忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    そして夜をのだぴんで…。
    20d9c7f4.jpeg新宿の歌舞伎町のはずれのはずれ…、西武新宿駅の近所にある店で、最近、オキニイリの焼肉店「幸永」と同じビルの3階にある。
    普段はなかなか予約がとれないお店なのに、今日、思いつき、無理だろうなぁって思って電話をしてみたらなんとあっさり、予約がとれた。
    不思議なコトもあるもんだ…、って思ってやってきたら同じビルの一階にある焼肉幸永も満席に放ってなかった。
    三連休の最初の日で、もしかしたらみんなどこか遠くに出かけているのかしら。

    f4d84c74.jpegとは言え、お店の中は元気一杯でした。
    おひさしぶりって、テーブル席に座ります。
    お座敷もありますよ!って言われたんだけどデブに座敷は辛いもの(笑)。
    それでテーブル。
    自家製のジンジャーエールをもらってゴクリと、お腹の中がスッキリしてくる。

    昼の食事がライトな内容。
    ボクがメインに食べたのがサラダだったのでなんだか重たいモノを食べたくて、まずは揚げ物。
    ここには「鶏の唐揚げ」という、スゴい料理がありまして…。
    まずはそれをたのんでたのしむ。
    鶏もも肉を大きくバッサリ切り分けて、タレの中にシッカリ漬け込む。
    肉の中まで味が入って飴色になるまで味を染み込ませ、粉をはたいてガリッと揚げる。
    だからかなりの噛みごたえ。

    1個で普通の唐揚げだったら優に3個分くらいあるんじゃないかというこれをガッシとつかんで、パクリと食べると顎にガツン!とまずおいしくて、噛めば噛むほどうま味が口に広がっていく。
    まるでスルメを食べてるような噛めば噛むほどおいしくなるのが、飲んでてたのしい。
    顎をシッカリ動かすと、お腹がますますすいてくるのも、またたのし。

    それから続けざまに揚げ物ふたつ。

    62011486.jpegひとつは「ねぎとろコロッケ」っていうはじめて出会った料理であります。
    マグロの中落ち。
    それを叩いてミンチにし、刻んだネギをタップリくわえ小判型に形成してる。
    どんな料理なんですか?って聞いたら、「コロッケとはちょっと違うの?」って、お店の人がニッコリいいます。
    コロッケってクリームかジャガイモでまとめて揚げる料理だけれど、これはほとんどマグロだけ。
    だからコロッケっていうより、メンチみたいな料理。
    でもコロッケの方が名前がかわいくて、だからコロッケって名前にしたの…、って。

    とって食べてみたらばたしかにメンチカツ。
    箸でザクッと切った断面はまさに肉。
    けれど食べるとホロッとほぐれて、うま味、香りは確かにマグロ。
    フックラしてて、しかもパン粉がカサカサ口の中に散らかり香ばしい。

    もうひとつは季節のかき揚げ。
    ゴーヤと桜えびの掻き揚げっていうモノで、ココのかき揚げはおいしいのです。
    カラッと上がってしかもドッシリ大きくて。
    噛むとジュワッとキレイな油が口に広がり、サクッと揚がった桜えびの海の香りがフワッと広がる。
    そして後からゴーヤの苦味がピリッと味をひきしめて、夏の食欲湧いてくる。

    b78d868e.jpegさんまを焼いてもらいます。
    大きく立派なさんまを一尾。
    箸を添えると皮はパリッとやけていて、フックラ肉がハラッとほどける。
    新鮮だったのでありましょう。
    ワタが甘くてビックリします。
    苦くはある。
    けれど甘くてうま味がジュワッとしみてきて小骨の食感もイヤじゃない。
    季節のモノってやっぱりおいしい食べ物なんだって思ってニッコリ。

    そういえば、「目黒のさんま祭」の時期でございます。
    目黒のさんま祭って実は2つあるのであります。
    目黒って街は不思議な街で、駅の西側は当然目黒区。
    ところが東に向かうと品川区。
    北にちょっと歩くと渋谷区で、恵比寿ガーデンプレイスなんて、恵比寿って名前でありながらほとんど目黒だったりする。

    で、さんま祭も「目黒区民のお祭り」と「品川区民のお祭り」の2種類あって、先週日曜は目黒のお祭り。
    そして今日は品川側のさんま祭の開催日。
    目黒区のさんまは気仙沼産、品川区のさんま祭は岩手県の宮古のさんまということで、普通だったら本家争いで大変なコトになるだろう、なのに2つのお祭りが共存しながら目黒の街を盛り上げているってところがちょっといい感じ。
    甘みをました大根おろしにレモンをチュッと搾って味わう。
    塩のうま味が魚の芯まで行き渡ってて、なんともおいしい、秋告魚のオゴチソウ。
    a6c52ff5.jpegそれからココの名物の寿司を2種類。
    ドラゴンロールは穴子とアボカド…、海苔で風味を加えたところに甘いツメをタップリかけて、口に含むとトロンととろけて甘み、うま味が広がるゴチソウ。
    サバガリロールは、分厚いサバをどっさりロールの上にのっけて色っぽく、ロールの芯には刻んだガリのマヨネーズ和えを大葉でくるんで巻いている。
    サバのネットリした食感に、ガリがシャキッと歯ごたえくれて、香り豊かなこれで一杯、お酒が飲めるご飯の料理というよりもさばをおいしく味わうための工夫の料理。
    この組み合わせを発見した人は天才だって感心します。
    来る度好きになるお店…、また来ましょうと、表に出たら街は濡れてた、通り雨。



    関連ランキング:居酒屋 | 西武新宿駅新宿西口駅新大久保駅& lt;/p>

     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    アサンドイッチと過食の夜の〆のコト HOME 渋谷でパンでランチのお昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]