忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    物見遊山なお勉強…、話題のスポット「コレド室町2&3」にやってくる。



    かつて日本橋から室町にかけては日本でも有数の商業地…、老舗商店が軒を並べるエリアだった。なのについ最近までその風情といえば三越本店くらいなモノで、オフィスビルが並ぶオフィス街になっちゃっていた。
    同じようにオフィスの街だった三菱村の丸の内が、人を集めるおしゃれな商業地域になったことに危機感抱いた三井さんの一生懸命が伝わる施設になっている。
    シネコン、それから飲食施設をメインの施設で、上層フロアはオフィスフロア。家賃収入のコトを考えれば飲食施設なんて入れたくはないに違いないけど、オフィスビルのイメージや付加価値作りにおしゃれな飲食フロアは必須という時代なのでありましょう…、オモシロイ。



    ランチタイムのちょっと前にやってきたのに、人気の店はスゴい行列。どこのお店もほぼ満席で、ちょうどひとテーブルあいたお店を選んで座る。
    SHIKOKUバル88屋という店で、四国四県の名産品を使った料理を提案している六本木にあるお店のバル版。
    四国生まれのボクがこういうお店を選んだというのも何かの縁でございましょ。



    それにしてもなんでバルなんだろう…、この店だけじゃなくて同じフロアにあるほとんどの店がバルを名乗ってて、スペイン、フランス、イタリア、中華とバル業態があれやこれやと。だから四国料理がバルになってもいいんだろうと思いもするけど、こんなに増えたら早晩、時代遅れになっちゃうんだろうなとも思う。
    まぁ、しょうがない。行くとこまでいかないと先がみえないからしょうがない。

    瀬戸内の鯛をグリルしてバルサミコソースで食べる、瀬戸内料理のバルバージョンを味わいながら、ボクはやっぱり素直な料理が好きって思う。



    徳島の阿波尾鶏で、香川名物の骨付鳥の窯焼きをもして作ったロティセリは、開業直後というコトもあるのでしょう。鯛のグリルをすっかり食べ終わる頃合いでやってくる。てんやわんやの大騒ぎ。
    オリーブを練り込んで作ったというオリーブそうめんがとてもおいしく、なにより上に浮かんだピンク色のモノが、宇和島名産の削りかまぼこというのがウレシク、落ち着いたらばも一度やってきてみようって思ったりした。がんばって!

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新旧甘い日本橋 HOME フレッシュネスのシュリンプバーガー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]