忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さて、今朝の朝…、サンドイッチを作る土曜日、いつものごとく。



    今日のパンは新宿御苑の近所にある「ラ・バゲット」っていうパン屋さんのイギリスパンをサンドイッチ用にスライスしてもらったの。
    女性だけで運営している、ちょっとこだわりのあるフランスパンが有名な店。
    クシャッと潰れたダークブルーのトップハットをかぶった笑顔の女性スタッフ。その凛々しさがそのままパンになったみたいな、凛々しいパン。
    軽くトーストすると小麦の甘い香りが、かなり強めに漂ってくる。



    よく溶き玉子を甘めに味付け…、それをフックラ、オムレツ状に仕上げて具材のメインとします。
    業務用のチェダーチーズのスライス買って、それを一番下にまず敷く。ルッコラどっさり、オムレツのっけて最後にハムを一枚のっける。
    ケチャップぷちゅりとほどこして、ザックリ切って、パクリと食べる。
    フックラとした玉子の食感、カサリと前歯をくすぐるトーストブレッドが互いを引き立ておいしくさせる。さぁ、土曜日がはじまった。


    関連ランキング:パン | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅


    ところで、昨日、47RoninのDVDを観て笑う。

    赤穂浪士の四十七士の物語にインスパイアして作られた映画…、というのがふれこみで、ザックリ言うと、ロード・オブ・ザ・リングに、パイレーツ・オブ・カビリアンを足したところに中国のテレビドラマの三国志的キャラクターを打ち込んだ。
    いろんな映画のごった煮で、唯一、まるで盛り込まれていないのが肝心の「忠臣蔵的世界観」という、とんでも映画でござんした。



    何に対して、誰に対して仇討ちをしようと言うのか。
    何故に天狗がやってくるのか…、そうして何故に柴咲コウが中国風のなりしてるのか、謎が謎呼ぶ殺人事件。岩だらけの荒廃した赤穂の国の、城下の景色は弥生時代ですもの。これじゃぁ、日本は蛮国扱い…、哀しくなっちゃう。
    へんてこりんな衣装やセットを目の前にして、日本人キャストはアチャー!ってなったに違いない。
    日本人として恥ずかしい…、って思ったとしてもハリウッドのコントラクトの前にはどうにも後に引けない状態だったのでしょう。気の毒過ぎて、笑っちゃう。



    唯一、日本人キャストの中で無傷なのが、菊地凛子。
    だって、架空のもののけ。九尾の狐とヤマタノオロチのハイブリッドに、ネバーエンディングストーリーのフレーバーを足したみたいなボスキャラで、しかもいい演技をしているワケだ。よって、この映画の邦題を「妖怪菊地凛子」と認定(笑)。



    結局、アメリカ人には仇討ちだとか、忠義だとか、サムライの誇りだとかはまるでわからず、ラブロマンスをベースにした復讐劇になっちゃうワケ。
    しかもアクションシーンを作らなくっちゃいけないから、気がついたら47ローニンじゃなくて、47ニンジャになっちゃってるのネ。まぁ、しょうがない。
    ちなみに吹き替え版で観ると、日本人の俳優、女優の声もオリジナルでない人の声で吹き替えられる。菊地凛子なんてまるで桃井かおりだったりするのが一度で二度笑えちゃう。
    日本人っていまだにこんな風に観られているんだよね、とブラックジョークをたのしむココロの寛容を、養うことができるコメディー。笑っちゃう。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    十七七 HOME ワインバル的サイゼリヤ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]