忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    高松の中心街。長い商店街が背骨のように連なって、地方都市にしてはその商店街がにぎわっている。



    古いアーケード街のところどころが壊されて、ショッピングモールの吹き抜け空間のような大空間が作られている。その空間のところにはユナイテッドアローズだったりルイヴィトンだったり、まるで東京みたいな景色になってて、チェーンストアの飲食店がお店を出していたりする。
    商店街が生き残るために、あえてライバルのショッピングモールのような部分を飲み込み集客の起爆剤にする。



    悪くないかもしれないなぁ…、と思いながらも、ところどころがラスベガスとかカリフォルニアのモールのように見えたりもして、地域性ってどうなるんだろうと思いもします。まぁ、しょうがない。
    個人的にはところどころに残った昔の古い建物。鰹節屋さんのようなお店が生き生き商売しているところに感心しました。おいしい匂いが漂ってくる…、地方のステキを感じます。

    それからうどんを食べていこうと、「うどん棒」というお店。



    何軒か支店があって、讃岐の普通のうどん屋さん。観光客がワザワザ来るようなお店じゃなくて、その分、のんびり。とてもおだやか。
    商店街のちょっと外れで、目立たぬ立地。
    昔、ボクの両親がやっていたうなぎのお店もこういう場所にありました。店の前から商店街の方を眺めたその景色。なんだかスゴくなつかしい。



    お店に入るとおでんの鍋がまずあって、そこでまずはおでんをとる。
    牛すじ、玉子に平天もらう。
    お皿の縁にのせた黄色い物体は、芥子じゃなくて辛子味噌。練った芥子と白味噌をあえて作ったおでん用の調味料。お店によっては生姜風味の赤味噌で食べるところもあったして、ドッシリとした出汁でコトコト煮こまれて、おでん自体にも味がしっかり入っているのに、そこにタップリ、味噌をのっける。
    それを食べつつ、ユッタリ、うどんを待つ趣向。



    肉うどんをたのんで食べる。ココの肉うどんはちょっと独特。小松菜にネギ、玉ねぎにお麩をうどんの出汁でコトコト煮込み、甘辛煮込みの牛肉と一緒にうどんの上にのっける。
    具だくさんで、いろんな素材の味が出汁に溶け込んでいる。
    うどんは細め。四角い断面の手打ち麺で、よく煮込まれてやわらか目。スルンと口の中に飛び込み、トゥルンと喉に向かってく。昔、田舎で食べていたうどんもこんなやわらかうどん。冷たいうどんはあまり食べる習慣がなかったよなぁ…、って思ったりした。なつかしい。


    関連ランキング:うどん | 瓦町駅栗林公園北口駅片原町駅(高松)

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    岡山経由、博多でお好み HOME たかしまコーヒー、森珈琲
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]