忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それから続けてもう一軒。ピザスライスの並びのお店。「オステリアウララ」という店にやってくる。



    先日、はじめてやってきて、たちまちオキニイリなった店。
    決して大きなお店ではない。贅沢なお店でもなく、何しろ入り口を入るとすぐに厨房がある。
    その厨房の真ん前にカウンターがあり、そこに座って食事ができる。たった8席の特等席で、まるでシェフズテーブルみたいな贅沢さ。運良くそこの予約ができればこの上もないシアワセで、もしそれがかなわなくてもどこに座ってこの厨房の気配を感じるコトができるというのもステキ。



    今日は運良くカウンターの席がもらえて、その幸運にまずは乾杯。メニューが基本的にない店でそこで座ると前菜の盛り合わせを造りましょうか…、と。
    お願いしますというと、目の前でみるみるうちに料理が次々仕上がっていく。
    その手際の良さをたのしみながら、大きなお皿にあれやこれやと料理が並ぶ。そのひとつひとつを今これを作ってくれた人が丁寧に説明をする。
    それがウレシイ。ハムにサラミにスモークサーモン。パプリカにじゃがいものピュレを詰めたモノとか、かぼちゃのキャラメル焼きだとか。



    今日は不思議と会話がたのしく、それでお酒もグイグイ進む。
    今日の仕入れの食材の説明うけて、それをどんなふうに調理をすればおいしいかと相談しながら献立決める。
    貝のおいしい季節ですからと、帆立やホッキ、大アサリとか蛤とか。あるいはムール貝を香草と一緒にワインで蒸し上げたモノ。
    カランカランと殻をボウルに放り込む、そのリズミカルがたのしくて、食べてる間にどんどんお腹がすいてくる。
    イサキのお腹にハーブを詰めて野菜と一緒に蒸し上げる。魚も旨いが魚の旨みが染み込んだ紅芯大根のおいしいコトにビックリします。



    熟成豚の肩ロースを炭でこんがり焼き上げたモノ。
    味は塩で整えただけ。
    サイドに粒マスタードと、オリーブオイルをドレスしたルッコラたっぷり。それをつけたりのっけたり。クチャっと歯切れる豚肉の旨みを味わう。
    ルッコラの下にポレンタ。どうもボクはこのポレンタが苦手で食べると、なんだか貧しい気持ちがしてくる。



    〆にスパゲティー。イカとアーティチョークの細切りと塩とオリーブ、ニンニクと一緒に仕上げる。パスタは平打のパッパルデッレ。ムチムチ、歯ごたえたくましく削いだカラスミが濃厚な海の香りと風味をつける。
    もう一軒、いかなきゃいけない店があるのに、お腹も満足。
    おいしい料理が次々できてくところを観ながら食事をすると、気持ちが明るくたのしくなって、会話も弾む。シアワセな夜となりました。


    関連ランキング:イタリアン | 渋谷駅代官山駅恵比寿駅



    ウララというお店の名前で思い出すのが、まず一番に山本リンダの「ウララァウララァウラウラデ」って曲で、次に「キララとウララ」ってアイドルデュオ。
    1984年のセンチメンタル・ボーイっていう曲のPVが見つかった。



    1980年代というのは、こういうシアワセな時代だったワケであります。
    「テクノ歌謡」というジャンル。
    当時、流行り始めたテクノサウンドと歌謡曲との見事な融合(笑)。引きつけおこしたロボットが踊ってるみたいな振り付けに、インカムつけて口パクするという後のJポップスのトレンドを予言するようなこの斬新に、耳も目も、全てが釘付け。
    オモシロイ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    さよなら前のグッドモーニングカフェ HOME ピザスライス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]