忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝にオリジナリティーあふれるメキシカンドッグを食べたからでしょうか…、無性にホットドッグが食べたくそれでモスにくる。



    オキニイリのスパイシーチリドッグを選んでたのむ。
    先日、ひさしぶりに食べてかつてのおいしさを取り戻しているのにビックリしたこの商品。今日も期待を裏切らぬ、ほどよきおいしさ。
    プチュンとはじけるソーセージのジューシーにして、肉のムッチリした食感の確かなことに再び感心。
    上にとろりと乗っかるチリもホツホツとしたひき肉の食感たのしく、中南米的スパイス使いも本格的で、これもひとつのメキシカン。



    上にギッシリしきつめられたハラペニョの辛味に酸味もスッキリおいしく、カプリプチュリと一気に食べてお腹におさめる。
    クラムチャウダーもアサリにじゃがいも、オニオンと具材タップリ。貝の旨味とクリーミーなる喉越しがなかなか旨い。
    ただやっぱり、スープをこうした小さなスプーンで食べるのって難しく、フウフウさまして結局ゴクゴク、コーヒー飲むように飲んじゃうのです…、お行儀悪くてごめんなさいねといいつつ、次の仕事へと。

    そして遅めの昼も蕎麦でもたぐりましょうと、永坂更科布屋太兵衛にやってくる。



    お江戸の蕎麦文化を守り続けるお店であります。
    せいろをたのむと、あま汁、から汁と二種類のタレが徳利にはいってやってくるのだけれど、どちらもこってり濃い味で、醤油とみりんの風味が強烈。
    出汁の風味が強いのが甘口ということになるのだろうけど、にわかに違いがわからないほどキッパリとした強い味わい…、たしかにこれなら蕎麦のさきっぽをちょこんとつけて味わうコトができるでござろう。



    ココでかならずたのむ好物が生粉打ちそばで、太くてザラッと表面ざらつく、噛んで味わうタイプのおそば。
    蕎麦の風味も強烈で、ココのタレに負けぬ味わいがある。
    もぐもぐツルンと食べてるうちに、なんだかお腹が絶好調で、せいろを一枚お替わりしたくなってしまった。
    それで二枚目…、御前そば。そうめんのごとき極細の麺。その分タレの絡みがよくてトプッとつけると蕎麦の風味が台無しになる。だから先っぽをちょっとだけ。濡らしてズルンと味わって、お江戸の粋を感じるたのしい昼下がり。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新梅田食道街 HOME メキシカン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]