忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    新宿三丁目の路地の「王ろじ」。



    人通りの多い伊勢丹前からちょっと入った路地にあり、王様のごとき風貌とずっと同じ料理でもてなす、老舗飲食店の王道をいく営業ぶりがまさに「王ろじ」。
    大きくはない。目立つわけでも、派手でもなくて、けれどずっと続いているというのが飲食店では一番スゴいことなのでしょう。
    ピークの時間も過ぎた頃合い…、お店の中の空気がおだやか。のんびりできるのがこういう街の飲食店では一番贅沢。オキニイリ。

    いつもココにくるとたのむのが、この料理。



    「豚丼」とかいて「とんどん」と読む、ここの名物。メニューの料理の名前の下には「カツカレー」と但し書きがかかれてて、ご飯にカレーにとんかつというたしかにカツカレーではあるのだけれど、とても独特。
    まずお皿じゃなくて丼でやってくるというのが独特。
    しかもカツの上にはソースがタラリとかかる。とんかつ定食にカレーソースを追加でつけて、スプーンですくって食べてるみたいな独特で、しかも衣がガリガリ、丈夫で肉も脂をほとんど持たぬ豚肉も歯ごたえとてもたくましい。



    独特なのは料理だけじゃなく、実は食器もオリジナル。
    丼状の白いボウルに、同じ素材の下皿がついてくるようにみえるのだけど、ボウルの部分を指で摘んで持ち上げると、下のお皿まで一緒について持ち上がる。
    上と下とがつながって焼きあがっている器なんです。
    ずっと昔からこのスタイルで、何度か細かいところのデザインが変わったけれどボウルとお皿はいつも変わらずくっついている。
    たのしいこだわり…、ボクは好き。



    とてもやさしい味のカレーで、辛さは穏やか、旨味もほどよくとんかつソースをかけて一緒に味わうとおいしくなるようにできているのが、あくまでとんかつが主役の料理でありたいっていう身の程しったステキなところ。
    一緒に豚汁を必ずたのむ。
    だって、ココの豚汁もとても独特…、注文してからベーコンと玉ねぎ炒めてそこにスープと豆腐と椎茸。クツクツ煮立てて甘めの麦味噌を加えてとかす。
    ベーコンの脂が汁の上を蓋してずっと熱々。
    玉ねぎがスベスベしかも焦げた甘い香りがしてくる…、具材たっぷり。それで十分ご飯がおいしく食べられそうなオゴチソウ。


    関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    雨の金曜、あれやこれ HOME ルノアール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]