忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を銀座でタイ料理…、サイアムセラドンっていうお店に来ます。



    ベルビア館っていう三井不動産が運営している日本橋から銀座にかけての商業ビルの中でも一番認知の低い…、つまり苦戦しているビルの中。
    週末のランチというのに静かであります。
    今年の夏に一度来て、料理のレベルの高さと気持ちのいいお店の雰囲気に感心したのになんだかちょっともったない。
    ランチはメインディッシュを一つ選ぶと、前菜料理やデザートが自由に選べるバフェがついてくるのがうれしい。食べ放題と思うとなんだか切ないけれど、選びたい放題と思うとおしゃれに感じる…、そんなバフェの景色が鮮やか、いい感じ。



    まず前菜。春雨サラダとエビとセロリのサラダ。タイ風のさつま揚げに蒸し野菜。
    エビとセロリのサラダの中に細かく刻んだ青唐辛子が混じってて、噛むとボスンと小さな爆弾が口の中で爆発するような辛さを感じる。
    それが痛快。たまらないねと言いながら、それでも箸が止まらない。
    それからサニーレタスの葉っぱで薬味を包んで食べるという提案。
    チェンマイ地方ではこういう食べ方をするんだそうで、包む薬味は干し海老、ナッツ、刻んだネギや揚げた玉ねぎ。それに皮ごと刻んだライムなどなど。スイートチリのソースと一緒に食べると、口の中でいろんな食感が混じり合い、生の野菜を食べてるように思えぬ食感。
    ナッツが潰れて旨味や香りを吐き出してのがとてもたのしく、オモシロイ。



    野菜やサラダばかりじゃなくて、スープやカレー、ジャスミンライスなども置かれているのがとてもウレシい。
    ココナツミルクとチキンのカレーを試してみると、甘くてポッテリ。辛い料理に疲れた舌がホッとしてくる。パラパラとしたジャスミンライスと一緒になってメインを食べるお腹が迎える準備ができる。

    とっころでバフェの片隅に「生姜茶」っていうのが置かれてて、お茶と言ってもぬるま湯に干して潰した生姜を入れて、ほんの少しのハチミツくわえただけのモノ。
    これがやさしい味わいで、しかも飲むと口の辛味がスッと引く。

    そしてボクが選んだメインディッシュ…、チェンマイ風のガパオライス。



    日本で一般的なガパオライスといえば鶏か豚の挽肉をバジルと一緒に炒めたものをジャスミンライスに添わせて、目玉焼きを乗せたもの。
    ところがこれはローストした鶏モモ肉のぶつ切りをひき肉の代わりに使い、揚げたバジルとゆで卵。
    チキンスープで煮込んだジャスミンライス自体に味がついてて、ローストチキンは皮がパリッと仕上がっていてニュクマム風味でネットリ、うまい。
    食材はほとんど同じ。なのにその食材の形、姿と調理法が異なるだけでこれだけ料理の印象が異なるなんて、料理の世界はすごく楽しい、オモシロイ。



    一緒にテーブルを囲んだ友人がたのんだメインは、いわゆる普通のガパオライスとパッタイでみんなで分けてたのしく食べる。
    自分のお皿にみんなの料理をちょとづつ…、盛り合わせにして味が混じり合うのを楽しんだりもするのだけれど、そういう食べ方をしていると料理において調味料ってとても大切なものなんだろうと実感できる。
    このお店、スパイス、薬味に至るまで限りなく本場の本物を使っているから、いろんな料理の味が混じり合っても決して不快に感じない。
    どれもの味の基本が同じ…、素敵だなぁって思ったりする。
    タピオカミルクにマンゴーゼリーを浮かべて食べて、昼のお腹に蓋をする。


    関連ランキング:タイ料理 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    オステリア・ナカムラにて肉祭りの夜 HOME 今年最後の土曜日の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]