忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午後から名古屋に移動しなくちゃいけない今日。
    にもかかわらず、田舎の松山から友人がやってきて、どっかで昼食一緒にとろうよ…、と。
    時間を賢く使いましょう…、と、東京駅前、新丸ビルのバルバッコアグリルで昼にする。

    barbacoa.jpgシュラスコ。
    バーベキュー式にローストした肉がそのままキッチンからテーブルにまでやってくる、立ち上がらずにすむバフェのようなたのしいシステム。
    それにサラダバーがセットになった、食べたいものを食べたいように、自分のペースで食事をグイグイ、済ませることができる店。

    実は昨日、予約の電話を入れたとき、週末ランチはとても忙しくなっていて、11時から1時までのお席でしたらおとりできます…、と。
    それで十分。
    システムがシステムだから急いで食べれば1時間でも満足できる。
    それにしても今の都心の高級店。
    ランチばかりが忙しい。
    ランチ価格が多分、世間一般のこなれた価格に近いから。
    ならばディナーもランチ価格にすればいいのに…、って思いはするけどいろんな事情はそうは問屋が卸さぬのでしょう。
    なやましい。

    まずはサラダバーで野菜を食べる。

    e3184fdd.jpeg日記をずっと読み返してくと、最近、野菜をあまり食べてないのに愕然とする。
    もともと炭水化物が大好きで、だからどんどん体にいろんなモノを溜め込む生活。
    もっと違うものを、たとえば財布に溜め込むことができればいいのに…、ってそう思いながら葉っぱを食べる。
    みずみずしいね…、生の野菜のたのしい味わい。
    玉子サラダに椰子の芽や、ベイビーコーンにそれからきゅうり。
    色とりどりに歯ごたえさまざま。
    体が潤い覚えます。
    中でもクレソン。
    ノードレッシングにて手づかみで、齧るとスキッと苦味が走る。
    おなかがグーッとなってくる。

    大きなフォークやナイフを片手に、肉が刺さった串を手にしたサービス係りが、テーブルの間を踊るようにやってきます。

    d0627d3d.jpegワクワクしますね。
    人は「肉の塊」をみると何で興奮するんだろう。
    日本人は魚と米の国の人。
    …、ってそう言い聞かせるのだけど、魚を焼いて串刺しにしてこうしてもってこられても、おいしそう!と思いはするけどそれが興奮にまではあがっていかない。
    日本人も弥生の前の時代には、多分、動物屠って肉を食らっていたのでしょう。
    人間というこの罪深い生き物の奥底にある業が騒いで、心の中で祭りがはじまる。

    ここは牛の背中の肉です。
    次はお尻。
    それからはらみと、いろんな部分の肉が次々やってきて、その度、牛の姿を思い浮かべて、ああ、ありがたい…、と。
    歯ごたえのよいとこ。
    脂がおいしい部位であったり、あるいは驚くほどに肉汁タップリの場所であったりとそれぞれの場所がそれぞれ違った味わいであるということに、感謝しながら食べ進む。

    中でもびっくりしたのが「瘤」。

    a25d8130.jpegブラジル牛の背中にできたコブのような場所の肉。
    脂をほとんど含まない、だから焼くとただそれだけでボロボロ、まるでコーンビーフのようになるとこ。
    牛の旨みが凝縮したような味わいで、でもさっぱりと、いくらでも食べられちゃうようななるで肉の加工品。
    焼けてくるのは肉だけじゃなく、パイナップルやチーズも一緒にやってくる。
    口直しにもなる。
    パイナップルは消化酵素でおなかをスッキリさせてもくれる。

    とはいえ、一緒にテーブル囲んだボクらはまもなく50歳。
    だからか途中でペースがストンと落ちてしまう。
    最後は野菜でしめようか…、とクレソンつまんで終わりにす。

    久しぶりに肉でおなかを膨らます。
    炭水化物をほとんど食べぬ、なんともマッチョな昼食に、体の隅々、元気と滋養で満たされて、さぁ、がんばろうって額が上がる。


    それから名古屋にススッと移動。
    現地の知り合い。
    ずっと一緒にたのしい外食のことを勉強しつつ、一度はシンガポールで会社を共にはじめた方の、お嬢さんが結婚される。
    その披露宴にお呼ばれとなる。
    若い人の幸せの、おすそ分けをいただく会食。
    なんとステキなことでしょう。


    ところで…。

    kurosuits.jpg久しぶりにパーティー仕様に仕立てたスーツに袖を通すこととあいなりました。
    白いドレスシャツにダブルモンクの先細の靴。
    最近、慣れぬ格好に、肩が凝ります、足がプツンと緊張してる。
    ちょっと靴擦れ。
    右足だけが、ちと痛い。
    背筋はしゃんと、立った姿を体に映すといつも以上に自信に溢れたハンサムぶりに笑顔も自然とおおらかになる。

    気楽な服装だけでなく、たまにはおしゃれをしなくちゃいかん…、とちょっと反省。
    行ってきます。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    結婚式
    ダブルモンクなんてドレッシーで素敵ですね。軽部さんじゃないけど、サカキさんはきっと蝶タイ姿もお似合いになるかと思いますが・・。
    素敵な結婚式に渦巻くあの幸せ感一杯の空気感って素晴らしいですよね。日常では感じられない色んな感情が噴出してきて、まるで一本の恋愛映画を観たようなロマンチックな気分になります。
    でも、数十万(きっとサカキさんは数百万?)は差し上げただろうご祝儀を取り戻す日はやって来るのでしょうか・・・笑。
    オレンジさん / 2009/05/30(Sat) /
    結婚式ってやっぱりいいですね
    > オレンジさん
    今、披露宴を終えてホテルに戻って参りました。
    パティシエ出身の新郎が自ら作ったケーキでお祝いをする、心のこもったパーティーで、幸せのおすそ分けを確かに頂戴いたしました。

    ご祝儀。
    うーん、おそらく取り戻すことは一切なく、でもそれだけ人が幸せになる現場にいたというステキな証、と思うことにしております。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/30(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    名古屋サンドイッチ・コンパルの海老 HOME レタスサンド
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]