忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事で霞ヶ関を訪れることがあり、そこで一軒。
    前から来たくてしょうがなかったお店で夜。

    ミスターハングリーっていうお店。

    mrhungry.jpg曰く「炎とバターでおいしく仕上がるスパゲッチ」。
    炒めスパゲティーの専門店で、しかもそれを「スパゲッチ」と呼ぶ。
    炒めて仕上げる、つまり焼きそばみたいなスパゲッティーは日本独自の日本の宝。
    今でもそうした料理で有名なお店が日本全国、いろんなところにありはするけど、その専門店が「霞ヶ関ビル」という日本を代表するオフィスビルの、しかもその飲食フロアーの一番目立つ一等地に堂々と店を構えているという、ステキな事実に激しくウットリ。
    そもそもオフィスビルの中の飲食店という存在。
    そこで働く人が気軽にお腹いっぱいになるための飲食店がメインでなくちゃ本当はおかしい。
    しかも毎日、毎日、食べてそれでも飽きないほどに、味が強くてわかり易い大衆店が王様じゃなくていけないだろう…、って思いますもん。
    こうしたお店が主役をはる、霞ヶ関ビルというこのビルがなんだかちょっと好きになる。

    e7370958.jpeg入り口部分にはサンドイッチが入ったショーケースがドンと置かれて、そこだけみるとまるでデリカテッセンみたいな景色。
    カッコいい。
    お店の中には大きな相席用のテーブルと、二人がけの真っ赤なテーブルが置かれてる。
    実用的なパイプ椅子。
    けれど決して座り心地が悪い訳じゃなく、お腹いっぱいをたのしむ環境としては程よい感じ。
    テーブルの上には特大サイズのタバスコと、粉チーズがタップリ入ったボトルに塩。
    それから胡椒に爪楊枝。
    こんなところも喫茶店的にしてかなりたのしく、いい感じ。

    会社の仲間と一緒にいくつか、注文をしてシェアして試食。
    まずは、たらこのスパゲッチ。

    0fffe572.jpegこれを含めて10種類ほど揃うスパゲッチのすべてが490円。
    ワンコインでお腹いっぱいにして上げよう…、ってサービス精神旺盛で良い。
    注文すると即座に厨房の中でジャジャッジャジャッて麺が炒まる鈍い音が響いてきます。
    それに合わせて醤油や塩や調味料の甘い香りがやってくる。
    ほどなくテーブルの上にやってきたお皿一杯にうずたかく山成す麺。
    ホロホロ、炒め上げられてなかば粉化した魚卵がビッシリ、麺に貼り付きほんのりピンク色に染まったたらこのスパゲッチ。
    壁の穴風にトロトロシットリなめらかなたらこスパゲティーもいいけれど、こうして炒めたポソポソたらこもまたおいしい。
    ムチムチの麺。
    かなり太めでしかも歯ごたえ抜群で、噛むとムニュンと歯茎を撫でる。
    唾液をおねだりするよな存在感で、気づけば魚卵がトロンとしてくる。

    それからこいつ。

    38724a2d.jpegミートソースにあらずのコレ。
    その正体はキーマカレーのスパゲッチ。
    辛味もほどほどの、どういえばいいんだろう。
    そば屋さんで売ってるような旨味が強いカレーソースにたっぷりひき肉。
    それが麺にシッカリ絡んで、しかも油と一緒にフライパンにて徹底的に炒められてて麺の端々が焦げている。
    その香ばしさ。
    その甘味。
    カレーライスもいいけれど、こうしたパスタに絡めたカレーがどこを食べても均等に、もれなく口に入ってくるのがなんだかたのしい。
    油の風味もまたご馳走。

    ここのスパゲッチの商品作りの天衣無縫はなかなかのもの。
    例えば今月のスパゲッチというこの料理。

    424ec1ba.jpeg鮭じゃがバターという、へっ…、それってほんとにパスタのレシピ?って、メニューを何度も読み返してしまう、それほど不思議なオリジナル。
    たのんでみれば、茹でたジャガイモ、スモークサーモン。
    それにスライスオニオンを油と一緒にフライパンであらかじめジャジャッと炒めて風味を引き出し、そこに麺入れ炒めあわせた、つまり自身の名前のまんまの料理。
    ステーキの上にのっけるようなメンテルバターが乗っかっていて、それがすべての素材をひとつにまとめあげ、不思議においしいたのしい料理。
    いたずらに本格的なパスタ料理を作ろうとしていない割り切りがいいんでしょうね。
    結構、これ好き、オキニイリ。

    自由自在な素材と素材の組み合わせ。
    お腹いっぱいになる麺料理。
    油がおいしく、しかもガツンと男のお腹に飛び込んでくる熱々の麺。
    …、とこうした特徴を並べてみれば、まるでラーメンとおんなじ食べ物。
    多分これ。
    お箸でハフハフするのでなくて、フォークでクルクルして食べるラーメンみたいな料理に違いない…、ってそんなことを思ったりした。
    こうしたお店が近所にあるよなビジネスライフ。
    いいんだろうなぁ…、って霞ヶ関がうらやましくなる、そんな夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ミスターハングリーここは魅力的!!
    ブックマークしました。
    ありがとうございます。

    夏前にジャポネに初めて伺い
    ジャパニーズスパゲティというジャンルを体感しました。
    もちろんはまっちゃいました。(笑)
    こぱん。さん / 2009/10/06(Tue) /
    日本ならでは
    > こぱん。さん
    まさに日本人による日本人のための日本のパスタ。
    もうガッチリ、心をわしづかまれてしまいました。
    たのしいお店。
    お腹をすかせてまた行かなくちゃ…、って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/06(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    若者、アイドル、壁の穴 HOME 無念なココス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]