忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    実は今朝、どうにもこうにも食べたいものが頭に浮かんで、それでランチを帝国ホテル。「ラ・ブラスリー」というレストランにくる。



    帝国ホテルの新館の地下。このお店ができたときには、ホテル業界の人たちはビックリしたものでした。
    だって、ブラッスリーと言えば元々ビアホール。お酒を飲みつつ、気軽に食事をたのしむお店を日本を代表する高級老舗ホテルがオープンさせるというチャレンジが注目された。
    タイルを貼った床にベルエポックスタイルのしつらえにと、典型的なブラッスリー仕様のお店の造りも見事で今も色あせてない。



    ただやはりホテルの中のブラッスリーというコトもあり、テーブルクロスにピカピカに磨き上げられたナイフ・フォークがずらりと並ぶ。
    ビアホールというよりも、ほんの少しだけカジュアルなフレンチレストランという感じでしょうか。
    まずはニース風のサラダをもらう。
    サラダ野菜の上に茹でたジャガイモ。ツナにトマトに茹で玉子。いんげん豆にアンチョビと典型的なる姿にウットリ。茹でた素材のすべてがキチッと水気がとられて甘さ、旨さが凝縮されてる。下ごしらえが的確で、素材それぞれの持ち味が混ざり合うのをたのしむサラダ。オキニイリ。



    ところで隣のテーブルにスープのサービス。温めたお皿をまず持ってきて、それに続いてポットの中に入れたスープを装い分ける。
    かつてフランス料理のスープはみんなこうして提供されたものでした。
    ブイヨンのコクのある香りがフワリと漂ってきて、あぁ、スープも食べれば良かったなぁ…、と思いながら、パンにバターをのっけて食べる。

    実は今日。やってきたらば予約でもう満席なんです…、って最初は断られた。サラダとメインだけをテキパキ食べたら帰りますからと、たのみ込んでひと席開けてもらったという事情でそれで、テキパキサラダとこのメイン。



    ウィンナシュニッツェルでございます!
    朝、頭のなかに落ちてきたのがこの料理。どこで食べようと思案して、そうだ、ココにあったはずと思ってやってきたわけです。
    仔牛の肉を薄く伸ばして、パン粉をギッシリ。バターでこんがり揚げたモノ。
    シュニッツェルの上に茹でた玉子の黄身と白身。レモンに茹でたジャガイモ、パスタとみめうるわしく、焦げたパン粉の香りも鮮やか。
    これです、これ。
    あぁ、無理やりお願いしてまでここに座った甲斐があったなぁ…、って感無量。



    まずはレモンをギュッと搾ります。搾りやすいようあらかじめほぐしてくれててしかもタネはひとつ残らず取りのぞかれてる。
    なんたる入念。
    レモンジュースをまとったシュニッツェルは、肉とパン粉が一体となりシットリ、フックラ。脂の旨みが口に広がる。
    肉の旨みを煮詰めて作ったグラスドビヤンをトロンとかけて、口に運べば口一杯が風味豊かな仔牛の旨みに満たされる。
    まもなく本来この席に座るべきお客様がやってくるはず。目的果たし、席を立つ。


    関連ランキング:フレンチ | 日比谷駅内幸町駅銀座駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アンズニレモン HOME トヤマノエキ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]