忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして昼を新宿西口…、パンドラっていうステーキハウス。



    この店、昔は新宿駅の反対側、歌舞伎町の入り口近くにお店があって、靖国通りを渡ろうと信号待ちをしていると「大人のデートは鉄板焼きのパンドラで!」ってスピーカーから宣伝ナレーションが流れてた。
    大人のデートを新宿でする機会がほとんどなくて、結局、一度もいかなかった。
    だから今でも「パンドラ」って聞くと大人のデートのお店と頭が自動変換してしまう(笑)…、ただ場所も変わった今ではちょっと大衆的になったよう。

    ヨドバシカメラ王国の小さな雑居ビルの2階にあって、大人のデートには到底向かぬロケーション。場所柄、ランチタイムには手軽な値段のステーキがある。
    それでちょっとためしてみようかと覗いてみました。



    お店の中には10人くらいが座れるコの字型のカウンターが4つほどあり、そこには鉄板…、典型的な鉄板焼きのレストランの形をしている。
    中でも入り口に一番近いカウンターで、ジュウジュウ肉が焼かれてる。
    浅草寺の境内前の煙を体に焚きしめてお参りするように、焼かれる肉の香りを体にかぶりつつ、案内されたカウンターにつく。
    飲み物はセルフサービスでお願いしますと…、アイスコーヒー、ウーロン茶、お水とそれからアイスティーに見えた赤みがかった飲み物がある。
    それをとったらアセロラジュース。
    期待していた味とはまるで違った味にビックリしました…、おなじみさんに違いない慣れたおじさんが立ったまま、腰に手を当てグビリと煽って体をブルッと震わせ席に戻ってく。ステーキと格闘準備ができたというコトなんでしょう。

    いろんな肉種が揃う中、一番人気はハラミのステーキ。



    120gから50gきざみに用意されてる商品の220gというのをとってみる。
    お店の人に聞いたらば、ほぼ3割の人がこれをたのむんだという…、千切りキャベツのサラダにご飯、味噌汁がつき1100円という値段。
    スーツ姿の人たちが次々やってきては肉を喰らって帰る…、やっぱり、男は肉だよなぁと思っていたら女子グループがやってきて、300g近いお肉をモリモリ食べてアセロラジュースをお替わりまでして、笑顔でニッコリ帰ってく。
    やっぱり肉「も」女の食べ物なのかと、再認識。
    肉はほどよく、噛みしめ味わう顎においしい典型的なる赤身のお肉…、ニンニク風味の醤油ベースのソースがおいしく、もやしシャキシャキ味わった。
    パンドラに行こうと思った夢は叶った…、叶ったけれど夢はスッカリ変わっていたのがなんとも切ない、昼のコト。


    関連ランキング:ステーキ | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅



    それから夜をスパゲティー。
    パスタって便利な食品…。乾燥パスタがありさえすればなんと料理の体裁がつく。
    厨房の中にはたいていにんにく。赤唐辛子くらいはあってその両方でペペロンチーノがあっという間に出来上がる。
    ましてやうちの冷蔵庫には何かがかならずあって、今日はエビ、スナップエンドウにピーマンが眠ってた。



    リングイニを固めに茹でてる間にニンニクをまずオリーブオイルで軽く炒める。
    香りを出したらそこにエビにピーマン、スナップエンドウを次々くわえ、塩で味をととのえる。
    麺を茹で上げ、フライパンの中に投入。ジェノベゼソースをポッテリおとして、茹で汁、それからオリーブオイル、鍋を揺すってタプンタプンととろみをつける。
    麺にソースをからみとらせて、お皿に移して出来上がり。
    バジルの香りとエビの旨味、野菜の食感、味わいバランスよくてお腹の中にスルンとやさしく飛び込んでくる…、香り鮮やか、爽快で夜のお腹がよろこぶおいしさ。
    バジルの香りってなんでこんなに食欲誘ってくれるんだろう…、軽いエグみが最後に残ってエビの旨味をひきしめる、たのしいゴチソウ、さぁ、寝よう!

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ウェスト HOME ユーロ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]