忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中を湘南地方で仕事をし、それも一段落してランチの頃合い…、藤沢駅でなつかしの店に寄ってみましょうと途中下車。
    fb54444d.jpeg古久家っていう店。
    駅前の古い商業ビルの地下…、八百屋さんや乾物屋さん、タバコ屋さんと「屋」のつくお店がズラッと並ぶ昭和な売り場の奥の奥。
    お店の前には餃子や焼売の売店があり、ショーケースの中には商品サンプルがキレイに並ぶ入口部分にレジがありそこで食券を買ってテーブルにつくシステム。
    実はこの店、ボクが高校生のときによく来たお店で当時とまるで変わらぬ雰囲気、商品、流儀にニッコリ、なつかしくってウレシクなります。

    751b73af.jpegたのんだのは「五目焼きそば」。
    学生の頃よく食べたのがここの「普通の」焼きそば。
    細い蒸し麺。
    あまり縮れのない中華麺をタップリの油で揚げるように焼き上げ、そこに野菜のあんかけをタップリかけた、いわゆるあんかけ焼きそばで、安くて旨い。
    量もタップリ。
    だから若い胃袋には有りがたかった。

    その普通の焼きそばに、タップリ具材をのっけたモノが五目焼きそば。
    あんかけの中に具材が紛れているのじゃなくて、乗っかっているというとこが贅沢にしてウレシイところで、しかも海老天、茹でたイカにチャーシュー、しいたけ、茹で卵。
    確かに「五目」でけれどそれらひとつひとつが別々に、シッカリ調理されてのっかる…、具材じゃなくて「料理」があんかけ焼きそばに寄り添っているという姿、形がなにより豪勢。
    学生の頃はコレには手が出なかったのでありまして、大人の贅沢。
    味わった。
    サクッと歯ぎれるえび天ぷらの衣がおいしい。
    フックラとしたフリッタ風で、プチュンとエビの食感ひきたて味わい深い。
    クニュクニュとしたイカの食感、ムッチリとした茹で玉子、赤く焼かれた香港風のチャーシューが甘くて旨くてゴチソウ感を盛り上げる。
    28895f16.jpegそれにしてもココの麺…、歯ごたえたのしく麺がみずみずしさをなくさぬそのギリギリまで熱をくわえて仕上げた食感、口の中でバサバサちらかりにぎやかでよい。
    そこにトロンとからまるあんが、甘くてしかも野菜たっぷり。
    シャキシャキとした白菜の炒め具合もほどよく、野菜を食べてる感じにウレシクなってくる、昔ながらの味わい、たのしい。
    途中下車した甲斐が十分あったよねって思ってニコリと、お腹も喜ぶ。

    9d67a97a.jpegしかもウレシイところがあんかけ。
    麺がそろそろ終わりになっても、タップリ残ってくれるとこ。
    ご飯が残ってしまうカレーライス。
    ソースが足りなくなってしまうミートソーススパゲティー。
    それと同じく、麺が残ってしまうあんかけ焼きそばは悲しくってしょうがない。
    だからここの焼きそばは、とても上出来、安心できる。

    一緒にエビワンタンをたのんで食す。
    スープの代わり。
    黄色味がかった薄皮にくるまれてなお、エビの淡いピンクの色が透けて見えるほどに中身がギッシリ、皮がプルプルしてる。
    醤油風味のラーメンスープ。
    スキッと油は最小限で、鶏がらスープの香りがほんのりあとをひく昔ながらの中華そば的スープと一緒にワンタン含むと、口の中をスルンと滑って、プルンと弾ける。
    胡椒をパラッとふりかけて、お酢をちょっと足しつつ味を最後に変えて、昼のお腹をスッキリ満たす、また来よう。



    関連ランキング:ラーメン | 藤沢駅石上駅

     

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    初めまして
    もう、懐かしすぎて涙が出ます。2歳から12歳まで藤沢で育ちましたが(正確には最初は藤沢、最後は片瀬山)、このお店は今でも母とよく話すお店です。もう40年以上前ですがねえ。子供心にまだ味は覚えてます。いやあ、懐かしい!まだあるんですね。
    スブタさん / 2012/06/04(Mon) / URL
    かわらずそのまま
    > スブタさん
    当時とかわらずそのまま。
    お店や商品だけでなく、働いている人の中にも当時からずっと働いてる方もいらっしゃいます。
    頭がさがりますね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/04(Mon) /
    コクヤ!
    こんにちわ
    とある大好きなHPより、サカキさんのブログにたどり着きはや2週間。わくわく、どきどき、じんわり・・食に携わる仕事の心と羽を休め暖めています。そしたら・・なんとコクヤ!恐れ多くもキーをたたいています。
    そうなんです。戦後生まれの親の青春時代から、就職先の恩師のような上司から・・さまざまな糸を結んでくれていたお店。まさに外食という楽しみが身近で心に残るということを証明しているような思いがします。
    「やきそば」か「中華そば」か」いつも瀬戸際の思いを抱えながらやっぱり「今日はどっちの五目かなぁ」が定番の悩みです・・「お酢は最後に入れよう、芥子はちょっとづつ乗せながら食べよう」とか注文前から考えてしまうことろもどきどきします。というか今心中を吐露しているだけでドキドキ!!
    それぞれにしかない思い出や想いをつなげている飲食店、バンザーィ!!
    keiさん / 2012/10/08(Mon) /
    かわらないこと
    > keiさん
    お店も家具も、そして料理も変わらないこと。
    なんてスゴいことなんだろうと思いますね。
    お店の人たちが変わらない努力をしただけじゃなく、藤沢という街の人達が、かわらなくていいよといってくれた、その結果、こんなステキなお店が残ったのだと思います。

    ステキなコメントありがとうございます。
    湘南地方はボクの第二のふるさと。
    同じ場所を大切と思うお友達として、これからもよろしくお願いいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/10/08(Mon) /
    ヒカリエノヨル HOME 早起き木曜、朝のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]