忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    名古屋に来たらこの店に…、と名古屋駅裏にあるエスカって地下街にある「山本屋本店」にてズルリとうどん。

    ここほど高いうどん屋さんが他にあるんだろうか?っていつも考えてみるんだけれどなかなかそれが思い浮かばない。
    例えば天ぷらの専門店もビックリするような上等な天ぷらをサイドにそえて、何千円もの値段をとるうどん屋さんはありはする。
    洗面器みたいな大きな器でこれみよがしに提供し、おどろくほどの値段をふっかける店もある。
    けれどココ…、大きくもないし天ぷら値段で売ってるわけでもないのに高い。



    この店にしかない工夫をいろいろしていて、それで高さも気にならなくなる。
    例えば注文するとまずやってくる野菜の数々…、レッドオニオンに浅漬白菜、それにきゅうりの漬物がくる。
    どれもみずみずしくて中でも玉ねぎの甘さとシャキシャキした食感のウットリすること…、いつやってきて食べても同じで感心します。
    しかもこれがお代わり自由。
    ちょっと少なくなるとお店の人が近づいてきて、お代わりいかがですか?と聞いてくれるのですね。
    白出汁かけて食べ始めるとあっという間に器は空っぽ…、玉ねぎをメインにお代わり下さいなとたのんでシャクシャク、血をサラサラとさせて待つ。



    待ってやってくるのが小さな土鍋。蓋をしたまま「どうぞ」と置かれ、その蓋の隙間からブクブク、スープが沸き立つさまが見て取れる。
    味噌の香りがフワッとただよい、お腹をならす。
    土鍋の蓋に穴が空いていないのが味噌煮込みうどんの流儀のひとつで、麺やスープや具材を適宜、蓋に移してさましつつ食べるというのが作法でもある。
    鍋の蓋だからほのかに温かく、麺を冷やしすぎずにほどよく冷やし、しかも汁が飛び散らないので理にかなった食べ方なんでしょう。
    一味をパラリとかけて味わう。
    基本の具材はネギに油揚げ、かまぼこで黒豚追加で贅沢に。



    麺が独特…、太くてよじれて硬くて旨い。
    芯があって硬いのでなく麺全体がまんべんなく硬い麺で、表面なめらか、噛めば噛むほど小麦の旨味が滲みだす。
    ボクが30代の初めのころに名古屋のとある大手企業が、アメリカのパスタチェーンを日本に連れてこようという計画持ってて、その担当をしたことがある。
    商品開発のスタッフが来て、彼らがアルデンテのコトをとうとうと語ってそれが煩わしくて、この味噌煮込みうどんを試しに食べてもらったら、頭を抱えて「こんな麺は知らなかったし作れない」って日本の麺の文化の深さにビックリ。
    結局、その会社との提携は流れてしまったコトがある。



    たしかにこんな麺は他にないかもしれない。
    麺をもぐもぐ、具材をパクパク、そしてスープをグビリと飲んで、体の中に味噌の滋養が行き渡る力強さをじんわり感じる。
    生玉子を一個おとして煮上げる…、ただ普通は出来上がる寸前に玉子を落として蓋して蒸らす。だから半熟状態でやってくるんだけど、早めに玉子を落として煮込んでくださいなってお願いすると白身はチリッとキレイに煮上がり、黄身はしっとり硬め半熟状態になる。
    黄身の芯までみそ味になり、ご飯の上に乗っけて食べるとなんたるおいしさ。
    黒豚の肉もプルプル、味噌の力でおいしくなって、麺をすべて食べ終えて鍋に残った味噌の汁…、それをご飯にかけまわしザブザブ食べるとお腹も満ちる。



    さすがに汗をダラダラかいていたらサービス係のおばさまが、冷たいおしぼりをどうぞと手渡す。
    それと同時に、前掛けのポケットの中に収めてたカードのようなものをテーブルの上にならべつつ、「もしよろしければ冷たいデザートもございますが」と、それだけ言ってそっとテーブルを離れてく。
    正真正銘「もしよろしければ」ってこのさりげなさ。
    いいなぁ…、とっても気がきいている。
    とは言えさすがに先を急ぐし、もしかしたらば夜に試食をすることになってしまうかもしれず、それで何もたのまずお店を後にしました…、また来よう。


    関連ランキング:うどん | 名古屋駅近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    あ~もおぉ・・
    先日名古屋駅で必死に探したのですが、山本屋さん見つからなかったんです・・なぜだろう。
    しかし、こちらは本当に魅力的ですね、文章とお写真から美味しさとお店の感じが伝わってきてたまりません(笑)
    次回は時間をたっぷりとってちゃんと見つけたいわぁ。
    ももせさん / 2013/08/10(Sat) /
    地下街ですよ!
    > ももせさん
    名古屋駅の新幹線ホーム側にある地下街の中。
    エスカを目指せば必ずみつかりますよ。
    近所にはきしめんの吉田さんや、コメダ珈琲もあって名古屋っぽいお店がずらりと並んでいるので、地下街のお店の人に聞けば必ずみつかるはずです。
    サカキシンイチロウさん / 2013/08/10(Sat) /
    あれやこれ HOME ペリエな泡
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]