忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    富山で朝。
    dmi.jpg昨夜、富山での宿泊先に選んだのが「ドーミーイン」って言うホテル。
    業界的に「宿泊特化型」のホテルと呼ばれる業態で、その世界では老舗のひとつ。
    宴会場や飲食施設をほとんどもたず、その分、部屋を充実させる。
    街のためのホテルじゃなくて、旅人のためのホテルと割り切り、いろんな工夫がなされてる。
    部屋にはバスタブをおかず、かわりに大浴場を充実させる。
    朝食だけにはこだわるという、こうしたホテルの標準形を作ったのがココ…、っていわれもします。

    bae05242.jpegカプセルホテルとビジネスホテル、それに旅館のいいとこどり。
    ビジネスマンにはありがたい、流行って当然と思ったりする。
    朝食用のレストランの入り口部分にバフェカウンター。
    中には羽釜がおいてあって、そこでご飯がたけている。

    さすがに評判になるだけのことはある、ココの朝食の見事なるコト。
    鮭や鯖、大根と豆腐の煮付けと料理様々。
    なによりとてもうれしいのが汁の種類が豊富なところ。
    普通の味噌汁。
    それに豚汁。
    それからカニの汁まであって、やっぱり人気はそのカニの汁。
    ズワイの足が沢山入った、カニの風味がドッシリとしたすまし汁。
    さすがにカニの脚の中には身はそんなには詰まってないけど、カニが姿を見るだけで気持ちがなんだか豊かになる。

    706ea194.jpeg富山ならではの料理が準備されているのもうれしいところ。
    鱒の押しずし。
    ほんの一口分づつが鉢に入ってて用意されてる。
    鱒の風味と酢飯が朝のお腹をめざませる。
    昆布じめという調理方法が大好きな、富山ならではの昆布巻きカマボコ。
    トロンと粘り気持ったうま味がカマボコの味を濃くした上に、切ったカマボコの間にスライスキュウリを挟み、そのシャキシャキが昆布のネットリを引き立てる。

    朝食って、「コックさんが作った料理」を食べるより、「お母さんが作った料理」を食べたいなぁ…、って思うコトがある。
    特に地方に行ったとき。
    昨夜の仕事が充実してて、なんだか気持ちが晴れやかなとき。
    スクランブルエッグよりも炒り卵。
    オムレツよりも玉子焼き。
    地方の家庭料理や旬の食材が、揃っていると朝がとっても明るく感じる。
    ホテルのバフェがよそよそしいのは、コックさんが作った料理ばかりがあるから。
    しかも当のコックさんたちが多分、片手間で作ってるんだろう…、って感じのココロがこもっていない料理ばかりが目立ったりする。

    ここの料理はその意味で、ほどよく家庭的でいい。
    ほどよくご当地的でもあって、朝食を基準にホテルを選ぶなら、ココは立派な選択肢。
    中途半端なシティーホテルの見かけの贅沢じゃない贅沢が、あるのがステキ。

    b6fa579b.jpegなによりやっぱり、ご飯が旨い。
    炊きたてご飯はオコゲがタップリ。
    実は、無理やり作ったバリバリとしたオコゲは嫌い。
    舌をさすような硬い食感。
    歯に貼りつくとネトネト願って、収拾つかなくなるのが厄介。
    けれど羽釜で炊いたご飯に自然についた、シットリとしたオコゲは旨い。
    オコゲそのものが旨いというより、焦げたご飯の香りがついて、ご飯自体をおいしくさせる。
    思わずおかわり、おねだりしちゃう。
    レストランの中には館内着の作務衣をまとって食事に来る人も結構い、旅館気分を盛りたてる。
    旅館にとまるとなぜだか朝から大食いになる。
    そんな気分に襲われる。
    冷たいお水、それからミルク。
    みずみずしさを体に注入、今日一日の元気をもらった、オキニイリ。

    airline.jpgところで昨日。
    以前の会社の同僚で、今は岩手県に住んでる人から連絡がある。
    Twitterで安全確認はできてはいた。
    けれど実際電話の向こうの、元気な声と明るい気配にホッとしました。

    大変だ…、ってやっぱり言います。
    電気は戻った。
    けれど食べるものが徐々に少なくなり始め、なにより余震がいつ終わるのかわからない。
    生きてるだけでありがたい。
    …、とそう思いたくはあるけどやっぱり、いつから普通の生活に戻れるのかって考えるだけで辛くなる。
    辛くなるから、今がたのしいと小さなコトに感動し、小さなコトを大切にする。
    そうして生きているんです。
    日本が元気になったらばまた、会いに行きます…ってそんな声。

    昨日、飛行機の中から眺めた日本の空。
    下には分厚い雲があり、かなりの揺れを経験しました。
    地面が揺れているだけでなく、地面の上の空気までもが揺れているのか…。
    そう思いつつ、けれど一旦、雲を抜けたら青い空。
    ほぼ快適なフライトだった。
    日本も多分、そんな感覚…、明るく元気に前向いて!
    さて東京にもどります…、もどってそうそう、地震がらみの打ち合わせ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    金沢にも
    駅前のフォーラスの裏にドーミーインがあって飲み会の夜は定宿にしています。
    そんなに立派じゃなくてもじぶ煮があったり、金沢らしいあさごはんをたべていただこうっていう姿勢は大好きです。
    でも、日曜の朝は混みすぎて戦争状態なんですけどね(笑)
    地震でこちらでも給油規制がはじまるというホントかデマかわからない話が広まっていますが、変にちじこまらず、賢い消費者にならねば、ですね
    あっくんさん / 2011/03/15(Tue) /
    デマ
    > あっくんさん
    こんな時に、デマを流して喜ぶような人。
    なんてココロが貧しいんだろうって思います。
    惑わされず、自分の目とココロで正しいコトをしていきたいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/15(Tue) /
    豪遊
    相方が半ば本気でコドモと二人しばらく関西方面で豪遊(避難)してきたらどうかと申します。
    関西方面にご実家のある方はそうされてる方も多いようで。
    それでは閑散としている東京にお金を落とすことになりませんが、
    もし豪遊することになったら、相方のために勤務先そばの帝国ホテルを予約しようかと思います。
    あーたさん / 2011/03/16(Wed) /
    豪遊
    > あーたさん
    豪遊…、言葉の響きからして明るくステキなアクションですね。
    日本のお金は日本をグルグル回ります。
    だから関西でお金を落とすこともまた良し!…、そう思いましょう。
    東京がヒステリックな街にならぬようにと願うばかり。
    ちょっと遠くから東京を見つめてみるのもいいかもしれないなぁ…、ってボクも思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/16(Wed) /
    無題
    みなさんの言われることは本当によくわかる。日常を保ちましょう、経済を建て直しましょう。その通り。でもやっぱりまだこんな風に発信するのはまだ早い。たとえうちわでの冗談でも、関西に避難して帝國ホテルで豪勇、理解出来ない。回収されていない遺体が数千とあるのに....
    かなさん / 2011/03/17(Thu) /
    個人的な発言に対するコト
    > かなさん
    ワタクシのとても私的な発言に対して、同じくあくまで私的な返事をしていただいているみなさん。
    こうして明るいコメントをするコトで、ご自身の不安な気持ちを払拭されているのだろうとボクは思います。
    ここに来れば、同じような考えの人たちに出会える。
    そう思ってちょっと気持ちを緩めてらっしゃる。
    それはそれでいいことではないかと思います。
    マスコミとは違った小さなコミュニティー。
    不快な思いをされるのであれば、しばらくこのブログがあることをお忘れになるコトも、またよろしかろうと存じます。
    またこのブログのコメントはなるべく、サカキシンイチロウ自身の考え方に対してのご意見、ご感想にしていただけると助かります。
    貴重なご意見、どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/17(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    民芸的なる志な乃の蕎麦 HOME 富山にて
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]