忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今、一番オキニイリのおやつがこれ…、バーガーキングのフレンチフライでございます。



    あらかじめ塩をほどこし冷凍してる。だからじゃがいもの水気が絞り出されて無数の穴が空いたところに、熱した油が染み込み揚がる。
    それでサクサク、カリカリ、食感軽快で、芋の甘みと塩の風味が手に手をとってなんともおいしい。少々時間が経ってもヘナっとすることがなく、しかもお願いすればイチから揚げてくれるから、正真正銘、揚げたてのものをたのしめる。
    テレビを見ながら気づけばあっという間にお腹に収まりビックリしちゃう。
    お口の恋人、肥満の大敵…、なんて切ない、オキニイリ。

    そして朝にパスタを作る日曜…、ちょっと寝坊でユックリつくる。



    鍋でこんがりニンニクを焼く。焼くというより煮る感じにて、それがホクホク、表面軽く焦げてきたらば一旦取り出し、赤唐辛子とベーコン入れてよぉく焼く。
    再びそれらを取り出して、玉ねぎ炒めてそこにトマト、チーズをくわえてクツクツ煮込んでソースとします。
    リングイニを茹で、ソースとあわせてタプンタプンと揺すってあわす。ルッコラの葉っぱを散らして味わいたのしむ。
    朝のお腹があったまる、明るいゴチソウ…、日曜日。

    今朝ほど観たDVDに泣いちゃいました…、のぼうの城。



    豊臣秀吉が日本統一の最後の総仕上げをせんとする時期。500人で2万人に戦い決して負けることがなかった小さな城の物語。
    2012年封切りで、見ようかどうか迷っているうちに終わってた。
    それから2年…、頭の中ですっかり三谷幸喜監督の清州会議とイメージ混濁してしまっていて、観ながら、三谷さんにしてはずいぶん骨太な…、と感心してたら別物でした(笑)。



    武士と百姓が共に戦う物語。海外には結構ある、民衆蜂起とノブレス・オブリージュが渾然一体となって時代を動かす映画。
    騎士道と武士道。市民と百姓。
    それぞれがそれぞれの役割をキチンと果たし、互いが礼節を尽くし合う人間的な時代の戦い…、いいなと思った。ないちゃった。
    それにしても野村萬斎のうまいコト…。うまい以上に個性際立つ存在感に舌をまきます。この映画、彼があってこそなんでしょう。



    それ以外の役者もみんないい味だしてて、映画館で見とけばよかたってちょっと後悔。オキニイリ。

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    3回観ちゃいました(w)
    原作のファンだったので、3回スクリーンで観ました(w)
    勝ち目がない戦だから、せめて誇りある負け戦をしてやろう、胸を張って生きていける負け戦をしようという気概がある映画だったなぁ。
    私もエレカシのエンディングで、ぐっときちゃいました。
    つりぃさん / 2014/04/15(Tue) /
    自らを捨てる
    > つりぃさん
    誰のための人生。
    誰のための戦い。
    そう思いながらこの映画をみると、身が引き締まる思いがしますよね。
    しかもそういう重たい主題を、サラッと笑いと涙で流す。
    いい映画だったと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2014/04/15(Tue) /
    無題
    原作を読みまして、最近映画館に行くどころかDVDも借りなくなった自分が「映画館で見たい!」と思えた作品でした。
    ここまで「最っ高にぴったりののぼう様の配役はいないんじゃないか!?」と思わせるような役者にのめりこむ事が出来ました。
    敵役も良い配役で、あぁ、もう一回見たくなりましたねぇ
    Wordsworthさん / 2014/04/18(Fri) /
    名作
    > Wordsworthさん
    ボクはDVDはかなり沢山借りるのですけど、ココロに残る名作はなかなか巡りあえず、これは中でも秀作でした。
    DVDを買っちゃおうかと思うほどでもありました。
    サカキシンイチロウさん / 2014/04/18(Fri) /
    アンカケガビサン HOME 甘い生活
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]