忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を観ました…、悪魔祓いなホラー映画の「死霊館」。



    見ようかどうか最初は迷った。
    死霊館っていうなんかおざなりなタイトルと、血まみれ映画「ソウ」の監督が撮っているというのでなんか見る気がおきなかったのだけど、トレーラーを観て、これはちょっといいかもネ…、って思ってそれで。

    舞台は1971年のアメリカ・ロードアイランド州の田舎町。
    古ぼけた一軒家に移り住んだ家族を襲った、実話をベースとした物語で、その土地や家に取り憑いた霊が悪さをするというのは洋の東西を問わず使い古されたモチーフで、ただ「これが実話なんだ」という描き方がとても入念。



    悪魔祓いをする心霊学者夫婦の目線と物語。
    悪魔に憑かれる家族の目線と物語が、交互に描かれそれがひとつに交わっていくというストーリー展開がまず異色。
    恐怖に怯える女の子たちがお人形のようにカワイクきれいなコトが、おどろおどろしさに拍車をかけるのも見事なところ。
    淡々と描かれる記録映画のようなドラマかと思っていたら、突然モキュメンタリーのごとき怒涛のドラマが展開していったりと、気持ちがグイグイ引きこまれてく。



    前半の物語の描かれ方が丁寧すぎて、気持ちを集中させるのに少々、難儀をしてしまったけど、それも暗闇中に潜む何者かの登場に、ココロの準備をさせる演出のひとつであったに違いない。
    一旦、コトがおこりはじめるとあとは一直線に終わりに向かって驀進していく。
    ひさしぶりに緊張し過ぎて筋肉痛を覚える映画(笑)。
    エンディングは家族愛ですべてが浄化されていく…、ホラー映画で涙がでたのはひさしぶりでもありました。

    先日ビデオでみた「ポゼッション」っていうホラー映画ととても良く似た内容でどちらが好きか?と聞かれれば、ポゼッションの方がよくでき。
    けれど映画館で見るべき映画はこっちの方かなぁ…、ゴージャスな音、人に集中を強いる環境でみればすべての効果がいかんなく発揮されるようにできてる娯楽作。
    そうそう、エンドロールの秀逸なること、感心しました、オキニイリ。



    ちなみにこのポスティングのトップに貼った画像はアメリカ版のバナーでござる。
    そのタイトルは「The Conjuring」。
    Conjure…、「拝み倒してなんとかしてもらう」って、そんな感じの意味になるのでしょうか。Conjure awayってなると、呪文を使って何かを祓うっていう意味にもなる。
    邦題のおどろおどろしさもよいけれど、原題の人を突き放すそっけなさも悪くはないかと思うなり。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    恐い話しはダメなんです。日本の物は絶対見ない。おばけ屋敷もダメです。が、洋物ってそうでもないんですよね。おそらくどこかで「関係ない所だしー」って思っているに違いない。
    みやはらさん / 2013/10/20(Sun) /
    そうなんですよね。
    > みやはらさん
    ちょうどコレを見たあとにみんなで話したことが「洋物はなんとかなるけど、和物は怖い」って内容でした。
    作り話のように思えなくなるんですよね…、自分が暮らしているのと同じ空間や、町並みで起こる怖いことって格別ですもの。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/20(Sun) /
    雨がしとしと日曜日 HOME 天狗にチョコパ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]