忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    どうにもこうにもここ数日間、お好み焼きが食べたくてしょうがなくって、それで今日の夜。
    歌舞伎町にある「大阪家」というお好み焼きのお店に来ました。



    前からこの店の存在はしっていた…、歌舞伎町のメインストリートのビルの地下にあり目立つ看板を何度も見てはいたのだけれど中に入るキッカケはなし。
    今日、はじめてお店にやってきたらば昭和風情の鄙びた店で、しかもお店で働く人の半分以上が外国の人。
    こりゃ、やっちゃったかと思ったんだけど、外は雨。しかも街中人が溢れて他のお店に鞍替えするのもいささか面倒。しょうがないかと注文をした。



    まずはお好み焼きであります。ちょっとゆるめの生地の中に切らずに大きなままの薄切りに豚バラ肉がタップリ2枚、玉子にタコに紅しょうが。細切りキャベツにネギが混じってて大阪風とは言えぬ様相。
    大阪家という店名で、これはないかと思ったけれど、海外に行くと「東京寿司」とかって名前でロールばかりを出してる寿司屋があったりするからそれと同じと思ってまずは焼いて食べてみることにした。
    豚バラ肉を取り出して焼きつつそれを細かく刻んで、残りの生地を具材と一緒によく混ぜて焼いたところに乗っけてぺたんとひっくり返す。
    両方良く焼きポンッと叩くと、手に伝わってくるカッチリとした硬さが中まで焼けた合図でソース、おかかに青のり、そしてマヨネーズ。



    生地そのものが結構おいしく、これが決して悪く無い。
    なにより具材が豊富でサックリ、キャベツのサクサクした歯ごたえも軽やか、なかなか味わい深い。

    もんじゃ焼きも生地の下味がしっかりしてる。
    おいしい出汁をしっかり使っているんでしょう…、タップリの白胡椒とほんの少しのソースで風味をととのえて、フツフツ沸騰させながら焼きつつコテでテロンとオコゲをこそげとる。
    タコのうま味が強烈で、トロンとしたとこの味わいなんてたこ焼きみたいな感じでなかなかいけるじゃないの。
    お店の第一印象をよい方向に裏切るお店…、いい発見かもしれませんなと。



    それで「どんどん焼き」っていう、広島のお好み焼き風のお好み焼きがあるというのでとってみたらば、これが困った。
    大きな銀盆の上に豚肉、キャベツ、ネギ、紅しょうがに焼きそばの麺に卵がそのままやってきて、別添の生地と一緒に自分で焼いてというではないの。
    広島のお好み焼きを今まで一度も作ったことはないワタクシメ…、見よう見まねで作りましょうと、生地を薄く伸ばしたところにキャベツを乗っけ、脇で焼きそばと豚肉焼いてそれをのっける。
    それをヒックリ返してジュウジュウ、へらで押し付けしっかりやいて玉子を割って軽く焼いたところに乗っける。
    再びそれをひっくり返してなんとか形にして焼いた。



    ソースを塗ってざっくり切ると、中のキャベツまで熱が入ってしんなりしてる。
    キャベツの量も少なめ、しかもその切り方も荒っぽく、なにより生地がポッテリしてて決して広島のお好み焼きとはいかないけれど、二歩ほど手前、兵庫と岡山の県境あたりまでは来たんじゃないかと思ったりした(笑)。
    なにより広島のお好み焼きを自分で作る機会はそれほどありゃしない。
    だからみんなでワイワイしながら作ったコトがたのしい思い出。
    ちなみにココのお好み焼きの生地はどれも、強力粉が多めの割合…、だからバリッと仕上がる。誰が焼いても焼き損じがないように、ってことなんでしょう。
    これもひとつのおもてなしって思ってニッコリ、オモシロイ。


    関連ランキング:お好み焼き | 新宿西口駅西武新宿駅新宿三丁目駅


    ちなみにこれ…、友人が撮ってくれてた「広島お好み焼きっぽいお好み焼きを焼いてる」ところの動画でござる。



    玉子の殻が存外に丈夫であたふた。
    混ぜ焼きじゃなく、具材を生地に乗っけて挟む…、だからヒックリ返すたび飛び出しちゃうのにも難儀している様子に汗をかいてしまいます。
    何より写真撮影しながらの調理であります…、自分でみても笑っちゃう(笑)。

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    どんどん焼き
    サカキサン~
    おはようございます


    どんどん焼き
    とっても美味しそうデスネ♪♪

    サカキサンが楽しそうに
    作ってるトコロが伝わってきました
    ( ☆∀☆)

    わたしもこの前スカイツリーのトコロの
    お好み焼き屋サンに行って
    食べましたょ!!

    いろんなものを焼いて
    あちっちっのをハフハフして食べると美味しくて食欲がとまらなかったデス( 〃▽〃)
    つんつんさん / 2013/10/20(Sun) /
    江戸のお好み焼き
    > つんつんさん
    四国生まれのボクにとって、お好み焼きは子供の頃からのたのしいおやつ。
    夜に食べるお好み焼きっていうのは、お江戸に来てからのことでした。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/20(Sun) /
    上手。
    どんな店でも、お客として足を踏み入れたからには、なにがなんでも楽しんじゃう、その方法をたくさん知っていらっしゃるのですね。ステキです。
    ところで、熱帯魚の水槽に人が写っていますね。店員さんかしら?
    あんまちはいよ。さん / 2013/10/20(Sun) /
    どんなところでも
    > あんまちはいよ。さん
    どんなお店であっても前向きにたのしまなくちゃ損しちゃいますから(笑)。

    ご指摘の金魚の水槽。
    元データを拡大してみたんですが…。
    たしかに…。
    これって…。

    実はこの店に行く前に映画をみたのですけれど、それが心霊モノでして、もしかしたらついてきたのか?って背中をぞっとさせました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/20(Sun) /
    キレイ…
    あれ?動画増えました?昨夜は動画に気づかなかった…。

    いつも、サカキさんの食べ物への愛の溢れた写真、ホント素敵だなぁと思っています。
    こうして撮っていらっしゃるのですねー。
    お好み焼き作りからの撮影からの再び鉄板へ、の一連の動作に何の無駄もない。
    熟練者の動きは美しいものです。

    そして…
    水槽、確認してしまいました…(^^;)
    ななおさん / 2013/10/20(Sun) /
    はい!
    > ななおさん
    コレを撮った友人が今朝、送ってくれたものですから。
    動画って、その場のムードを伝えてくれるんだなぁ…、って、これからもちょくちょくこうしてあげていこうかと思っています。

    水槽…。

    みればみるほど見えてくるのが怖いです^^;。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/20(Sun) /
    天狗にチョコパ HOME レストランM
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]