忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ほぼ一人前の料理を2人で分けて食べ、それで〆を同じ銀座でいたしましょうかと「吉宗」に来る。



    夜は長崎料理のコースがあったりもするお店だけれど、気軽な〆的定食がある。
    昼は近所のサラリーマンの手軽なランチでうなるほどにニギヤカな店。けれど夜はちょっと静かな感じ。
    むしろシットリとした銀座風情は夜の方が濃厚で、得した感じがする感じ。
    お茶にお冷、分厚いタオル生地のおしぼりがやってくるのが贅沢で、これも銀座な感じだよねと思ったりもする。

    目当ての今日の〆がこれ。



    「夫婦蒸し」というここの名物の蒸し物料理が2つ並んでやってくる。
    ひとつは大きな茶碗蒸し。ひとつは蒸し寿司。どちらも同じサイズの茶碗で、蓋してやってくるのです。
    それを迷わずつかみあげ「これは茶碗蒸し、こちらは蒸し寿司」と提供をする。蓋をあけるとその通り。スゴイですね…、っていうと蓋の隙間から出てくる湯気の違いで大概わかるんです。たまに間違っちゃうことも当然ありますけれど…、と。
    今日はどちらも正解でした!



    それにしても「夫婦」と言いつつ、どちらも同じ大きさの茶碗。普通は一方が小さくできてて、それが「妻」。大きい方は「夫」の役目を果たすことになる。
    なのに夫も妻も同じ大きさとは、男女平等。博愛主義。
    なんだか現在風だなぁ…、って思ったりする。オモシロイ。

    蒸し寿司の上にのっかるでんぶと穴子、錦糸玉子。どれも甘めで、しかも酢飯の味付けもしっかり甘い。九州の味だなぁ…、って思ってニッコリ。



    茶碗蒸しは見事になめらか。「す」のひとつも入らず、茶碗の縁をちょっと叩くとプルルと揺れる。
    レンゲですくって舌の上にのせるとたちまちスープになっていく。
    具材はタップリ。かまぼこ、シイタケ、白身魚に鶏のもも肉。お麩にたけのこ。無造作にすくうともれなく何かの具材が乗ってくるよう。
    この定食に汁がついてこないのは、この茶碗蒸しが固体化したスープだからなんだろうなぁ…、って思ったりする。お腹もやさしく満たされる。



    それにしてもこの店の入り口にあるこの貼り紙。
    「トイレを使うためだけに入ってこないで!」って意味なのでしょう。このお店の前に中国人観光客用のバスの止まる場所がある。それでそういう人が沢山、やってくるのでありましょう。
    ただこの入り口。
    螺旋階段で降りた地下。目立たぬ場所にあるからか、多分、そこで用足す人もいるのでしょう。厠の匂いが漂っている。いろいろ大変なんだなぁ…、って、思いもします。大変だ。


    関連ランキング:和食(その他) | 新橋駅銀座駅東銀座駅



    それから銀座の街を歩いて駅に向かった。その途中、松坂屋のかつてあった場所の大きな空き地がちょっと気になる。



    ココに来年、商業施設ができるはず。地上13階、地下2階。商業施設とオフィスが混在するビルになる。
    東京オリンピックをあてにしたビル。
    それ以上に、銀座に集まる中国人の買い物客をあてにしたビルなんだろうけど完成するのは来年の11月のコトなんだそう。
    果たしてそれまで今の爆買いブームは続くのかしら…、ってちょっと心配。来年のコトを言ったら本当に鬼が笑う今でござりますもの。どうだろう。

    ちなみにその松坂屋が再開発のため閉店した日の動画があった。



    松坂屋のテーマソングなんていうのがあるのですね。
    しかも、永六輔さんの作詞、作曲は中村八大さんという往年のヒットメーカー。遠くへ行きたいとか、上を向いて歩こうだとかと作り出したコンビの作品。
    やさしかった、あかるかった、たのしかった、うれしかった、たくさん買ったステキな帰り道。振り向いたら松坂屋♪。
    シンプルすぎます。時代です。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    和食
    こんにちわ。茶碗蒸し、美味しそうですね。
    最近、和食の魅力が世界中にアピールされてますけど、
    この際、日本のお料理本が英訳されて欲しいと思っております。
    ケーブルテレビのイギリス人のシェフ、ジェイミー オリバーさんの番組が
    面白いんですよ。味や素材だけじゃなくて、作り方にもお国柄が出るんですよね。
    サカキさんに、ぜひ英訳をお願いしたいデス。
    masさん / 2015/06/14(Sun) /
    おもてなしの文化を
    > masさん
    日本の料理文化は、料理そのものだけでなくおもてなしのすべてをひっくるめた総合芸術のひとつだと思うのですね。
    なので、おもてなしというコトを英語でなんとか紹介できないか…、なんて思っています。
    サカキシンイチロウさん / 2015/06/14(Sun) /
    新宿高野のフルーツバー HOME 多分最後のよし町の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]