忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    日本的に朝。

    22.jpg田舎から届いた荷物の中にあった焼いた塩鮭。
    食べやすいように皮や骨から外してほぐして、フライパンで日本酒かけつつフックラさせる。
    ネボケ眼で骨で喉を痛めぬように…。
    京都の旅館の朝ご飯なんかでは、煮魚、焼き魚をあらかじめほぐして出してくれるコトがある。
    それを真似、身だけをせせって。
    もともと魚の皮は苦手で残してしまう、だからこうした趣向もまたありがたい。
    それに海苔をクルンと巻き込んだ、ズッシリ重たい玉子焼き。
    甘味、塩味、旨み、どれがも強烈…、キッパリとした作った人の性格を味わうようななつかしさ。

    豆腐とほうれん草で味噌汁作る。
    カツオのお出汁。
    四国の甘い麦味噌で、味ととのえた田舎味。
    竹輪をいれてクツッと煮込むとそこから旨みがまたにじみ出る。
    スベスベとした絹ごし豆腐が喉にピトッと貼り付いて、アッチッチって目が覚める。
    炊き立てご飯と漬け物、それから梅干し一個。
    玉子があって魚があって、これ以上、わがままいったら叱られる日本な朝がやってきた。

    ところでちょっとたのしい動画。
    マンチェスター空港のロビーに出現したKLMエアラインの新しいエコノミークラスを告知するためのサプライズ。



    宙に浮いてくつろぐ男性。
    一体、これどうやってるんだろう…、ってとっても不思議。
    みんながバチバチ、カメラを向けて写真を撮っているのもうなずけます。
    今の時代の広告って、こうして「ブログにアップし易い」あるいは「twitterでつぶやき易い」工夫をしなくちゃいけないんだろうなぁ…、って思っちゃいます。
    見事です。

    それにしてもこの新しいエコノミークラス
    klm.jpgEconomy Comfortってサービスのようなのだけど、ホームページが本当にとても良くできている。
    まず基本的にはシートが新しく改良されたというコトで、例えば「足下が広い」であったり「リクライニングの角度が深い」であったり、ただその部分だけをみると他のエアラインも躍起になって実現しようとしているコト。
    大抵ならばホームページのメインにシートのデザイン写真と、スペックをわかりやすいように図解したりするのだろうけど、このページでは一切シートの画像がない。
    かわりに宙を浮くようにくつろぐ人の写真ばかりで、つまり先の動画の世界。
    確かに良いシートや椅子はその存在を忘れてしまえるモノに尽きると思えばこれは理にかなってる。
    しかも予約ページに行くと「足を伸ばせる席」であったり「二人で並んで座れる席」が選べるようになっている。
    「コンフォート(くつろぎ)」というサービスを彼らは導入したのであって、シートはそのサービスの一部分でしかないんだよ…、って。
    このエアラインのこのクラスに搭り旅に出たい…、って思ったりした。
    オキニイリ。

    ところでKLMオランダ航空と言えば昔、テレビ番組のスポンサーを良くしていたって記憶があります。
    例えば「オールスター家族対抗歌合戦」。
    海外旅行が一生一度のご褒美だった時代の思い出、なつかしい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    宙に座るのを見て
    姫川亜弓さんを思い出してしまった私は40歳です(笑)
    キザキさん / 2010/03/22(Mon) /
    仮面
    > キザキさん
    ガラスの仮面ではなんでもありでしたからなぁ…。
    これ、紅天女のオーディション風景だったら大笑いです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/22(Mon) /
    一番
    どんなに高いお金を支払い
    どんなに高級な食材を使っても
    母親が作る料理には敵いません
    又、母親の作る料理は、故郷の料理
    旨いですよね・・・
    懐かしくいろんな思い出が
    蘇る料理
    そんな料理が作る事ができて
    人に成りたい。
    問題児(岩手)さん / 2010/03/22(Mon) /
    思い出に残る料理
    > 問題児(岩手)さん
    新しければいいってものじゃない。
    古ければいいってものでもない。
    人の記憶に残るような食べ物。
    そんな料理を作ることが出来るひとはステキだなぁ…、って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/22(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    てんやわんやの昼、のんびりの夜 HOME 大食い女王にコシ抜かす夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]