忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    おやつの時間に銀座でおやつ…、有楽町駅前にある交通会館というビルの中、昭和風情の飲食店がギッシリならぶ地下にある「おかめ」っていう甘味処。
    おはぎにぜんざい、今の季節にはかき氷など甘味喫茶に欲しいモノはほとんどもれなく揃っててどれもおいしい…、けれど今日、どうにも食べたかったのがこれ。



    豆かんにソフトクリームを追加したもの。
    あんこは苦手、だからみつ豆やおはぎ、ぜんざいの類は苦手で、けれど、みつ豆に入っているような、塩で味を整えた固茹であずき大好物。
    寒天も好きで、だからその寒天と豆でできてる豆かんは好き…、ココの寒天はスルンとなめらかコリッと硬くて海藻の匂いがフワッとほのかに漂う。
    あずきの塩味と自然な甘みをひきたてさっぱり大人味…、そこに黒蜜、それからやさしい甘みのソフトクリームをのっけて一緒に味わうゴチソウ。



    それからこの店、軽食商品に特徴があっておでん、きしめん、焼きそばっていうのが名物…、しかもおいしい。
    特に焼きそば…、細い蒸し麺にモヤシにキャベツ、豚ひき肉をタップリまぜてソースで炒めた屋台風。ステンレスのお皿に入ってやってくるのも、いたずらに高級感を出さぬ配慮で、だからなおさらおいしく感じる。
    しっとりした麺、焦げた香りがたのしくてモヤシがシャキシャキ。
    ソースの辛みで口をあっため、そこにすかさずソフトクリームと豆かんで甘辛味を代わる代わる味わいたのしむ…、なんだかたのしい土曜のおやつ。


    関連ランキング:甘味処 | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅



    映画をみまして、そのあと家に帰る途中で寿司をつまんだ。
    なんだかお大尽みたいな行動パターン(笑)…、とはいえ気軽なお寿司屋さんで山手線の高架下にある「葵」って言う立ち食いの店。
    奥行き推定1メートルという薄いスペースにカウンター…、だから立って食べるほかない構造で、その分、安くておいしい寿司を食わせる。



    土曜日で魚の仕入れが少なくて…、っていいながらもおいしいところをあれこれ見繕ってくれてテキパキと。
    赤貝、赤身、エビに穴子、イワシやホタテ、ワラサなんかを次々握ってもらって味わう…、しゃりは小さめでお願いをして、腹にたまらぬようにしてオゴチソウサマと1000円ちょっとを払って帰る。
    地下鉄にのり四谷三丁目の駅について地上にでようと階段あがる…、それまで蒸し暑かったのに急に風がでてしかも涼しくなってくる。
    こりゃ雨が降る前兆だよなぁと思っていたら、遠くでゴロゴロ雷がなり急いで帰った自宅のドアを閉めたらザザッと雨になる…、自宅でユックリいたします。


    関連ランキング:寿司 | 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅



    ところで本日みた映画…、モンスターズ・ユニバーシティでありました。
    もっと早く観たかったんだけど、3Dで吹き替えじゃない字幕付きという上映館に上映回があまりに不便で限られていて、それでやっと今日のこと。
    前作のモンスターズ・インクでは子どもたちに混じっておじさん、男泣きしたコトもあり、その前日譚のこれは絶対観ておかなくちゃと滑り込み。



    この続編もいい映画…、男泣きって感じじゃなくてしんみり、いろいろ考えさせられる内容だった。
    夢は叶うモノと思うと儚くて、叶わぬ夢に見切りをつけるコトが大人になることと思うコトもまた切なくて。
    かなわなかった夢が今の自分を作ってる。
    夢を叶えるために大切なコトは自分の個性と才能を見つけてそれを信じることであり、自分の才能と個性をわかってくれる友人を持つことなんだというコトが、おそらくこの作品のテーマなんでしょ…、そうなんだよな、としんみり思う。
    明日は日曜、とは言え午後から少々あれこれ忙しい。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ナポリタンから、かのやコロッケ、羽田まで HOME 青汁にパン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]