忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、ナイルレストランにてカレーを貪る。

    nair.jpg1949年創業っていうから、今年でなんと60歳。
    日本最古のインド料理の専門店…、ってことになっている。
    銀座の外れ。
    歌舞伎座の手前。
    多分その時期、この東銀座という場所はハイカラにして新しモノ好きの人たちが集まる場所だったんでしょう。
    冒険心に溢れたベンチャーな街。
    そこでずっとある一品を売り物に、変わらず繁盛し続けている。
    スゴいコトだと思います。
    開店直後にやってきたのに、もう1階は一杯で、狭くて急な階段をコトコト上がって二階に陣取る。
    お店の中を満たしたインドのお香の香りにまずヨッパラう。

    メニューを持って来たウェイターさんの第一声が「メニューはご覧になりますか?」。
    おなじみの人はメニューなんかみずただ一言。
    「ムルギーランチをくださいな」。
    だからメニューを見ない人が沢山いるっていうことでしょう。

    で、ムルギーランチ。

    aca87de7.jpeg銀のオーバル皿の上にご飯にカレーに具材。
    骨付き鶏のもも肉と、マッシュポテトにカレー風味のキャベツ煮が、ワンプレートランチよろしくのっけられてる。
    お待たせしました!ってお店の人がテーブルに運んで置いたその直後、彼が鶏の骨に手をかけスルっと抜きとります。
    おいしいモノを味わうためのたのしい儀式。
    そのあまりの手際にまずはウットリ。
    だって、煮込んだ鶏の形がまるで崩れぬほどに、スルっとなめらか。
    一気に骨だけ抜けるんだもの。
    そして、骨を手にテーブルを去る前に一言。
    「よく混ぜて食べてくださいネ」って言われてそれに従いグルグルワシャワシャ、カレーにご飯に具材を混ぜる。

    e27812f5.jpegガシャガシャワシャワシャ、お皿の中の全部をきれいに混ぜ合わせてく、それがまるで料理を作っているような、そんな感覚。
    本来カレーは混ぜずに食べる主義のボク。
    …、ではありますが、たしかにココのカレーは混ぜれば混ぜるほどおいしくなる。
    特にマッシュポテトを満遍なくご飯に練り込むようにするのがコツみたい。
    というのもマッシュポテトがご飯と一緒になると、まるで豆のカレーを食べてるみたいなモサっとした食感になるんですよね。
    それがおいしい。
    しかも、不思議なことに、徹底的に混ぜ合わせ食べているのに、それぞれの具の味が消えてないのがスゴいとこ。
    固めで存在感の抜群な鶏のもも肉がたのしい歯ごたえ。
    噛みしめてくと旨味がどんどん強くなってくる。
    うまいなぁ…、って久々思う。

    もっとおいしいカレーはあるかもしれないんだけど、毎日食べておいしいカレーはこんなカレー。
    学生時代にこれにハマった友人がいて、一週間で禁断症状が出るんだよ…、って。
    もしかしたらヤバいモノが入ってるのかもしれないよなぁ…、って言ってみんなで笑ってコトがある。
    確かにそんなおいしさがある。
    口の中では辛くはないのに、気づけば汗だく。
    汗、噴き出すことナイルの川の流れの如しなり。

    食事を終えてブラブラしてたら、近所に播磨屋カフェを見つけてビックリ。

    harimaya.jpgおかき屋さんの販売所の奥に、ただでお茶とおかきがたのしめるカフェがある。
    虎ノ門にあるのはしっていたけれど、なんと銀座にもあるなんて…。
    全部で8種類ほどのおかきが揃ってて、たしかにどれも素朴でおいしい。
    特に豆の入った塩おかき。
    昔、豆餅を薄くそぎ切って火鉢の上で焼いて食べるのが、冬のおやつ時のたのしみだった。
    お店の中にときおり流れる、エコに対する真っ正直なメッセージ混じりのBGMが暑苦しいのさえ我慢をすれば、ノンビリたのしいカフェではあります。
    それにしてもここのコーヒー。
    自家焙煎にしてとてもやわらかくて、やさしい味わい。
    おかきを焼き上げるということは、火を上手に操りながらほどよく焦がして風味を引き出すということで、それとコーヒー豆を焙煎することに共通点があるということなんでしょう。
    感心しました、よい終末の昼下がり。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おぉ!
    播磨屋カフェが銀座にも!
    私は虎ノ門の以前のおこわや甘味のいただけるスペースが大好きで、
    おかきフリーのカフェはうれしいけど残念な気もしていて、
    時折くるカタログでこの紙のコーヒーカップのデザインを見た時には
    某チェーン店みたいってがっかりしたのですが、
    味はおいしいとのことでほっとしました。
    カタログについてくる店主挨拶がまた熱いんですよね・・・

    ナイルレストラン、よく歌舞伎役者さんとセットでテレビに出てる印象が強いです(笑)。
    カレーにマッシュポテト、面白いですね。
    あーたさん / 2009/11/29(Sun) /
    銀ブラ途中
    > あーたさん
    銀座って、ちょっと座って休憩する場所探しに苦労する街でもあって、だからこうした場所が出来るのはとてもうれしいコトであります。
    お行儀よくたのしんでくださいね…、っていうアナウンスもかなり頻繁にされていて、それがちょっと寂しくはあるところではありますが…。
    ナイルレストラン。
    銀座のB面って感じがまたすてきなお店。
    堪能しました。
    サカキシンイチロウさん / 2009/11/29(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    大きな虫の物語り HOME ポテトサンドで土曜日の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]