忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を九段下にある三希房というレストランにてランチをとります。
    22a0f7e8.jpeg四川系のクリエイティブな料理を作ってくれる気軽なレストランで、週末限定のおまかせランチをみんなで…、実は一年ほど前にもこうして贅沢ランチをたのしんだ。
    冷たい担々麺がおいしいという評判聞きつけ、せっかくだからここのおいしい料理を堪能いたしましょうと、キチンと予約をして来たんだけれど、これがすんごい大当たり。
    会社が近所にあるというコトもあって普通のランチは何度も試してみました。
    いつ来てもシッカリおいしく、お腹がよろこぶ気軽なゴチソウ。
    けれどやっぱり贅沢ランチを予約して…、とそれでこうして一年ぶりの今日の昼。

    ec2f601d.jpegまずは前菜がやってくるのだけれど、前菜からしてこのバリエーション、クオリティ。
    今日も元気に食べ過ぎよう!って覚悟を決めてガンバる気合が入る。

    押した豆腐のおひたし風のまずは口取り。
    それに続いて、雲白肉。
    塊のまま茹でた豚肉を薄切りにして香味ソースをかけてキュウリと一緒に味わう。
    むっちりとした肉の食感、トロンととろける脂がおいしい四川料理の定番前菜。
    コリコリ食感たのしいクラゲの頭だけを使った前菜。
    茹でた百合の芽の味噌和えだったり、皮付きピーナツの醤油漬け。

    塩味、辛味に酸味に甘み、醤油の風味とそれぞれ味のテーマが異なって舌の味覚が目覚めるゴチソウ…、組み合わせ。

    それに続いて棒餃子。
    ココの名物の一つでもあって、細かな挽き肉。
    タップリ野菜が閉じ込められてて、プルンと薄い皮がシットリ。
    しかもクルンと巻いてキッチリ綴じ込んだ、重なり部分がコリッと歯ごたえたくましい。
    まるでそこだけクラッカーのような食感。
    ひと噛みごとにカリッと前歯でそこが壊れて、それに続いてフッカリとした中身とプルンと皮の食感おいかけてくる…、その食感のコントラストがとてもたのしくオモシロイ。
    07da09c5.jpegそれからスープ…、小さな松茸とキノコをタップリ使ったとろみスープでコックリうま味が体のすみずみにまで染みこむような滋養を感じる。
    それに続いてやってきた野菜の料理も大きなしめじとなめこがかなりの存在感。
    モロッコインゲンを芯にして豚ロース肉をクルンと巻いたモノと一緒ににんにくの芽を炒めてそこにきのこを合わせる。
    まだまだ暑い夏ではあるけど、料理の世界には確実に秋がこうしてやってきている。
    季節の先取り…、オゴチソウ。

    魚の料理の今日の主役は車海老。
    a2a537fa.jpegかなり大きなサイズの立派なエビにフッカリ衣をまとわせ、ふっくら揚げてちょっと甘めのクリームマヨネーズソースをほどこす。
    そこに「香草金砂」と呼ばれる薬味をタップリほどこす。
    刻んだ香草とニンニクの風味と味を移した油でパン粉を揚げて黄金色に調理したもの。
    それが金砂で香りもたのしく、何よりサクサクとした食感が奥歯ににぎやか。
    エビマヨっぽい味にクッキリとした輪郭と、奥行きのある風味をくれる見事なレシピ。
    1人一本というこの贅沢と、なによりお頭付きがまるごと…、胴体部分の殻をキレイに取り去って殻の代わりを衣にさせる、それでふっくらおいしくエビが仕上がっていくのがなんともステキ。

    fb6daadf.jpegそれにしても頭の中に味噌がタップリ。
    肉はプチュンと弾ける食感。
    ムチムチチュバチュバ貪って、気づけばほんの少しの殻しか残っていなかった!

    それから肉の料理が来ます。
    大きな土鍋にグツグツしながらやってくる。
    見るとビーフシチューのような色合いで、けれど鼻をくすぐるカレーの香りが鮮烈。
    スプーンで取り分けようとすると、中からゴロゴロ、牛すじが顔をあらわす。

    コッテリとした脂のテカリ。
    匙でちょっと押しただけで、ホロッと崩れるほどにシッカリ煮こまれていてそこにソースのうま味が染みこむ。
    具材はニンジン。
    トマトにきのこ、スナップエンドウと多彩な野菜。
    それに板春雨が混じってて、これがクニュクニュ。
    牛すじ肉のクニュクニュとした脂や筋の食感を真似た擬態がなんともおいしい。
    カレーの風味に安心しながら、カレーと思って食べるとしたたか裏切られるほど、山椒の痺れとキリッと鋭い赤唐辛子の辛味が後からやってくる。
    これでご飯を食べたらどれほどおいしいだろう…、って思いながらも、でも相当のご飯のおかわりを必要とするだろうからお腹いっぱい以上にお腹が膨れてしまうと我慢する。
    頭のてっぺんから一気に汗が引き出して、四川の辛味で日本の夏を凌いでちょうだいと言われているようでガツン!と旨い。

    be28d623.jpegそれからここの名物料理。
    冷たい担々麺を味わう。

    冷たい汁なし担々麺はいろんなところで出会うようになって来ました。
    ゴマ風味の冷やし中華に炒めたひき肉と辛味に痺れを足してくと、担々麺のような風味が出来上がっていく。
    簡単だからなのかもしれない。

    けれどココのは汁ありタイプの担々麺。
    スッキリとした爽やかスープ。
    うま味はドッシリ、けれど辛味もシッカリしてて、お酢の酸味が全部をキリッとひきしめる。
    具材はモヤシにネギに挽き肉。
    エビの玉子の風味が少々。
    ラー油に焼いた唐辛子。
    熱い担々麺とほとんど同じ姿形で、けれど冷たいスープに脂や油は禁物。
    うま味の元の油脂を使わずそれでもうま味をシッカリたたえたスープを作るって、大変だろうなぁ…、と思って味わう。

    その大変を感じさせないほどに素直で自然な味わい。
    ゴジッと歯切れとコシの強い麺も見事で、あぁ、これはやっぱりココで食べなきゃいけない料理なんだ。
    そして今年もこれを無事、食べることができたんだ…、ととウットリします。
    あっという間に担々麺をヒーハーしながらお腹に収め、汗をフキフキ、舌の痺れをこれでなだめてくださいね…、と杏仁豆腐のようなお菓子がやってくる。
    7f8dce7c.jpeg緑色したソースが覆ったその表面をスプーンですくって崩すと中から、甘くふっくら煮た小豆がゴロンゴロンと飛び出してくる。
    冷たいお汁粉を杏仁豆腐で固めたような不思議な食感、やさしい甘み。
    口の中の汗が引き、今日の料理のコトをみんなであれこれ思い出しつつしめくくり。
    それにしてもココの料理の力強くて正確で、情熱にあふれたコトにウットリしつつ、何よりこうしてキッチリお腹いっぱいにしてくれるサービス精神旺盛なコトに感心します。
    遅くてもまた一年後にはこうしてここにやってきましょうとみんなで誓う、オキニイリ。



    関連ランキング:中華料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    このお店はやっぱり美味しいですね♪
    このお料理でこのお値段、素敵です!
    lovekuma69さん / 2012/08/19(Sun) /
    またいきましょ!
    > lovekuma69さん
    申し訳ないほどのお値段ですものね。
    またまいりましょ。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/19(Sun) /
    無題
    はぁ、うっとり♡
    次回の遠足で行きたいです!
    キョーコさん / 2012/08/19(Sun) /
    ぜひぜひ
    > キョーコさん
    東京ならではこうしたお店、そしてもてなし。
    ぜひ、次回、ご一緒しましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2012/08/19(Sun) /
    幸永で肉 HOME アメノアサ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]