忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を銀座で食べる事になり、なんだか熱々の麺でお体を温めたい。
    8c1ef71a.jpeg…とそう思って「はしご」のダンダン麺にしようかと、最初は思った。
    熱々の「ホット」と辛い「ホット」のダブルホットで、体を芯から温めるコトができるに違いないと、気持ちはスッカリ、そちらに傾く。
    両手をふって元気よく、そこに向かって歩いていたら維新號の店先に「なべそば」の文字を発見、急遽、あっさり趣旨替えします。
    維新號と言えば土鍋で炊いたフカヒレや、伊府麺が名物料理の一つでもある。
    土鍋でグツグツ煮込んだ麺の写真がメニューいに載っていて、思わず食べたくなっちゃった。

    fc8b00a1.jpeg銀座、赤坂、紀尾井町。
    新宿伊勢丹といろんなところにお店があってこの店使うのは初めてのコト。
    他のお店がどこもゴージャス路線なのに、ココはかなり大衆的にて場末感が漂うお店。
    思わず名前だけが同じの同じ別の会社のお店かしら…、って思ってしまうほどで、どうしようかと思ったら、昔、伊勢丹のお店でお世話になってた給仕係の人を発見。
    やっぱりココも維新號(笑)。

    なべそばたのんでやってくる。
    大きな土鍋。
    使い込まれて焦げ色ついて鍋そのものがおいしいそう。
    ドキドキしながら蓋を開けてもらったらスープばかりで具と麺がプカプカ浮かんでいる状態で、ちょっと気持ちが沈んじゃう。
    スープを飲むと、なるほどここのお店の味がします。
    上湯スープにオイスターソースの風味をつけて、ドッシリ濃厚…、口の中がスベスベしてくるゼラチン質も含んでる。
    あぁ、おいしい…、とまずは喉を潤して、麺を食べると、これが残念。
    スベスベ、ツルツル。
    永谷園の鍋で煮込んで食べるラーメンのような食感。
    小麦の香りも旨みもなくて、みるみるうちに伸びていく。
    よき麺ならば熱がシッカリ入っても伸びることなく、歯ごたえ残してやわらかくなる…、それはそれでおいしい麺で、けれどココのはただ伸びる。
    ba2816db.jpegそれにしても具材が少ない…、って、思ってお箸で鍋の中身を取り出してみる。
    案外、そしたら次から次へと具材が見つかるものであります。
    エビにイカ、クワイにニンジン、貝柱。
    スナップえんどう、カリフラワーにブロッコリ、変わったところでは押した豆腐を薄切りにしたのがペロペロ舞い上がってくる。
    干貝柱がほぐれて麺にからんでいたりと、多彩で多様でなかなかゴージャス…、しかもそれらひとつひとつがシッカリきれいに切り込まれている。
    実力はある…、技術もある…、おいしく仕方を知っている。
    なのにもっとおいしくできるはずなのにって思ったりした…、最後にデザートでやってくるライチもクシュッと潰れてて、気持ちもなんだかペッシャンコ(笑)。



    関連ランキング:広東料理 | 新橋駅銀座駅内幸町駅




    気持ちがなかなかおさまらなくて、それでデザートを食べるコトにする。

    860ff5cd.jpegピエールマルコリーニであります。
    週末。
    あるいはおやつ時には行列できてて、なかなか気軽には入れない。
    ランチが終わってすぐ駆けつけた。
    そしたらスンナリ。
    それでも先客、10人ほどでみんなご飯を食べる前に甘いモノというコトなのか…。
    なかなか気合が入っております。

    贅沢パフェを自分に奢る。
    ススッとうつくしいグラスの中に、バニラアイスクリームにチョコアイス。
    チョコのムースにホイップクリーム。
    バナナにチョコと飾り気はなく、けれどみるから華やかなチョコーレートパフェがお待たせしました…、とススッと目の前にやってくる。
    すると途端に周りの温度がちょっと上がったかのように、気持ちがグイッと盛り上がる。
    チョコレートアイスクリームはまるでチョコそのものを食べてるような濃厚にして、苦味ふくよか、最後にキリッと酸味で甘みをひきしめる見事な味わい。
    ムースは甘みをほとんど持たず、ビターでモッタリ。
    バニラアイスクリームと混ぜたり、ホイップクリームと一緒に口に含んだりと食べ方次第で味が変わってくるのがたのしくてそれからバナナ。
    これが見事な熟し具合で、それと一緒にチョコを食べるとなんともステキでゴージャスな大人レシピのチョコバナナ…、そして気づけばグラスの中がスッカリ空っぽ。
    今日のランチのメインはここのこのチョコパフェでした…、それもよし。



    関連ランキング:チョコレート | 銀座駅東銀座駅有楽町駅

     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    鍋焼きバーグ HOME 朝ベルク
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]