忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    大阪まで来て日帰りの今日…、新大阪で新幹線の出発時間までをつぶした。

    yamamoto.jpg改装中で、そこらじゅうが未だ工事中な新幹線の改札口の内側で、一ヶ所、妙に明るくてお店の前に人だかりがある場所がある。
    手前にラーメン屋ばかりが入った飲食スペース、それからスタバ。
    どちらもそこそこ人を集めていはするけれどそこの場所だけ一際にぎやか。
    一生懸命客引きをする威勢のいい声が聞こえてきます。
    人ごみかき分け、中を覗くとフードコートのような施設を発見します。

    名前は「大阪のれんめぐり」。
    聞けば昨日、29日に開店したて。
    現地じゃかなりの鳴り物入りで、ニュースなんかでも取り上げられていたという。
    こりゃ、覗かなくちゃ…、と。
    全部で5軒。
    どれもが大阪を代表するB級グルメのお店ばかりを集めてるという。
    新世界にある元祖串かつの「だるま」。
    道頓堀ではみ出さんがほど豪快にタコをぶち込んだたこ焼きで、有名になった「くくる」であったり、あるいは同じ道頓堀で大阪うどんをずっと提供しつづけている「今井」が軒を並べてる。
    それらはどれも衆目認める大阪代表。
    けれど、テナント揃えに苦労したのでありましょうか?
    お笑い芸人、たむけんが経営している焼肉たむらの肉を使ったカレー屋さんという、かなり苦肉の策的店が入っているのには苦笑をしたけど、気になるお店が一軒あった。

    yamamotonegiyaki.jpg十三にあるねぎ焼きの店。
    「やまもと」ってとこが店を出してた。
    お店の看板、ロゴデザインも十三にある店そのもので、ときはまさにおやつ時。
    ちょっと試してみましょうかと、注文をしてちょっと待つ。
    注文をするカウンターから間近に見える鉄板厨房。
    その厨房の前には客席。
    ただ10席もなくて全部埋まって、5店が共有しているテーブルで立って食べますと…。
    客席に座って食べるねぎ焼きは丸い鉄板の上にのっけてやってくる。
    けれど残念。
    立ち食いコーナーに鉄板というのは重く、危険だからでしょうね…、紙のお皿にやってくる。

    コンビニなんかでお好み焼きを入れて売ってるみたいなお皿。
    しかもそれにプラスティックの蓋をする。
    テイクアウト用に用意をしているのでありましょう。
    とはいえココで食べるというのに、ワザワザ蓋をして渡す。
    大阪の人と思えぬ無駄に、勿体ないと思わず声を上げたくなっちゃう。
    蓋を取り、お皿の上のねぎ焼きを見る。
    なんだか悪い予感がします。
    ペタッとしていて、蒸されたようなチリチリとしたドレイプが生地一面をおおってる。
    電子レンジでチンしたみたいな、哀れな姿。

    9f0adf26.jpg食べるとそんな味がします。
    トロトロになるまで煮込んだ牛すじやクニュクニュ食感たのしいコンニャク。
    具材は本店そのままで、なのに味や食感、まるで別物でした。
    作ってるとこをみてたらそんな予感もしました。
    短時間で仕上げるために、一度焼いた作りおき。
    それを鉄板の上にのせ温めるだけ。
    覆いのカバーで蓋して蒸らし、最後に醤油のタレを刷毛で塗ってどうぞと出すやり方で、これならむしろ電子レンジに入れた方がおいしく仕上がるのじゃないの?って、思ってしまう。
    ネギの色は鮮やかだけど、ネギの食感、風味に味がまるでしないのが、かなしすぎ。

    これで大阪のねぎ焼きの味をはじめて知る人が、かなりの数、いるのだろうなと思うとこれは逆効果。
    出来て二日目…、だから慣れないところもあったのかもネ。
    もしかしたらば、そうした調理手順じゃなかったのかもしれないなぁ…、と思いもするけど、出来て二日でこれじゃダメじゃんって、思ったりもする。
    隣の人が食べてた今井のうどんがおいしげで、それにしとけばよかったと後悔しきり…、また来よう。

    動画を一枚貼っておきます…、ココの施設の紹介ビデオ、かなり力が入っております。




    大阪っていい物たくさんもっていて、特にアイディア、瞬発力はスゴイのだけど、歯を食いしばり仕組みにしたり、ビジネスレベルにするのがちょっと苦手なのでしょうか?
    それとも他の地方の人たちは、結局大阪の良さがわからぬ人だから、力を抜いてもいいんだよ…、と、それでこうした施設ができたとしたらば哀しい。
    アピール上手を自慢するより、商売上手…、それが本当の大阪商人と思っていたい、それが今日。

    あまりに後口悪くって、それでスタバに顔を出す。

    osakastaba.jpg今まで駅ビルや、駅前なんかにスタバのお店は次々できた。
    移動と移動の隙間の時間。
    何もなければ無駄になる。
    半端な時間を、スタバにくればムダと思わずたのしめる。
    だから本来、駅の中こそスタバがあるのにふさわしい場所。
    特に長距離移動の電車が集まる場所で、日本の今なら新幹線のホームの近くがスタバの場所として居心地いい。

    黒い意匠と天然木を使ったここ最近のスタバの標準。
    都会的なのか、カントリー風なのか。
    昔風なのか、未来的なのかわからぬ不思議なテイストの、店の造りのこのお店。
    来るとなんだかホッとする。
    電車の時間が待ってるから、今日は作ってもらったソイラテを手にしてそのままホームに上がった。
    いたのはたった3分ほど。
    なのに体の中にスタバの空気がたっぷり充填されて、なんだか気持ちが贅沢になる。
    不思議だなぁ…、この感じ。
    別にスタバのコーヒーが特別おいしいと思いもしない。
    サービスだって今となってはもう当たり前…、けれど空気が特別でなぜだかくると落ち着く感じは他に得難い、オゴチソウ。
    ちなみに上に貼った画像は、どこまで画像を荒くしてそれでもスタバとわかる限界をたしかめたくて加工したのだけど、どれだけやってもスタバはスタバ。
    それまたちょっと不思議でたのしい、オモシロイ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    確かにここまで加工してもスタバだってわかるというのは逆に新鮮ですね。昨日、駅前のスタバでドリンクを作りながらお客さんとしっかりコミュニケーションをされているパートナーさんがいて、だからスタバは嫌いになれないんだと改めて思いました。
    あっくんさん / 2011/10/01(Sat) /
    当たり外れ
    > あっくんさん
    お店の数が多くなって、当たり外れが出るようになった。
    でも、ハズレばかりじゃないのですよね。
    あたりはしかもかなりの当たりで、だからいろんなお店を使うたのしみがある。
    そう思ったら、スゴイチェーンだと思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/01(Sat) /
    巨大アヒルいてます。
    来月末に、法事で広島まで新幹線で行くのが決定したので、時間があれば「大阪のれんめぐり」行ってみたいですね。

    さて。現在大阪は空前(笑)の「アヒルちゃん」ブームです!
    今日から一週間ほど、市内の「中之島バラ園」にて巨大アヒルちゃんが水面にぷっかりと浮かんでいます。USTREAMで実況中継までやっているという(笑)

    http://www.ustream.tv/channel/rubberduckosaka-dec-2010

    今年で3回目、すっかり定番!?化してきているんでしょうか!?
    りりこりあさん / 2011/10/22(Sat) /
    あひるちゃん
    > りりこりあさん
    巨大アヒルちゃん。
    数年前にたしか話題になったものですよね。
    今年も出現しているとは…。
    大阪って何を食べても不思議な程においしい街。
    特に大衆的で毎日食べてもあきぬモノを作らせたらば大阪の人は世界一。
    そう思っています。
    よい大阪食い倒れの旅ができますように!
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/22(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    チェーンな居酒屋、白木屋の夜 HOME 大阪駅の上のあれこれ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]