忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を四谷で。「福の花」という山口料理をテーマにした居酒屋にくる。



    前からちょっと気になっていて、それで今日。
    山口料理というカテゴリーがはたして存在しえるのか…、って思いながらもやってきて、メニューを開くと、結構、いろんな提案がある。
    郷土料理は今の日本で最もエキゾチックで好奇心を満たす要素をはらんだ料理。ケンミンSHOWなるテレビ番組が、食の世界に果たした役目はかなり大きいと思ったりする。

    まずは刺身の盛り合わせ。



    3点盛りといいながら、サービスで5点盛りにしておきました…、って持ってくるのが新橋の居酒屋の王者「魚金」のやり口だったりするのに笑う。
    赤鯛、真鯛にぶりに〆鯖。それからマグロの赤身と魚の品質はそこそこで、山口地方の甘い刺身醤油が用意されてるところがウレシイ。
    甘くて、コッテリ。旨みが強くて魚の味を引き立てる。お通しで出てきた料理が筑前煮風の煮物だったり、クジラがあったりと、瀬戸内料理というよりも九州料理に引き寄せられ気味。本州の西の端っこならではかなぁ…、と思ったりする。



    コイワシの唐揚げっていうのがあって、それをたのむと瀬戸内の味。
    ムッチリとしたイワシ独特の食感と、焦げたハラワタの香ばしさ。小骨がホツホツ前歯にあたって崩れるところが、なんともおいしく、なつかしい。
    瀬戸内にいた頃、小魚って身近でおいしく、しかも手頃な食材だった。なのに東京にでてくると活きた小魚が手に入りづらくて、海はひとつというけれど繋がっていないところもあるんだ…、って思ったりした。なつかしい。



    薄切り牛たんの溶岩焼きっていうのがあって、試してみます。
    溶岩石で作った板を、チンチンに焼き、そこで肉を焼いて味わう「溶岩焼き」がここの名物のひとつらしくて、牛肉、鶏肉、豚肉などなど。どれも美味しげに見えたんだけど、薄切り牛たんというのがなんだか珍しく、それでこれ。
    小さな穴が沢山空いた溶岩石が脂を吸い込み、さっぱり焼いてくれるのでしょう。
    板に乗っけた途端にチリチリ、薄切り牛たんが踊るようにして熱が入って出来上がる。塩ダレのせてパクリと食べると、口の中がみずみずしくなる。オモシロイ。

    そして〆の瓦そば。



    実はコレを食べたくって今日はココにきたようなモノ。
    焼いた瓦の上に茶そば。錦糸卵に味付けをした牛バラ肉。ネギをちらしてジュウジュウさせてやってくる。
    レモンスライスの上にもみじおろしがのっかってて、それをそばつゆを入れたそば猪口の中に落として、茶そばを浸して食べる。
    油の香りが口に広がり、焦げた蕎麦がパリパリ、前歯で壊れる食感。なのにタレをまとって口に入ってきたら途端にツルンとなめらかな茶そばの食感に戻ってく。
    中華そばでもうどんでも、普通の蕎麦でもこの食感は出せないんだろう。かつて一度だけ門司のお店で食べたコトを思い出したりする。オキニイリ。


    関連ランキング:串焼き | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    山田屋まんじゅう、ナツカシヤ HOME Day of Eternal Love
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]