忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼に「さぼうる」。コーヒーで落ち着いた時間を過ごせる本館と、スパゲティーでたのしいお腹いっぱいを売り物にする「2」と、二軒並んだ「2」の方にくる。



    お店の入り口に提灯がぶら下がっていて、見ると神田祭と書いてある。
    そうか、今年は二年に一度の神田祭の年。今週末に神田の祭りが終わったら、三社祭がはじまって、そしたら気分はもう夏になる。
    これもひとつの季節感。
    お店に入ると地下のフロアに案内される。ご相席になるかもしれませんけれどと言われたんだけど、たしかにサラリーマンでにぎわっている。神田的。



    目当てのスパゲティーを注文し、お供にアイスコーヒーたのむ。
    「ガムシロップは入れときますか?」って聞かれるのが、東京の昭和的喫茶店のデフォルトで、ココもまさにその質問。
    ええ、お願いします…、ってお願いをして、ほのかに甘いコーヒーを飲む。
    ちょっと待ちます。
    多分、スパゲティーを茹で上げるタイミングがあるんでしょうネ…、ユックリ飲んで半分くらいがなくなった頃にスパゲティーがやってくる。



    ナポリタンが有名ではある。
    けれどココで一番好きなのが「バジリコ」っていうこのスパゲティー。
    ニンニクの香りの強いビアソーセージを細切りにして、玉ねぎと大葉を刻んだモノと一緒に炒めて仕上げる。
    味の基本は塩味で、バジリコというのにバジルを使わず大葉で作るというのが喫茶店的にしてほほえましい。
    サラダがサイドについてきて、お皿からはみ出るほどに大盛りなのがココの流儀でおじさんたちがランチに群がる理由のひとつがこのボリューム感。



    四角いお皿の上にお皿を乗っけるスタイル。食べてるうちに確実に、麺や具材が皿からこぼれて落ちてしまうから、それを受け止める役目をさせる。
    まさに大盛りラーメン店が下皿つきでやってくるのとおんなじ感じ。
    この分量を飽きず食べられるようにという配慮なのかなぁ…、ちょっと味が薄味でタバスコや粉チーズをかけて味を整え、変えて食べていく。
    もそもそムチムチ。案外、麺に歯ごたえがあり噛む楽しみもあったりするのがオモシロイ。
    ただモクモクとお腹に収めて空っぽになるお皿にバジリコ色…、いや、大葉色した油が残っているのになんだかクラクラしちゃう。



    使い込まれたテーブルに椅子。本館ほどに穴蔵感は強くないけど、影がすずしい大人の空間。
    気軽にたのしくお腹いっぱいにさせてもらって、コーヒー付きで850円というのがやっぱりウレシク、また来ましょうと思う昼。


    関連ランキング:喫茶店 | 神保町駅竹橋駅九段下駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    上野立ち寿司、キウイのジュース HOME ヨツヤニテアサ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]