。
    uyouyoさん / 2010/05/25(Tue) / URL
    渋谷にしては珍しい
    > uyouyoさん
    二軒ともおしゃれ系のお店ばかりが幅を利かせる渋谷という街にあって、とても珍しい店。
    チャーリーハウスがなくなったときには、なんとかしてあの味を引き継ぐことはできないか…、って真剣に考えたほどでした。
    亜寿加さんはとても元気で、まだまだずっとがんばっててくれそう。
    それがとてもうれしく思います。

    はじめまして。
    コメントどうもありがとうございました。
    あたたのしい書き込み、お願いします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/25(Tue) /
    あああ~~~!!!!
    たぶん、ここだと思うんですが、昔アルバイトしていた会社の人に連れてってもらったことがあります!
    まだあったんですねぇ。もう14年前くらい前の話ですからして。
    連れて行ってくれた会社の人もここの一番の名物だ、って言って排骨麺たのんでたなぁ。。
    ここ、そのあとも行ってみたいと思って何度か近くまでは行ってみたんですが、場所をちゃんと覚えていなくてたどりつけていませんのです・・。
    こんどは目を皿のようにして探してみます。
    電マニさん / 2010/05/25(Tue) /
    目立たないですものね
    > 電マニさん
    この店、本当に目立たないんです。
    歩道橋の影に隠れて。
    毎回、行くたびに遠くから見て、あれ?なくなっちゃった…、ってビックリするほど。
    看板も小さく控え目でもありまして、でもこうしてずっと続いていると言うことはそれだけお客様がついているって言うことでしょう。
    是非、渋谷に行かれたら。
    今の季節は冷たい排骨麺や、冷たい坦々麺がおいしいようです!
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/25(Tue) /
    ジャンバラヤ HOME 弁天庵にラヂオ体操
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]