忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を新宿三丁目…、お米ご飯を食べたくて、そうだ天丼。



    天ぷらの店が二軒、向かい合わせに並んでおいしい天ぷら油の匂いをさせてる。
    その一軒は「つな八」、もう一軒は「船橋屋」。つな八の方は古い民家風の建物で、その分、日本風情が濃厚だからなんでしょう…、海外からのお客様も混じって連日、かなりの行列。
    船橋屋の方はモダンなビルで、だからでしょうか。いつもは静か。
    ただ今日は街そのものの人出がスゴくて、ここもニギヤカ。カウンターやテーブル待ちの人は行列。座敷のテーブルがひとつだけ空いてますけどと、それでそこに落ち着いた。



    畳の席はデブにはいささか窮屈で、それでも待たずに食べられるのはありがたい。
    このお店、カエシが甘くて濃厚なのが好きなのです。
    天ぷら定食を食べるのならば、文句なくつな八の方を選ぶんだけど、天丼に関しては船橋屋の方がずっと好き。
    ランチの天丼、普通の天丼、それから天重と三種類の用意があって、エビのかき揚げがついているのは天重だけ…、それで天重。きゅうりとタコ、コハダの酢じめの盛り合わせを食べつつじっくり、出来上がるのを15分ほど。



    店に漂う胡麻の油のおいしい香り。油の香りでお腹がすいてくるというのが、天ぷらという料理屋の不思議なところ…、とニッコリとなる。
    四角いお重の蓋をあけると、中からかつお節の出汁の香りがフワッと漂う。
    エビにキス、メゴチに茄子にエビのかき揚げ。
    どれもが衣にたっぷりタレをたくわえて、しっとりふっくら。ご飯にタレに混じった油の香りとうま味がうつり、飯だけ食べてもおいしく感じる…、それが天丼の醍醐味だよねと、ハフハフ味わい汁、ゴクリ。
    蜆の汁の出汁もドッシリ…、分量以上の満足感をたのしく味わう。オキニイリ。


    関連ランキング:天ぷら | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    食後にコーヒー…、お店の近所のセガフレード・ザネッティ。
    エスプレッソのドッピオたのんで、レジ横にあるショーケースの中のぞいたらオキニイリのお菓子を発見。



    ビターチョコレートで作ったプロフィットロールをみつけて、それも一緒にお茶とする。
    小ぶりのシュークリームの上にぽってり、チョコクリーム。シュークリームの生地は薄くてしっとりで、中にはホイップクリームとカスタードクリームをちょうど半分半分量。
    シュークリームは軽やかで、チョコクリームがドッシリしている。そのバランスが絶妙で、エスプレッソとの相性もよし。お昼になると日差しが元気で、ほんのちょっとだけあったかになる。夜は寒くなるらしい。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    六本木 HOME sandwich for breakfast
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]