忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    水道橋のオフィスの近くをぶらぶらしてたら、ステキなお店を一軒発見。



    「ハレむすび」という暖簾の下がる小さな店で、お店の前の看板見れば、雑穀米のおむすびを作っているんだというので入る。
    朝におむすび。しかもその場で食べられる。
    かつて四谷にあったおむす人というお店があって、とても重宝していたけれど閉店しちゃって、それに変わるお店を未だ発見できずにいたのだけれど、もしかしたらと思って入る。
    すだれが垂れる窓の中。お店のサイズの割には大きなキッチンに羽釜が置かれてご飯がたけてる。そこに笑顔の女性が一人。



    ショーケースがあるのだけれど、そこには何も商品はなく木札に商品名と値段が書かれて並ぶだけ。
    注文してからおつくりしますと、それでたのんでしばらく待った。
    お店の中にはカウンター。7人ほども座れば一杯というこじんまりしたお店の中に手を動かしておむすび作る気配がずっとただよっている。
    お腹がなります。冷たいお茶を自分でくんで、待ってくるのがこの2つ。



    小梅とジャコのおむすびと、焼き鯖おむすび。
    コロンと小さい。
    手のひらにすっぽり入ってあまりあるほど小さくて、ほどよき重さとあったかさ。
    むすんだばかりで、だから海苔もパリッと凛々しい。噛むとペリッと海苔が砕けて固めに炊けた雑穀米がパラリとちらかる。
    そして具材がほろりとご飯に混じって口のすみずみ転がり、やさしい香りで満たして消える。
    あぁ、おいしい。しみじみおいしい…、オゴチソウ。



    中でも焼いた鯖のおむすび。鯖の香りとシットリとした身の食感。焼けた脂が朝の体に元気をくれる。
    ショーケースの中にあったおかずをひとつ。
    ひじきの煮物と玉子焼き。どちらも家庭的なる味で、ここのおむすびにピッタリとくる。
    オフィスの近くにこんなお店があったのを、今まで気づかずいたのがなんだか悔しくて、また来なくちゃ…、って思う朝。おいしい発見、ありがとう。


    関連ランキング:おにぎり | 水道橋駅九段下駅神保町駅



    ところで昨日の夜のコト。
    串かつ食べて、家で軽く書物をして、小腹が空いて焼きそば作る。



    週末のどこかで食べておこうと買っておいた麺。中野弥生町にある「大石製麺店」の特製二度蒸し焼きそばの麺。
    どっちの料理ショーで何度か取り上げられたこともある実力派にて、ほどよくよじれた平打ち麺。豚バラ肉をこんがり焼いて、そこに麺を入れたら日本酒をパパッとふって、蓋して蒸らす。
    細切りにしたなるとを入れて、ジャジャっと炒めて焦げ目がついたら黄ニラにネギを入れてウスターソースにオイスターソース、醤油に胡椒をくわえて味を整える。
    かつお節をタップリ入れたら出来上がり。
    シットリしていてしかも歯ごたえたくましい。麺が旨いとやっぱりおいしくできるモノです。焦げた脂もこうばしく、お風呂に入って寝ましょうか?

    そうそう、今日からはじまったNHKの朝の連ドラ。中島みゆきの主題歌がじんわりよくって、聴くたび朝から涙が出ちゃう。



    これ、今年の忘年会シーズンのカラオケナンバーとして最適ですよね。ボクも絶対歌ってやると、10月29日リリース予定のフルバージョンが待ち遠しい。
    それにしても、ニッカウィスキーの誕生秘話的内容で、サントリーの人たちはさぞかし悔しい思いをされてらっしゃるだろうと思う今日。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    神田のまつや HOME いしやん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]