忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    巣鴨の隣、駒込にある「中川屋カレーうどん」というお店。

    nakagawaya.jpg今ちょっと、カレーうどんが気になっていて数週間ほど前にはお茶の水で二軒、カレーうどんをはしごした。
    今日は駒込。
    実はカレーうどんの専門店作りを企んでいる人がいて、そのためカレーうどんが有名なお店をちょっと研究しましょう…、と。
    その気になって探してみれば結構、これがあるもので特にボクの会社の近所に集中してる。
    これも何かの縁かもね…、って。
    そんな気持ちでテクテク歩いて15分ほど。
    地図をたよりにたどり着いたのが駒込駅前の商店街。
    そこにポツンとあるお店。
    中川家ではなく、中川「屋」という一字違いが大きな違い(笑)。
    ガラガラガラっと扉を開けて、中に入ると小さなお店。
    カウンターだけ10席ほどで、なんだかちょっとラーメン屋さんみたいな姿、佇まい。

    e96794b8.jpeg見事に磨き上げられたステンレスで覆われたきれいなキッチン。
    真面目に商売している証拠のうつくしさ。
    麺を茹でるための大きな釜。
    天ぷら用のフライヤー。
    そこまでは普通のうどん屋さんの厨房だけど、それに並んで小さな手鍋が山積みにしてスタンバイするガスコンロ。
    注文が入るたび、手鍋に出汁とカレーをはってスープを仕上げる。
    底で焦げ付かぬよう、ずっと手早く鍋の中身をかき混ぜながら、トロミをくわえシャカシャカシャカシャカ。
    熱々の麺を丼にいれ、そこにザザッとスープを注ぎ煮玉子を乗っける。
    せっかくだからと竹輪の天ぷら揚げてもらってできあがり。

    ステンレスのお皿をしいて、さぁ、どうぞ…、とやってくるのがまるでラーメン。
    分厚いポッテリとした器もうどんというよりやっぱりラーメン。
    そう思ってお店の人のTシャツ姿を見てみると、これまたまるでラーメン屋さんのスタッフみたいで、なんだかちょっと面白い。

    8e5c3e97.jpegタップリのスープ。
    ポッテリしてて、そこに大きく切ったお揚げが浮くか、沈むかといった風情でたゆたう様にちょっとウットリ。
    香りはまさしくそば屋さんのカレーの匂いで、出汁の風味とカレースパイス。
    それにちょっと龍角散風の漢方っぽい香りがただよい、体によさそうな気配がしてくる。
    ずるずるっとたぐりあげるのでなく、一口分づつスープと一緒に箸にからめとるようにして持ち上げて、そっと口に運んで味わう。
    しかもスープはかなりポッテリ。
    ソースとスープの中間のような重量感に満ちたこのスタンダードなカレーうどんに、いろんなトッピングをしてたのしんで…、というのがここオリジナルの提案で、そんなところもまたラーメン屋風。

    例えばコレ。
    「レタスちゃんカレー」って名前がついた、カレーうどんの上にタップリ千切りレタス。

    d8429e3b.jpegトマトにそれからとろけるチーズというまるで「タコライス」のトッピングのような組み合わせ。
    実はここ。
    カレーうどんのセット用にいろんな丼やご飯物も用意されてて、その中にしっかりタコライスがラインナップされている。
    食材の使い回し…、って考えることもできはするけど、でもこの組み合わせ。
    なかなかに良い。
    見た目がなにより華やかで、これから体にいいもの食べるんだ…、って頭がなにか特別な物を期待する。

    一口目。
    最初に口にやってくるのはさすがにレタスの緑の香り。
    しかもそいつが出汁の風味のカレーにまみれて一体何を今食べてるのか?って、頭の中がちょっと混乱。
    新食感。
    そのモサモサ感を我慢しながら、食べ続けると、徐々にユックリ、食感、味が変わってきます。

    7c30cbc5.jpegここのうどん。
    かなりムチムチ、ヌルンと喉に貼り付くような粘り気がある。
    それにレタスのシャキシャキとした歯ごたえが混じって一層、モチモチ感を際立たせるのがなんだかたのしい。
    カレーの辛さをチーズがとけてまろやかにする。
    しかも旨味に深みがまして、徐々にレタスに熱が通ってしんなりするとミディアムレアーのスライスオニオンみたいな食感になってくる。

    目が見るもの。
    頭が理解して期待するもの。
    実際口が経験するもの。
    そのそれぞれがみんな違って、まるでパズルを解いてるようなそんな不思議に満ちた食べ物。
    カレーうどんの世界は深い。
    日本のどこかにボクを待ってるカレーうどんがまだまだきっと沢山あるんだ…、ってそんなことを思ったりした。
    昼のこと。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    僕の町の隣の町
    物凄く有名なカレーうどん屋さんありますよ。行った事は無いですが…。車で30分位かかる場所でも食べに行くくらいなんで美味しいのでしょう。僕の町は車で30分は、かなり遠いです(笑)
    変わり者ミダさん / 2009/10/06(Tue) /
    ワザワザの店
    > 変わり者ミダさん
    車で30分かけてワザワザ行くだけの価値のある店。
    それだけでなんだかワクワクしますね。
    今度、ぜひ、連れて行ってください。
    帰りにはとびきりのスタバで口休め…。
    よろしくです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/06(Tue) /
    またもご近所
    仕事場が田端にあるんですが、運動不足解消のために週に2回は駒込の辺りまで遠征します。
    中川屋さんも最近よくお邪魔しています。
    残ったツユに、追加で頼んだご飯を入れてカレーおじや風にするとお腹一杯になって嬉しいのですが、これでは一駅歩いた意味がありませんね(笑)
    タカハシケムヂさん / 2009/10/07(Wed) /
    歩きがいのある地域
    > タカハシケムヂさん
    この界隈は緑も比較的多くって、歩きがいのある地域だなぁ…、って思いました。
    このお店。
    なかなかに気持ちのよいお店でもあり、しばらく駒込探索をしてみようか…、とも思いました。

    スープの中にご飯でおじや。
    ううううううぅぅぅぅ、我慢します(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/07(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    秋のフレンチ、試食会 HOME 若者、アイドル、壁の穴
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]