忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    映画を觀ます。ひさしぶりのコト。



    「アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン」っていう、いかにもハリウッドらしい娯楽超大作でありまして、公開2日目というコトもあって劇場満杯。
    人気のアメコミを下敷きにした実写作品。
    内容と言えば、人類の敵に異能の人たちが立ち向かい、人類を救うという物語。
    最近、よくある「地球を救う」のでなく、このまま放置しておくと地球の敵になってしまうかもしれない「人類を地球をその人類から守ろうとする敵から救う」という物語で、よっぽど今の人間は地球に対して後ろめたさをもってるのね…、って見ていて切なくなっちゃうテーマ(笑)。



    にもかかわらず、この悪い奴が人間を究極にまで進化させるということが、地球を守るコトとのたまいながら、結局、人間の形を得ようと必死になる。
    ボクなんか最近、この体がなかったらどれほど自由に自分のしたいことができるだろう…、って思うほどに、人の体は面倒臭い。
    そこをわからぬ敵だから、おとぼけ軍団にも倒せたに違いない(笑)。



    だって彼ら…、悩むんだもの。
    戦いの最中というのに自分探しに血道をあげて、挙句の果てに自分の過去を悦に入って告白するはと、まるでアメリカ人が大好きな集団セラピーみたいな内容。
    ちなみに、日本のポスターではアイアンマンがまるで主役のように扱われているけれど、アメリカでのポスターにあるように、敵を倒すすべての人たちが等価で扱われるべき群集劇です。
    中でも感動的なのが、超人的な集団にあって、弓を引いて戦うしかできぬ地味なメンバーが「コレがオレの仕事なんだ」と言い放つところ。人とはそういういきものでしょう。



    それにしても今回の映画の舞台が東京ではなくソウルというとこ。
    この映画にも出ているスカーレット・ヨハンソンが主演した、ルーシーっていう映画の舞台は台北だった。
    最近、ハリウッド的にみて東京という街は魅力がないんだろうか。もしかしたら日本という国は世界の中で、どんどん魅力がなくなってるのかもしれないなぁ…、って思いもしました。ナヤマシイ。



    今回、はじめて歌舞伎町の新しく出来たトーホーシネマズのIMAXシアターでみたのだけれど、その3D映像。
    あまりに自然で、3Dメガネをかけているんだというコトも忘れてしまいそうになるほど。画面の中に入り込んでいく感が非常に強くて、かなりの迫力、臨場感。
    まだまだ進化するんでしょうね…、ワクワクします。オキニナリ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お金の問題
    トランスフォーマーの中国と同じように、今回韓国が莫大な費用と協力を惜しまず、撮影誘致したんですよね…
    トランスフォーマーの時は、場所貸しした舞台を攻めるって、さすがマイケル・ベイ、ハチャメチャ(笑)って思いましたけど、今回もしてやられた、というのが韓国の大半の意見だとか。
    如何せん、こういうお金の問題がついて回らず作れる映画が少なくなっているのが、何とも大変なところ、です。私も早く観なくちゃです!
    Eikoさん / 2015/07/06(Mon) / URL
    アピール
    > Eikoさん
    日本の人たちはあまりにうぶで、アピール下手なのかなぁ…、って思っちゃいますよね。
    韓国のシーンなんて、博多とか大阪で撮ったらもっとみっちりした映像になったのになぁ…、って思いましたもの。
    大きなスクリーンで御覧ください。とてもゴージャスな映像体験をすることができますよ。
    サカキシンイチロウさん / 2015/07/06(Mon) /
    クリーム・オブ・ザ・クロップ HOME いしやんで串揚げ食べる夜の今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]