忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    この勉強会の最後のイベント…、ランチを地元のえびめしや。



    岡山名物とも言われるえびめし。もともとこの店を創業した人が東京のいんでいらという店で修行して、持って帰った独特の料理。
    東京の店は積極的に店を増やすような努力をしないでそのまま。
    ところがここの会社は積極的にお店を増やし、ここで修行をした人たちが独立する時、えびめしのレシピを共有。結果、何十軒ものお店で同じ料理を食べることができるようになったというワケ。
    ご当地料理というにはあまりに企業色が強いから、認めてもらうコトがちょっとできないんです…、と。なるほどそういう考えもあるんだろうなぁ…。



    お店に入ると目の前に大きな厨房が丸見えで、コックコートの調理人がキビキビ働き料理を作る。
    その様…、壮観!
    まずはコーンポタージュをとやってきたのが、昔なつかしい洋食屋さん的姿でウットリ。ポッテリとした食感に、スープの旨味ととうもろこしの甘みがまじる。セロリやパセリのハーブの香りが最後にキリッと幕を引く、大人な感じのオゴチソウ。



    そしてえびめし。
    見た目は黒いドライカレーのような風貌。えびめしという名前の通り、中にはゴロゴロ、小さな海老が混じってる。お米一粒一粒がパラリとキレイに立っていて、錦糸卵がなにやら和風なテイストくわえる。
    食べるとこれが、不思議な味わい。
    旨味は十分。ところが口が勝手に期待していたスパイシーなドライカレーのような味はしなくていささか肩透かし。
    カラメルっぽい甘みと風味。カレーのような香りがはるか向こうの方でしはするのだけど、噛んでひたすら味わうとエビピラフ的な味が基本をいろどっている。



    見た目と味が違う食べ物。慣れるとそういうギャップはなくなってくに違いない。
    けれどギャップがなんだかたのしく、それでハフハフ。食べてるうちに、頭の整理がついてくる。
    サイドに洋食料理がついたコンビネーションが今の人気で、コロッケだったりメンチカツなどを選んで合わせる。ボクはチキン南蛮にする。
    南蛮酢の甘みと酸味、それにタップリのタルタルソースとえびめしが混ざり合うのがオモシロく、コールスローの甘みとシャキシャキ歯ごたえも相性絶妙。
    ひさしぶりをたのしみ味わう…、そしてじんわり、移動する。


    関連ランキング:洋食 | 備前三門駅大安寺駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フロムオカヤマトゥーハカタ HOME 岡山の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]