忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を觀ます…、バトルシップっていう映画。
    battleship.jpg実は、観ようかどうか迷ってて、でも友人が観てみようかというので觀ます。
    ユニバーサル映画が出来て100周年を記念して撮られた作品。
    NASAがしなくていい余計なお世話をしたがために、未知の星の生物に目をつけられて彼らが地球に先兵対を送ってくる。
    人類の武器より数段すぐれた武器をもってる彼らを、なぜだか人間が撃破してしまうっていう、まぁ、ありがちな物語り。

    bfcbdeaf.jpeg結果も大体予想がついて、しかも予想通りに話は進み、予想通りに終わった上に、予想通りのサプライズまでついてくるという典型的なるハリウッド超大作系映画でござった。
    ただ、さすがに記念作品。
    めくるめくほどのビッグバジェットを背景にCGは唸るほどの見事な出来栄え。
    ストーリー展開が、最初はかなり緩慢で映画をみてるのに、早送りしたくてリモコンを探してしまったりするほどだった(笑)。

    なんでこうしたドラマって、落ちこぼれじゃなきゃ主人公が務まらないようになっちゃったんだろう?
    この映画でも主人公のお間抜けエピソードを最初の20分ほど延々やってて、あぁ、とんでも映画かもしれないなぁ…、ってハラハラしました。
    とは言え戦闘シーンがはじまってからは見応え抜群。
    今まで観たことなかった戦闘シーンに、ため息が出るほどキレイな撃沈シーン。
    それで十分、1800円分の価値があったような気がする。
    特に準主演クラスの浅野忠信の出突っ張り具合には、日本人としてなんだか誇らしくすらあり、ときどき彼が吐き捨てるように使う日本語の、粋で勢いのあるコトに、がんばったなぁ…、ってウットリしました。
    ケン・ワタナベには演じるコトができないマッチョな日本の男…、ちょっとウレシイオキニイリ。

    battleship1.jpgいくつかたのしい発見もある。
    アメリカの警察官の飛び道具ってスゴイんだなぁ…、とか。
    アメリカの戦艦って「ロナルド・レーガン」なんて人の名前が平気でついてる。
    けれど日本の戦艦は大和だったり霧島だったり大抵地名。
    例えばもしも、「ロン・やす」の仲と言われた中曽根康弘が日本の戦艦の名前だったら、どんなに居心地悪くてヘンテコリンに聞こえるだろうって思って、ちょっと笑った。
    国民性でござりましょ。

    クライマックスシーンのひとつに戦艦ミズーリを使って戦うシーンがある。
    真珠湾攻撃の象徴の一つの戦艦。
    パールハーバー観光で日本人が近づくだけで、不思議な拒絶感を味わうその戦艦に、日本の自衛官も乗って戦うという設定で、ある意味、戦後が本当の終わりを迎えつつあるのかなぁ…、って思ったりする。
    それまたたのし。

    感慨深しでございます。

    ちなみにこの映画、「戦艦ゲーム」って昔なつかしなボードゲームをベースにしているらしくて確かに、エイリアンのバトルシップと戦うときに、戦艦ゲームみたいな戦い方をしたりしている。
    そう考えたら、予算を湯水のように使った実写版の戦艦ゲーム。
    そんな見方もできるのだよね…、と笑ってしまう、気晴らし映画でありました。




    それにしても
    新宿のシネコンではそろそろ小さなスクリーンになりはじめていて、ゴールデン・ウィークシフトに入っているのでしょうネ…、その小さな空間にメカおたくっぽいオジサンたちがギッシリひしめき、人数以上の体温とエネルギーを感じました。
    客観的にみるとボクもその一人なのかしらって思ったりもして、ちょっとドキドキいたします(笑)。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    日本の戦艦
    そうですね

    戦艦中曽根(笑)

    煙に巻くのはとくいかも

    日本の戦艦は

    国の名前でしたよね

    うちのじいちゃんは

    加賀にのってました。

    航空母艦ですけどね

    ネコスタさん / 2012/04/22(Sun) /
    ただこの映画
    > ネコスタさん
    真珠湾の象徴のようなミズーリ号に、日本の自衛官が乗って戦うエピソードがあるんです。
    戦後のひとつの区切りかなぁ…、って感慨深かったりいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/22(Sun) /
    そうですか
    ミズーリに日本人がのって戦う

    すごいなそれは

    じいちゃんは

    開戦から終戦まで

    生き残った運のいい海軍さんでした

    なんだかふしぎな

    きもちの夜となりました
    ネコスタさん / 2012/04/22(Sun) /
    おじぃちゃん
    > ネコスタさん
    そのミズーリを動かすのが退役軍人という、そのシーンにはぐっときました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/22(Sun) /
    ハーゲンダッツで〆る夜 HOME クレッソニエールにて昼の今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]